ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

by BITTIMES

アメリカの大手資産運用会社「Morgan Creek Capital(モーガン・クリーク・キャピタル)」の最高経営責任者であるMark Yusko(マーク・ユスコ)氏は、先日行われたインタビューの中で『ビットコイン(BTC)の価格は2021年〜2022年のある時点で10万ドル(約1,060万円)を超える可能性がある』との考えを語りました。しかし同氏は『半減期直後には短期的な下落が起こる可能性がある』とも警告しています。

こちらから読む:半減期前最後の難易度調整を完了「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格「2021年末までに1,000万円超え」の可能性

Mark Yusko(マーク・ユスコ)氏は、2020年5月6日に公開されたYouTubeチャンネル「Altcoin Buzz」とのインタビューの中で、ビットコイン価格は2020年〜2021年末までのある時点で10万ドル(約1,060万円)を超える可能性があるとの考えを語りました。

同氏は「ビットコインのネットワークが拡大していること」や「BTC保有者が増加していること」などを理由にビットコインの将来に対して強い期待感を示しており、今後の価格上昇についても『この価格上場は自分の人生の中で最も大きな富を生む機会になるだろう』と語っています。

マーク・ユスコ氏は以前から『ビットコインの時価総額が金と同じレベルに達した場合には1BTCの価格が4,000万〜5,000万円になる』との考えを語っていましたが、今回のインタビューではこの予想について『ビットコインがこの価格に到達するまでには約7〜10年の期間がかかるだろう』と予想しています。

半減期直後の「短期的な下落」について警告

ビットコインは2020年5月12日頃に"価格上昇につながる重要要素の1つ"として考えられている「半減期」を控えているため、2020年3月13日以降は価格上昇が続いていますが、マーク・ユスコ氏は『半減期直後にBTC価格が魔法のように上昇することはない』と警告しています。

同氏は"噂で買って、事実で売る"という投資家の手法によって「半減期直後には短期的な下落が起こる可能性がある」と予想しており『過去の半減期でも同様の期待があったものの実際にはそのような上昇は起こっていないため、実際には半減期後にBTC価格が下落することになるだろう』と語っています。

ただし、半減後の動きに関しては"徐々に上昇していく"と予想されており、長期的にみた今後と動きとしては「BTC価格は半減期後に短期的に下落するものの、その後はゆっくりと着実に上昇し、12〜18ヶ月後には過去最高値を更新する」と予想されています。

>>「Altcoin Buzz」のインタビュー動画はこちら

2020年5月8日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は2020年3月13日に40万円台まで下落して以降は徐々に回復してきており、先日7日には再び100万円を突破しました。その後は100万円付近での停滞が続いており、2020年5月8日時点では「1BTC=1,053,811円」で取引されています。

2020年2月8日〜2020年5月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月8日〜2020年5月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

コスタリカ:仮想通貨は「準紙幣」給与の一部支払いが可能に

コスタリカ:仮想通貨は「準紙幣」給与の一部支払いが可能に

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

Trezor(トレザー)の使い方「初期設定〜バックアップの作成方法まで」画像付きで解説

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

日本国内初「SBI暗号資産ファンド」設立へ|個人投資家向けに夏頃から提供開始

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

Atari:eスポーツ関連企業「Unikrn」と提携|独自暗号資産をエコシステムに追加

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

BINANCE:ゼロエックス(0x/ZRX)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:ゼロエックス(0x/ZRX)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す