Cardano(ADA)を「技術面で最も優れた暗号資産」と評価:米格付け機関Weiss Ratings

by BITTIMES

暗号資産・ブロックチェーンの格付けを行っている「Weiss Crypto Ratings(ワイス・クリプト・レーティングス)」は、最新の格付けランキンングの中でカルダノ(Cardano/ADA)を「技術面で最も優れた仮想通貨」だと評価しています。

こちらから読む:韓国、人気の海水浴場で"仮想通貨決済"が可能に「暗号資産」関連ニュース

カルダノ:技術面ランキングで「1位」獲得

Weiss Ratings(ワイス・レーティングス)は米国の有名な独立系格付け機関であり、同社は株式・ETF・投資信託・保険・仮想通貨などといった幅広い金融商品の格付けを行い、それらの結果を公式サイトなどで公開しています。

Weiss Crypto Ratingsは仮想通貨・ブロックチェーン関連のデータを公開しており、公式サイトでは「評価・技術採用・技術面・市場の勢い・投資リスク」などの項目別でもランキングが掲載されていますが、2020年8月10日時点では技術面のランキング1位にカルダノ(Cardano/ADA)がランクインしています。

技術面のランキングでは、仮想通貨業界で注目されている「テゾス(Tezos/XTZ)」や「コスモス(Cosmos/ATOM)」が2位・3位にランクインしていますが、カルダノ(Cardano/ADA)はこれらの2つを超えて1位を獲得しています。

(画像:Weiss Crypto Ratings)(画像:Weiss Crypto Ratings)

ステークプール稼働数は「900」を突破

Weiss Ratingsはカルダノの技術面や開発活動、開発チームの実直な姿勢などを以前から非常に高く評価しており、過去には『カルダノは仮想通貨市場で最も過小評価されている資産』『ADAは仮想通貨業界で最高かつ安値な仮想通貨の一つ』『本格的に稼働すればDAppsの王者になる可能性がある』などといった様々な称賛コメントを語っています。

カルダノブロックチェーンはまだ開発の途中段階であるため、全ての機能が稼働している訳ではありませんが、先月30日には第二段階目の開発段階となる「Shelley(シェリー)」への移行を無事完了させており、"ネットワークの分散化"の面で重要となるステークプールの稼働数も記事執筆時点で934に達していると報告されているため、技術開発が順調に進んでいる点も評価されていると考えられます。

(画像:Cardano PoolTool)(画像:Cardano PoolTool)

評価面の上位3位は「イーサリアムビットコインライトコイン」の3銘柄となっており、カルダノは4位となっていますが、「市場の勢い」では2位、「投資リスク」では4位に位置付けられているため、総合的には非常に高い評価を受けています。

カルダノの創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年8月3日のツイートで、Cardanoの「スマートコントラクト」と「ネイティブアセット」が2020年内に登場予定であることも明らかにしているため、今後の技術開発や新たな発表にも注目です。

>>「Weiss Crypto Ratings」のランキングはこちら
>>「Cardanoステークプール」の稼働数などはこちら

2020年8月10日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月26日に16円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年8月10日時点では「1ADA=15.30円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年7月11日〜2020年8月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月11日〜2020年8月10日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

米SEC:仮想通貨KINを「未登録証券として起訴」100億円ICOプロジェクトの行方は

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

BSV価格100%高騰|クレイグ・ライト氏「110万BTCの鍵情報」入手か

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー(Jasmy/JMY)2023年のロードマップ公開

ジャスミー(Jasmy/JMY)2023年のロードマップ公開

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

カザフスタン国立銀行:中央銀行デジタル通貨のテスト開始|BINANCEも協力

カザフスタン国立銀行:中央銀行デジタル通貨のテスト開始|BINANCEも協力

Bitget:コピートレードをして抽選で500ドル相当の仮想通貨を当てよう!

Bitget:コピートレードをして抽選で500ドル相当の仮想通貨を当てよう!

Robinhood「ビットコインSVの上場廃止」を発表|BSV価格は下落

Robinhood「ビットコインSVの上場廃止」を発表|BSV価格は下落

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

今注目のハイリターンが期待できるペニー価格の仮想通貨銘柄7選

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

パナマ大統領「仮想通貨関連法案697号の見直し」求める|最高裁で可否判断

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す