Cardano(ADA)を「技術面で最も優れた暗号資産」と評価:米格付け機関Weiss Ratings

by BITTIMES

暗号資産・ブロックチェーンの格付けを行っている「Weiss Crypto Ratings(ワイス・クリプト・レーティングス)」は、最新の格付けランキンングの中でカルダノ(Cardano/ADA)を「技術面で最も優れた仮想通貨」だと評価しています。

こちらから読む:韓国、人気の海水浴場で"仮想通貨決済"が可能に「暗号資産」関連ニュース

カルダノ:技術面ランキングで「1位」獲得

Weiss Ratings(ワイス・レーティングス)は米国の有名な独立系格付け機関であり、同社は株式・ETF・投資信託・保険・仮想通貨などといった幅広い金融商品の格付けを行い、それらの結果を公式サイトなどで公開しています。

Weiss Crypto Ratingsは仮想通貨・ブロックチェーン関連のデータを公開しており、公式サイトでは「評価・技術採用・技術面・市場の勢い・投資リスク」などの項目別でもランキングが掲載されていますが、2020年8月10日時点では技術面のランキング1位にカルダノ(Cardano/ADA)がランクインしています。

技術面のランキングでは、仮想通貨業界で注目されている「テゾス(Tezos/XTZ)」や「コスモス(Cosmos/ATOM)」が2位・3位にランクインしていますが、カルダノ(Cardano/ADA)はこれらの2つを超えて1位を獲得しています。

(画像:Weiss Crypto Ratings)(画像:Weiss Crypto Ratings)

ステークプール稼働数は「900」を突破

Weiss Ratingsはカルダノの技術面や開発活動、開発チームの実直な姿勢などを以前から非常に高く評価しており、過去には『カルダノは仮想通貨市場で最も過小評価されている資産』『ADAは仮想通貨業界で最高かつ安値な仮想通貨の一つ』『本格的に稼働すればDAppsの王者になる可能性がある』などといった様々な称賛コメントを語っています。

カルダノブロックチェーンはまだ開発の途中段階であるため、全ての機能が稼働している訳ではありませんが、先月30日には第二段階目の開発段階となる「Shelley(シェリー)」への移行を無事完了させており、"ネットワークの分散化"の面で重要となるステークプールの稼働数も記事執筆時点で934に達していると報告されているため、技術開発が順調に進んでいる点も評価されていると考えられます。

(画像:Cardano PoolTool)(画像:Cardano PoolTool)

評価面の上位3位は「イーサリアムビットコインライトコイン」の3銘柄となっており、カルダノは4位となっていますが、「市場の勢い」では2位、「投資リスク」では4位に位置付けられているため、総合的には非常に高い評価を受けています。

カルダノの創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年8月3日のツイートで、Cardanoの「スマートコントラクト」と「ネイティブアセット」が2020年内に登場予定であることも明らかにしているため、今後の技術開発や新たな発表にも注目です。

>>「Weiss Crypto Ratings」のランキングはこちら
>>「Cardanoステークプール」の稼働数などはこちら

2020年8月10日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月26日に16円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年8月10日時点では「1ADA=15.30円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年7月11日〜2020年8月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月11日〜2020年8月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

BINANCE:暗号資産の「証拠金取引」開始は近い|バグの可能性調査など最終テストへ

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

SBI VC Trade:スマホ向けアプリ「VCTRADE SP(iOS版)」を公開

仮想通貨取引所MIDEX:カルダノエイダコイン(ADA)取扱い開始 ー 日本円取引も

仮想通貨取引所MIDEX:カルダノエイダコイン(ADA)取扱い開始 ー 日本円取引も

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

【bitFlyer×ブレヒロ】イーサリアム(ETH)がもらえる「コラボキャンペーン」開催

【bitFlyer×ブレヒロ】イーサリアム(ETH)がもらえる「コラボキャンペーン」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

オンライン銀行アプリ「Revolut」日本で口座開設が可能に|仮想通貨機能は未対応

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す