XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

by BITTIMES

Rippleネットワークのバリデーター(承認者)から承認されたことによって、XRPの分散型台帳である「XRP Ledger(XRPレジャー)」の新機能「アカウント削除機能」が導入されました。この機能が導入されたことによって、アカウントを削除したユーザーは資金の75%を受け取ることができると伝えられています。

こちらから読む:Ripple社、ISOの標準化団体メンバーに参加「Ripple/XRP」関連ニュース

アカウント削除で75%の準備金を返還

XRP Ledger(XRPレジャー)における「アカウント削除機能」は、"不審なアカウントを取り除き、資金の一部を回収すること"を主な目的として2019年10月頃から議論が行われていました。

Ripple(リップル)社のCTOであるDavid Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏は、2020年2月に公開されたブログ投稿の中で『この機能によって、XRPLアカウントをレジャーから削除し、スパム防止のためにアカウント内でロックされていた準備金の大半を取り戻すことができる』と説明していました。

この新機能が導入されるためには、Rippleのネットワークを支えるバリデーター(承認者)から「80%以上」の支持を受ける必要がありましたが、2020年5月8日には実際に80%以上の支持を獲得し、新機能が有効化されたことが報告されています。

「アカウント削除機能」に関する修正案への投票は終了し、現在この変更は有効化されています。アカウントを削除して、準備金の75%を取り戻すことができるはずです。

「アカウント削除機能」の提案が行われた当時は『この新機能は分散型ネットワークの原則に反する』としてして批判されていました。今のところ「どのアカウントがスパムとみなされるか」や「アカウントを削除するための基準」などは不明となっていますが、原則としては"秘密鍵を持つユーザーのみがアカウントを削除することができる"とのことで、中央の権限を持つ人物がアカウントを削除することはできないと伝えられています。

2020年5月11日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月30日に25円台まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年5月11日時点では「1XRP=21.13円」で取引されています。

2020年4月11日〜2020年5月11日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年4月11日〜2020年5月11日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Bybit:簡単設定で暗号資産を自動売買「グリッド取引ボット」公開|コピー機能も提供

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

VALU:ビットコインの「出金期限」を延長|利用者は早めに手続きを

VALU:ビットコインの「出金期限」を延長|利用者は早めに手続きを

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

Bakkt「香港・英国・EUへの事業拡大」も視野|仮想通貨規制を重要視

Bakkt「香港・英国・EUへの事業拡大」も視野|仮想通貨規制を重要視

Apple社「ゲーム・アプリ内でのNFT販売」を許可|手数料設定などで批判の声も

Apple社「ゲーム・アプリ内でのNFT販売」を許可|手数料設定などで批判の声も

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

ApeX Pro:バイナンス・フューチャー(Binance Future)Next リスティング投票開始、$APEXに対する期待値上昇

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す