チェーンリンク(LINK)は今後「暗号資産革命の中心的存在」に:Weiss Ratings

by BITTIMES

米国を拠点とする投資分析会社「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は2020年7月25日のツイートで、分散型金融(DeFi)の世界で10億ドル(約1,000億円)規模の仮想通貨革命が進んでいることを報告し、『ある1つの暗号資産が今後の革命の中心的存在になる可能性がある』との考えを語りました。

こちらから読む:次世代型バーチャルSNS"XANA"β版公開へ「暗号資産」関連ニュース

ChainLinkは「仮想通貨革命」の中心的存在に

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は2020年7月25日のツイートで『データベース管理システムである「Oracle(オラクル)」は分散型金融(DeFi)だけでなく、第2世代・第3世代の暗号資産が行う全ての機能を強化する』と語り、分散型Oracleのミドルウェアである「チェーンリンク(ChainLink/LINK)」は"今後の仮想通貨革命の中心になる"と言っても過言ではないと発言しました。

DeFiプラットフォームは急上昇しており、約10億ドルの担保が注ぎ込まれています。OracleはDefiだけでなく第2世代および第3世代の仮想通貨が行うすべての機能を強化します。 したがって、Chainlinkが今後の仮想通貨革命の中心となると言っても過言ではありません。

これまでのスマートコントラクトプラットフォームは「ブロックチェーン内で利用できるデータ」しか管理することができなかったため、提供できるサービスの幅にも限りがありました。

しかし、チェーンリンク(Chainlink/LINK)を利用すれば「異なるブロックチェーン同士」や「データプロバイダー・Web API・IoTデバイス・支払いシステム」などを安全かつ信頼性の高い方法で繋ぐことができるため、様々なブロックチェーンに外部データを取り込んでこれまでには提供できなかったサービスを展開することが可能になります。

Weiss Ratingsはこのような機能を持った「Chainlink」が他の仮想通貨関連サービスを拡充するために非常に重要な役割を果たすと考えており、その将来に強い期待感を示しています。

仮想通貨業界で技術活用が進む「チェーンリンク」

「Chainlinkが仮想通貨業界で重要な役割を果たしている」ということは他の専門家からも語られており、「Weiss Crypto Ratings」が2020年6月に公開した記事の中では、暗号資産アナリストであるJuan M. Villaverde氏とBruce Ng氏が『チェーンリンクは技術採用の面で他の暗号資産よりもはるかに優れている』と語っています。

この2人の著者は「イーサリアム、テゾス、ファントム、ポルカドット、ジリカ、ソラナ、アイコン、HPB」などといったスマートコントラクト関連の様々なプロジェクトがChainlinkを活用していると指摘しており、チェーンリンクが仮想通貨業界にとって非常に重要な存在となっていることを報告しています。

実際にチェーンリンクは様々な仮想通貨プロジェクトで活用され始めており、最近では「チリーズ(Chiliz/CHZ)」や「クレイトン(Klaytn/KLAY)」などからも"チェーンリンクとの提携"が発表されています。

2020年7月27日|チェーンリンク(LINK)の価格

チェーンリンク(Chainlink/LINK)の価格は今月16日に930付近まで高騰したものの、その後はやや下落しており、2020年7月27日時点では「1LINK=759.81円」で取引されています。

>>LINKを取り扱っている暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年4月28日〜2020年7月27日 LINKの価格推移(画像:CoinGecko)2020年4月28日〜2020年7月27日 LINKの価格推移(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

ポルトガル語で「ブロックチェーン技術」が学べるコース提供へ ー Blockchain Academy

ポルトガル語で「ブロックチェーン技術」が学べるコース提供へ ー Blockchain Academy

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

注目度の高い仮想通貨ニュース

メキシコ初の「暗号資産対応VISAデビットカード」発行:Tauros×DASH

メキシコ初の「暗号資産対応VISAデビットカード」発行:Tauros×DASH

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

Twitter「アカウント乗っ取り事件」について公式発表|標的は130人、個人情報漏洩も

Coinbase(コインベース)上場検討中の暗号資産「19銘柄」を公開

Coinbase(コインベース)上場検討中の暗号資産「19銘柄」を公開

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

チェス元世界王者「ビットコインの人気上昇は避けられない」

チェス元世界王者「ビットコインの人気上昇は避けられない」

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

Bybit:過去最大の仮想通貨トレードバトル「World Series of Trading(WSOT)」を発表

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「NEM・Stellar」の取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す