仮想通貨取引所「FXcoin」口座開設の受付開始|ビットコイン現物取引5月から提供へ

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「FXcoin」は、2020年4月23日に現物取引専用の口座開設申し込み受付を開始したことを発表しました。同社は2020年5月中にビットコイン(Bitcoin/BTC)の現物取引を開始することを予定しています。

こちらから読む:GMOコイン、仮想通貨FXに"アルトコイン3銘柄"追加「国内ニュース」

デリバティブ取引などの提供も計画

FXcoinは昨年末に金融庁から仮想通貨交換業者のライセンスを取得していましたが、2020年4月23日には正式に営業を開始し、仮想通貨現物取引専用の口座開設申込受付を開始したことが発表されました。現物取引サービスは2020年5月中に開始される予定となっています。

取り扱う仮想通貨はビットコイン(BTC)のみとなっているものの、その後はエックスアールピー(XRP)などの取引サービスも提供していく予定だとされています。

また、仮想通貨の現物取引以外にも「仮想通貨デリバティブ取引(証拠金取引)」を提供することも計画されており、スワップ市場を創設することによる仮想通貨の需要拡大も計画していると伝えられています。

金融業界の様々な部門の第一線で経験を積んだメンバーが集い誕生した「FXCoin」は、
・暗号資産市場の健全な発展と拡大
・日本人の金融リテラシーの向上
という2点を基本理念として掲げており、"仮想通貨の総合金融機関"となることを目指しています。

口座開設やサービスの詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。
>>「FXcoin」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

インフラ保全への貢献で報酬付与「TEKKON」iOS版アプリ公開

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

日本政府「暗号資産の法人税」見直しへ|課税方法変更で新興企業の海外流出防ぐ

日本政府「暗号資産の法人税」見直しへ|課税方法変更で新興企業の海外流出防ぐ

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

Binance Japan「取扱銘柄・提供サービス」が判明|国内最多34種類の暗号資産をサポート

Binance Japan「取扱銘柄・提供サービス」が判明|国内最多34種類の暗号資産をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説