チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

by BITTIMES

米国を拠点とする投資分析会社「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は2020年7月25日のツイートで、分散型金融(DeFi)の世界で10億ドル(約1,000億円)規模の仮想通貨革命が進んでいることを報告し、『ある1つの暗号資産が今後の革命の中心的存在になる可能性がある』との考えを語りました。

こちらから読む:次世代型バーチャルSNS"XANA"β版公開へ「暗号資産」関連ニュース

ChainLinkは「仮想通貨革命」の中心的存在に

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は2020年7月25日のツイートで『データベース管理システムである「Oracle(オラクル)」は分散型金融(DeFi)だけでなく、第2世代・第3世代の暗号資産が行う全ての機能を強化する』と語り、分散型Oracleのミドルウェアである「チェーンリンク(ChainLink/LINK)」は"今後の仮想通貨革命の中心になる"と言っても過言ではないと発言しました。

DeFiプラットフォームは急上昇しており、約10億ドルの担保が注ぎ込まれています。OracleはDefiだけでなく第2世代および第3世代の仮想通貨が行うすべての機能を強化します。 したがって、Chainlinkが今後の仮想通貨革命の中心となると言っても過言ではありません。

これまでのスマートコントラクトプラットフォームは「ブロックチェーン内で利用できるデータ」しか管理することができなかったため、提供できるサービスの幅にも限りがありました。

しかし、チェーンリンク(Chainlink/LINK)を利用すれば「異なるブロックチェーン同士」や「データプロバイダー・Web API・IoTデバイス・支払いシステム」などを安全かつ信頼性の高い方法で繋ぐことができるため、様々なブロックチェーンに外部データを取り込んでこれまでには提供できなかったサービスを展開することが可能になります。

Weiss Ratingsはこのような機能を持った「Chainlink」が他の仮想通貨関連サービスを拡充するために非常に重要な役割を果たすと考えており、その将来に強い期待感を示しています。

仮想通貨業界で技術活用が進む「チェーンリンク」

「Chainlinkが仮想通貨業界で重要な役割を果たしている」ということは他の専門家からも語られており、「Weiss Crypto Ratings」が2020年6月に公開した記事の中では、暗号資産アナリストであるJuan M. Villaverde氏とBruce Ng氏が『チェーンリンクは技術採用の面で他の暗号資産よりもはるかに優れている』と語っています。

この2人の著者は「イーサリアム、テゾス、ファントム、ポルカドット、ジリカ、ソラナ、アイコン、HPB」などといったスマートコントラクト関連の様々なプロジェクトがChainlinkを活用していると指摘しており、チェーンリンクが仮想通貨業界にとって非常に重要な存在となっていることを報告しています。

実際にチェーンリンクは様々な仮想通貨プロジェクトで活用され始めており、最近では「チリーズ(Chiliz/CHZ)」や「クレイトン(Klaytn/KLAY)」などからも"チェーンリンクとの提携"が発表されています。

2020年7月27日|チェーンリンク(LINK)の価格

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の価格は今月16日に930付近まで高騰したものの、その後はやや下落しており、2020年7月27日時点では「1LINK=759.81円」で取引されています。

>>LINKを取り扱っている暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年4月28日〜2020年7月27日 LINKの価格推移(画像:CoinGecko)2020年4月28日〜2020年7月27日 LINKの価格推移(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EUブロックチェーンパートナーシップに「イタリア」が参加|加盟国は27カ国に

EUブロックチェーンパートナーシップに「イタリア」が参加|加盟国は27カ国に

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す