運動するとビットコインが貯まるアプリ「sMiles」近日公開へ

by BITTIMES

歩くだけで仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を獲得することができるアプリ「sMiles」が間も無くリリースされることが明らかになりました。このアプリを利用すると「ウォーキング・ランニング・サイクリング・ゲーム・ビデオ鑑賞」などを行うだけでBTCを得ることができると伝えられています。

こちらから読む:投げ銭投稿サイト"Baskadia"に新機能「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインが貯まる「sMiles」とは

sMiles-logo

sMilesは「StandApp」と呼ばれるスタートアップ企業によって開発が進められているiPhone・Android・Apple Watch向けアプリであり、ウォーキング・ランニング・サイクリング・ゲーム・ビデオ鑑賞などといった日常的な活動を通じて仮想通貨ビットコイン(BTC)を獲得できるように設計されています。

アプリの名称である「sMiles」は「sats & miles」の略であり、歩いたり走ったりすることによってビットコインの最小単位である「サトシ(Satoshi/sats)」単位でビットコインを集めることができることを意味しています。「sMiles」はユーザーの移動距離を測定するためにGPS位置情報を使用しており、ユーザーに運動する動機を与えることによって健康的なライフスタイルを促進することを目指していると伝えられています。

このアプリは、ビットコインの少額送金を実現する技術である「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」を採用しているため、獲得したビットコインはライトニングネットワーク経由で外部のウォレットに移動することもできると説明されています。

また「sMiles」には、"友人やその他のsMilesユーザーと獲得したsatsを競い合うことができる機能"なども搭載されているため、友人と競争しながら楽しくビットコインを集めることができるようになっています。

半減期から数日後には「正式リリース」予定

sMiles

「sMiles」は、ビットコインの普及を促進することなどを目的として開発されているため、ビットコインに関する専門的な知識を有していない方でも気軽に利用できるように設計されていると伝えられています。また、同社はユーザーのプライバシーとセキュリティにも取り組んでいるため「10,000sats」以上を出金する場合以外は"登録も必要ない"とされています。

このアプリは現在、家族や友人からの資金提供を受けて開発が進められているものの、将来的には「医療保険会社・広告主・その他パートナー」と協力することも計画しているとのことです。

「sMiles」の利用可能地域などについては明らかにされていないものの、現在は「パブリックベータ版」の公開に向けた早期アクセスの受付も開始されており、ビットコイン半減期(2020年5月12日頃)の数日後には正式にアプリがリリースされる予定だと報告されています。

ビットコインはすでに世界的に注目される新しい資産へと成長していますが、「sMiles」がリリースされればより多くの人々が気軽にBTCを収集できるようになるため、ビットコインの普及を促進するとともに、ビットコインの分散化にもつながると期待されます。

>>「sMiles」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

取引所における「全通貨ペアの取引手数料」が無料に|ビットトレードがキャンペーン開始

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

オーストリアのライファイゼン銀行「仮想通貨取引サービス」提供へ

オーストリアのライファイゼン銀行「仮想通貨取引サービス」提供へ

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

Google「仮想通貨の広告掲載ポリシーを明確化」条件満たした場合の宣伝を許可

自民党:Web3.0時代に向けたNFT戦略の「ホワイトペーパー案」公開

自民党:Web3.0時代に向けたNFT戦略の「ホワイトペーパー案」公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す