カルダノ財団:日本で行われている「不審な投資勧誘」について注意喚起

by BITTIMES

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2020年7月9日に「カルダノ財団の名前を使用して日本で不審な活動を行っている人物が存在すること」を報告し、注意喚起を行いました。この人物は暗号資産取引所「BTCNEXT」や「カルダノ財団の主要メンバー」と関わりがあると主張して投資を募っていますが、カルダノ財団側は『BTCNEXTとの繋がりは一切ない』と説明した上で、このような怪しい活動に注意するようにと呼びかけています。

こちらから読む:ADA、コインベースに年内上場の可能性「Cardano」関連ニュース

「カルダノとの提携を主張する第三者」に要注意

カルダノ財団(Cardano Foundation)の報告によると、「日本で疑わしい活動を行っている」とされる人物は、カリブ海のグレナディーン諸島で登録されている暗号資産取引所「BTCNEXT」や「カルダノ財団の主要メンバー」と関係があると主張しており、『BTCNEXT社の社員である』『BTCNEXT社に委託されている』『カルダノ財団の主要メンバーを個人的に知っている』などと伝えることによって"それらの投資の安全性"を訴えていると報告されています。

しかし、カルダノ財団側は今回の発表の中で『Cardano財団およびそのエコシステムパートナーのいずれもBTCNEXTとの関連は一切なく、いずれの提携関係もありません』と説明しており、『それ以外のいかなる主張も虚偽であり、現実に即したものではないため、疑わしい主張には注意し、徹底的なデューデリジェンスを実施してください』と注意喚起を行っています。

また、カルダノ財団は『"CardanoやCardanoエコシステム内の事業体関係者と提携している"と主張する第三者事業体にはADAを送金しないよう強くお願いする』とも述べており『当方から資金(資産)の送付をお願いすることは絶対にありません』と説明しています。

カルダノ(Cardano/ADA)は"第3世代のブロックチェーン"として世界的に注目されており、日本国内でも多くの人々に支持されていますが、その一方ではカルダノの人気を悪用して人々の資産を騙し取ろうとする詐欺師が出てきていることも以前から報告されています。

暗号資産の価格が上昇しているタイミングでは、特にこのような詐欺行為やハッキングなどが増加する傾向にあるため、今後はこれまで以上に注意を払う必要があると考えられます。カルダノに関する公式情報は「カルダノ公式Twitter」などで頻繁に更新されているため、正確な情報を入手したい方はそれらの公式アカウントをフォローすることをお勧めします。

>>「カルダノ財団チーム」の公式発表はこちら
>>「カルダノ公式Twitter」はこちら

2020年7月10日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月8日に14.38円まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年7月10日時点では「1ADA=12.25円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年6月26日〜2020年7月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年6月26日〜2020年7月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

Google:仮想通貨を盗む「49のChrome拡張機能」を削除|有名ウォレットが標的に

Google:仮想通貨を盗む「49のChrome拡張機能」を削除|有名ウォレットが標的に

BITMAX:仮想通貨1,000円以上購入で「XRPがもらえる」キャンペーン開催

BITMAX:仮想通貨1,000円以上購入で「XRPがもらえる」キャンペーン開催

無料で遊べるブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO」公開【モンスター育成バトル】

無料で遊べるブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO」公開【モンスター育成バトル】

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

【Cardano/ADA】ITN報酬の還元機能を備えた「Daedalus 2.1.0」公開|受取方法も解説

【Cardano/ADA】ITN報酬の還元機能を備えた「Daedalus 2.1.0」公開|受取方法も解説

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

CryptoAltum~レバレッジ500倍、スプレッド極小。「勝つための」デイトレ用仮想通貨FX登場

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す