コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

by BITTIMES   

仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年6月2日に、同社が利用しているドメイン登録サービス「お名前.com」内の同社アカウントで不正アクセスが確認されたことを発表しました。今回の不正アクセスでは、一部ユーザーの個人情報が漏洩している可能性があるとのことで、現在は「暗号資産の送金サービス」が一時的に停止されています。

こちらから読む:"暗号資産の税制"について麻生大臣が発言「国内ニュース」

「お名前.com」のアカウントで不正アクセス

Coincheck(コインチェック)は2020年6月2日に、GMOインターネット株式会社が提供しているドメイン登録サービス「お名前.com」内のコインチェックアカウントで不正アクセスが確認されたことを発表しました。これにより、不正アクセスを行った第三者が2020年5月31日~6月1日の期間にコインチェックユーザーから問い合わせが行われた一部メールが不正に取得できる状態になっていたとのことです。

今回の発表で明らかにされた情報によると、2020年5月31日0時05分頃に「お名前.com」内におけるコインチェックアカウントにおいて、第三者によりドメイン登録情報が変更されていたことが確認されたとのことです。しかし、2020年6月1日20時52分頃には"ドメイン登録情報の修正"を実施しており、現時点では顧客資産に影響はないとされています。

「メールアドレス・メール内容」など漏洩の可能性

今回の不正アクセスで影響を受けたユーザーは「2020年5月31日~2020年6月1日にお問い合わせいただいたお客様約200名」とされており、流出した可能性のある情報は「宛先に記載されているメールアドレス・お客様のメールに記載されている情報」の2つだとされています。

メールの内容を不正に入手することができる状態になっていたため、問い合わせを行った際に「名前・登録住所・生年月日・電話番号・IDセルフィー」などの個人情報を記載していた場合には、それらの情報が流出している可能性があります。

「暗号資産の送金サービス」は一時停止に

2020年6月2日時点では「顧客資産への影響はない」とされていますが、ドメイン登録サービス運営元による調査の進捗を鑑みた上で、コインチェックにおける「暗号資産の送金サービス」は再度停止となっています。

ただし「日本円の入出金」や「暗号資産の受取・購入・売却」などのサービスは通常通り利用できるとのことです。

6月4日追記:送金サービスを再開

コインチェックは2020年6月4日に、一時的に停止していた「暗号資産の送金サービス」を順次再開してしていることを発表しました。

お問い合わせの際は「新しい窓口」に連絡を

コインチェックは現在「お名前.com」の運営元に調査を依頼しているため、新しい情報が判明した場合には即座に報告すると説明されています。また、さらなる調査を行った上で"情報が流出した可能性の高いユーザー"には、順次連絡を行うとも説明されています。

すでに自分自身で情報流出などに心当たりがある場合や、心配ことがある場合にはコインチェックの「お問い合わせ窓口」に連絡して問い合わせることが可能です。ただし、以前まで使用されていた問い合わせ先である「support@coincheck.com」は変更されているため、問い合わせを行う際には以下のフォームから連絡する必要があります。

【新しいお問い合わせ窓口】
お問い合わせフォーム:https://coincheck.com/ja/info/help_contact
お問い合わせメールアドレス:support-cs@coincheck.jp

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SONY:ブロックチェーン活用の「MaaS向け共通データベース」を開発

SONY:ブロックチェーン活用の「MaaS向け共通データベース」を開発

JCB:ブロックチェーン決済システム構築に向け「テックファンド」と業務提携

JCB:ブロックチェーン決済システム構築に向け「テックファンド」と業務提携

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

NEM:Symbol(XYM)の「ロードマップ」公開|日本取引所への上場に関する説明も

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

TRON Arcade:日本のブロックチェーンゲーム投資会社「gumi Cryptos」と提携

TRON Arcade:日本のブロックチェーンゲーム投資会社「gumi Cryptos」と提携

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

【Cardano】ADA保有者が参加可能な「分散型投票システム」まもなく利用可能に

【Cardano】ADA保有者が参加可能な「分散型投票システム」まもなく利用可能に

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

著名トレーダーが語る「ビットコインクジラ」になるための効果的な投資戦略

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す