ビットコイン「半減期直後の価格下落」に要注意|資産運用会社CEOが警告

by BITTIMES

アメリカの大手資産運用会社「Morgan Creek Capital(モーガン・クリーク・キャピタル)」の最高経営責任者であるMark Yusko(マーク・ユスコ)氏は、先日行われたインタビューの中で『ビットコイン(BTC)の価格は2021年〜2022年のある時点で10万ドル(約1,060万円)を超える可能性がある』との考えを語りました。しかし同氏は『半減期直後には短期的な下落が起こる可能性がある』とも警告しています。

こちらから読む:半減期前最後の難易度調整を完了「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格「2021年末までに1,000万円超え」の可能性

Mark Yusko(マーク・ユスコ)氏は、2020年5月6日に公開されたYouTubeチャンネル「Altcoin Buzz」とのインタビューの中で、ビットコイン価格は2020年〜2021年末までのある時点で10万ドル(約1,060万円)を超える可能性があるとの考えを語りました。

同氏は「ビットコインのネットワークが拡大していること」や「BTC保有者が増加していること」などを理由にビットコインの将来に対して強い期待感を示しており、今後の価格上昇についても『この価格上場は自分の人生の中で最も大きな富を生む機会になるだろう』と語っています。

マーク・ユスコ氏は以前から『ビットコインの時価総額が金と同じレベルに達した場合には1BTCの価格が4,000万〜5,000万円になる』との考えを語っていましたが、今回のインタビューではこの予想について『ビットコインがこの価格に到達するまでには約7〜10年の期間がかかるだろう』と予想しています。

半減期直後の「短期的な下落」について警告

ビットコインは2020年5月12日頃に"価格上昇につながる重要要素の1つ"として考えられている「半減期」を控えているため、2020年3月13日以降は価格上昇が続いていますが、マーク・ユスコ氏は『半減期直後にBTC価格が魔法のように上昇することはない』と警告しています。

同氏は"噂で買って、事実で売る"という投資家の手法によって「半減期直後には短期的な下落が起こる可能性がある」と予想しており『過去の半減期でも同様の期待があったものの実際にはそのような上昇は起こっていないため、実際には半減期後にBTC価格が下落することになるだろう』と語っています。

ただし、半減後の動きに関しては"徐々に上昇していく"と予想されており、長期的にみた今後と動きとしては「BTC価格は半減期後に短期的に下落するものの、その後はゆっくりと着実に上昇し、12〜18ヶ月後には過去最高値を更新する」と予想されています。

>>「Altcoin Buzz」のインタビュー動画はこちら

2020年5月8日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は2020年3月13日に40万円台まで下落して以降は徐々に回復してきており、先日7日には再び100万円を突破しました。その後は100万円付近での停滞が続いており、2020年5月8日時点では「1BTC=1,053,811円」で取引されています。

2020年2月8日〜2020年5月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年2月8日〜2020年5月8日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

ブロックチェーンドメイン「.crypto」主流ブラウザからアクセス可能に:Unstoppable Domains

ビットポイント「BTC・DEP・JMYがもらえる口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント「BTC・DEP・JMYがもらえる口座開設キャンペーン」開始

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

Coincheck NFT:The Sandboxのメタバース土地「LAND」追加販売決定

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

エルサルバドル「44カ国が参加するBTC関連の会合」開催へ|中央銀行・金融当局が参加

エルサルバドル「44カ国が参加するBTC関連の会合」開催へ|中央銀行・金融当局が参加

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

Sociosアプリ:一部地域で「Apple Pay」をサポート|CHZ購入方法を拡充

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

KILL TO EARN採用のTPSゲーム「Sector Seven」ベトナムでβ版ローンチ・トーナメント開催

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

コインチェック「元素騎士Online -META WORLD-」とNFT領域で提携

コインチェック「元素騎士Online -META WORLD-」とNFT領域で提携

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

Coinbase Wallet「iOS版アプリのNFT送信機能」を停止|Apple社のルールが影響

Coinbase Wallet「iOS版アプリのNFT送信機能」を停止|Apple社のルールが影響

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す