Ripple社:XRP Ledgerの「匿名化機能」に関する研究を支援

by BITTIMES

Ripple(リップル)社は2020年7月20日に公開したブログ記事の中で、同社のブロックチェーン研究支援事業である「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」の一貫として、"XRP Ledgerの匿名性"に関する検討が進められていることを報告しました。

こちらから読む:FXcoin、新たに"XRP"の取扱い開始「Ripple/XRP」関連ニュース

仮想通貨業界に求められる「プライバシー保護」

Ripple(リップル)社は2020年7月20日に公開したブログ記事の中で、オランダの国立大学である「デルフト工科大学」のSte​​fanie Roos(ステファニー・ルース)助教授のコメントを引用しつつ『ブロックチェーン業界は現在"セキュリティ"に多くの時間を費やしているが、近い将来には"プライバシー"にもそれと同レベルの注意を払わなければならなくなる可能性がある』と述べています。

一部の人々は、最も代表的な暗号資産であるビットコイン(BTC)のことを「匿名性が高いプライバシーが保護された仮想通貨」だと認識していますが、ステファニー・ルース助教授は、その認識が誤解であることを次のように説明しています。

人々は自分の本名を入力する必要がないことを理由に『ビットコインはプライバシーを保護している』と信じています。しかし、誰かが同じ情報を何度も利用し続けた場合には、彼らが行う全ての取引を追跡することができるようになります。それらの集約された情報を実在する人物にリンクさせることができれば、そのような人々の全ての活動を見ることが可能です。

Ripple社が公開した記事の中では『パブリックブロックチェーンでサプライヤーに料金を支払う企業は、開発している製品またはサービスの詳細を競合他社に誤って開示する可能性がある』と指摘されており、ステファニー氏が『プライベートブロックチェーンは優れたソリューションだが、"適切な匿名性を備えたパブリックチェーン"がより有益である』と考えていることが説明されています。

ステファニー氏は『自分が買ったり売ったりしたものが、常に他の人に見られる状態を望む人はいないだろう』と述べており、そのような状況は「ブロックチェーンいじめ」に繋がる可能性を秘めていると指摘しています。このように語る同氏は、プライバシーに配慮しつつ不正取引などにも対処する必要があるため、より良い仮想通貨には"柔軟な匿名性"が求められると説明しています。

「XRP Ledgerの匿名化機能」について検討

今回の記事では、ステファニー氏の大学の学生の何人かが、Ripple社のブロックチェーン研究支援事業である「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」の一環として、仮想通貨エックスアールピー(XRP)などの基盤となっている分散型台帳「XRP Ledger」の"匿名化機能"について検討していることが報告されています。

この学生たちはUBRIの助成金を受けながら、XRP Ledgerのコンセンサスアルゴリズムを研究したり、ブロックチェーンモデルの変換過程におけるセキュリティ脆弱性テストなどに取り組んでいるとのことです。

匿名性の高い暗号資産はマネーロンダリング(資金洗浄)などといった違法行為に対する懸念から国際的にも厳しい目を向けられがちですが、匿名化機能の全てが拒絶されている訳ではなく「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」のような国が発行に関わるデジタル通貨でも"適切な匿名性"についての議論が行われています。

Ripple社の「XRP Ledger」はすでに銀行・金融機関・仮想通貨などで幅広く利用されているため、「XRP Ledgerの匿名化機能」に関する今後の研究や、実際の実装などには大きな注目が集まります。

>>「Ripple社が公開した記事」はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

注目度の高い仮想通貨ニュース

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す