Libraのライバル「Celo(セロ)」独自ブロックチェーンのメインネット公開

by BITTIMES

仮想通貨Libra(リブラ)の"ライバル的存在"として注目を集めているブロックチェーンアライアンス「Alliance for Prosperity」を設立したことで知られる「Celo(セロ)」は、2020年5月19日に独自ブロックチェーンのメインネットを公開したことを発表しました。

こちらから読む:Huobi Japan、"HT新規上場キャンペーン"開始「仮想通貨」関連ニュース

ステーブルコインなどをメインネットで展開

Celo(セロ)は、携帯電話を持っている全ての人がアクセスできるグローバルな金融システムの構築を目指しているオープンソースの仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトであり、2020年3月にはLibra協会メンバーなどを含めた合計75社が参加するブロックチェーンアライアンス「Alliance for Prosperity」を立ち上げたことなどで注目を集めています。

Libra(リブラ)のプロジェクトが規制などの問題に直面している中で新たに立ち上げられた「Alliance for Prosperity」には「Andreessen Horowitz・Coinbase Ventures・Blockchain.com・LedgerABRA・Flexa・Anchorage・Mercy Corps・Bison Trails」などといった有名企業が数多く参加しており、参加企業も続々と増えているため、今後の動向には注目が集まっていましたが、本日19日には独自ブロックチェーンのメインネットが公開されたことが発表されています。

Celoは先週時点で、金(ゴールド/Gold)に裏付けられたステーブルコインである「Celo Gold(セロ・ゴールド)」をオークション形式で販売し、合計1,000万ドル(約10億円)の資金を調達していましたが、今回メインネットが公開されたことによって「Celo Gold」はオンチェーンで機能するようになります。

また今後の予定としては、
Celo Goldのオフチェーン価格におけるオラクル機能の実装
米ドルに裏付けられた「Celo Dollars(cUSD)」の発行
メインネットで稼働する「Celo Wallet」の公開
などが予定されていると説明されています。

一般的な仮想通貨を送金する場合には"複雑な英数字のウォレットアドレス"を使用するため、入力・確認作業で手間がかかっていましたが、Celoが開発を進めている「Celo Dollar」や「Celo Wallet」は"電話番号"で送金することができるように開発が進められているため、送金ミスの可能性を低減し、誰もがより気軽に送金できるようになると期待されています。

「Alliance for Prosperity」は発足当時、約50の企業・団体が参加していたものの、その後は新たなメンバーも追加されており、最近ではすでに大規模なブロックチェーンエコシステムを構築している韓国のインターネット大手「Kakao(カカオ)」のブロックチェーンプロジェクト「Klaytn(クレイトン)」が新たに参加したことも報告されているため、今後は参加企業がさらに増加していくことになると予想されます。

>>「Celo」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月27日〜11月2日

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

仮想通貨取引所「Binance US」公開迫る|今後数週間以内の立ち上げを発表

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

Binance Charity:日本の新型コロナウイルス対策支援で「募金キャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

Theta Labs「THETA.tvの日本向けサービス」提供開始|LINEとの提携で実現

Theta Labs「THETA.tvの日本向けサービス」提供開始|LINEとの提携で実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す