【Cardano/ADA】Shelleyハードフォーク・メインネット公開の「カウントダウン」開始

by BITTIMES

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2020年7月25日に、仮想通貨業界で大きな注目を集めていた「Shelley(シェリー)のハードフォーク」と「メインネット公開」が予定通り2020年7月29日に実施されることを発表しました。今回の発表が行われた直後にカルダノ(Cardano/ADA)の価格は急騰しており、記事執筆時点では「1ADA=15.07円」で取引されています。

こちらから読む:スイスのフィンテック企業"Lykke Corp"と提携「Cardano」関連ニュース

Shelleyハードフォーク:予定通り「29日」実施へ

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2020年7月25日に、Cardanoブロックチェーンにおける重要なアップグレードである「Shelley(シェリー)のハードフォーク」と「メインネット公開」が予定通り2020年7月29日に実施されることを発表しました。

Cardanoの開発は大きく分けて「Byron(バイロン)、Shelley(シェリー)、Goguen(ゴーグエン)、Basho(バショウ)、Voltaire(ボルテール)」という5段階に分かれており、これまでは最初の段階である「Byronの時代」とされていましたが、今回のハードフォークによってカルダノは第2段階である「Shelleyの時代」へと突入することになります。

Shelley(シェリー)の時代は"Cardanoネットワークの分散化"の面において特に重要な時期であり、Byron期の連合型ネットワークから「コミュニティ主導の分散型ネットワーク」に移行する他、Cardanoの大きな特徴の一つであるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に関連した委任やステーキング報酬などの仕組みも本格的に稼働することになります。

PoSのネットワークが正式に開放されることによって、ADA保有者はCardanoネットワークを支える複数の"ステークプール"の中から自分が信頼できるものを選んで投票(委任)することができるようになります。この仕組みによってCardanoネットワークはコミュニティの意見を反映する形で運用されることになり、委任作業を行ったADA保有者は「ネットワーク健全化に貢献したことへの報酬」として新規発行されるADAを獲得することができるようになります。

業界で最高のブロックチェーンに向けて

カルダノ(Cardano/ADA)の開発者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、最近公開されたYouTube動画の中で『Cardanoブロックチェーンはハードフォークの成功後に業界で最高になる』と語っています。

また、これまでの報道では「Shelleyのリリースによってカルダノネットワークは大幅に分散化され、ビットコインやイーサリアムよりもさらに分散化される」とも報告されています。実際にこれまで実施されていた「Shelleyインセンティブ付きテストネット」では、2020年5月時点でアクティブプール数が「968」、アクティブユーザー数が「19,842」、委任されたADA数量は「128.2億ADA」に達していると報告されていたため、テストネットの段階で非常に多くの人々がカルダノネットワークの運営に参加していたことがわかります。

カルダノチームはShelleyのメインネット公開前にネットワーク上の全てのバグを確実に排除するための取り組みを続けているとのことで、2020年7月29日までの期間でも"ネットワークの二重チェック"を実施するとも報告されています。これまでのところは全てが順調に進んでいると報告されているため、今後の正式なメインネット公開には期待が高まっています。

>>「カルダノ財団」の公式発表はこちら

2020年7月26日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今年3月頃から5倍以上にまで回復していましたが、今回の発表が行われた直後にはさらに急騰しており、2020年7月26日時点では「1ADA=15.07円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年1月29日〜2020年7月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年1月29日〜2020年7月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

世界最大の仮想通貨取引所「エアスワップ」が近い将来完成か?

世界最大の仮想通貨取引所「エアスワップ」が近い将来完成か?

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

Twitter:新たな暗号資産のハッシュタグに「絵文字表示」発行企業はキャンペーン開催

Twitter:新たな暗号資産のハッシュタグに「絵文字表示」発行企業はキャンペーン開催

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

「YOROI Wallet」正式にリリース!CARDANO(ADA)を安全に管理

「YOROI Wallet」正式にリリース!CARDANO(ADA)を安全に管理

カルダノオンラインイベント「Cardano Virtual Summit 2020」7月開催へ

カルダノオンラインイベント「Cardano Virtual Summit 2020」7月開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

ビットポイント「ビットコインがもらえる!新規口座開設キャンペーン」開催

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す