BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

by BITTIMES   

米国の仮想通貨決済サービスプロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」は2020年8月11日に、米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」のユーザーがビットコインやイーサリアムなどの暗号資産をより気軽に使えるようにするために、サービスを強化したことを発表しました。これにより、BitPay対応加盟店ではCoinbaseアカウントから迅速かつ手数料なしで直接仮想通貨で支払いを行うことができるようになったとされています。

こちらから読む:Cardano分散化に向けたタイムライン公開「暗号資産」関連ニュース

BitPay加盟店で「迅速かつ手数料なし」の暗号資産決済

BitPay(ビットペイ)は2020年8月11日に、米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」との連携を強化して、CoinbaseユーザーがBitPay対応の加盟店で暗号資産を直接利用できるようにしたことを発表しました。

これによってサービス利用者はCoinbaseアカウントからBitPay加盟店に手数料なしで迅速に支払いを行うことができるようになると説明されています。このサービスは現時点で1,000ドル(約10万円)未満の取引すべてに対応しているとのことで、以下のような暗号資産を支払いに利用することができるとされています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・USDコイン(USDcoin/USDC)

BitPayのプロダクト責任者であるSean Rolland氏は、今回のサービス拡大について次のようにコメントしています。

Coinbaseアカウントをお持ちのお客様は、仮想通貨を使用して商品やサービスを迅速・安全・簡単に購入する方法を求めています。BitPay対応の加盟店で追加オプションを利用できるようになりました。「Coinbase」と「BitPay」の統合によってユーザーはCoinbaseアカウントから直接支払いを行うことができるようになるため、仮想通貨を使用して支払いを行う新しいグローバルビジネスの機会が開かれます。

BitPayは今回の発表の中で、米ドルに価値が連動したステーブルコインである「USDコイン」が決済手段として利用できることを強調しており、ステーブルコインを利用することによって支払いに透明性をもたらしつつ、クレジットカード関連の詐欺を排除し、仮想通貨特有のボラティリティも回避することができると説明しています。

また、今後1ヶ月以内には、資産がどこに保管されているかに関わらず「BitPayウォレットアプリ」でCoinbaseアカウントで管理されている全ての資産を監視・管理・支払うことができるオプションも利用できるようになるとも報告されています。

>>「BitPay」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない|米国証券取引委員会(SEC)

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月1日〜7日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月1日〜7日

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す