不動産特定共同事業者向けの「STOスキーム」提供開始:LIFULL×Securitize

by BITTIMES   

不動産・住宅情報サイトなどの住生活関連サービスを提供している「株式会社LIFULL(ライフル)」と、デジタル証券プラットフォームを提供している「Securitize Japan株式会社」は2020年8月21日に、不動産特定共同事業者向けのセキュリティ・トークン・オファリング(STO)スキームの提供を開始したことを発表しました。

こちらから読む:OKCoinJapan、"暗号資産現物取引サービス"提供開始「国内ニュース」

不動産特定共同事業者のセキュリティトークン発行を支援

「株式会社LIFULL(ライフル)」と「Securitize Japan株式会社」の2社は、2020年8月21日に不動産特定共同事業者向けのセキュリティ・トークン・オファリング(STO)スキームの提供を開始したことを発表しました。

両社は今回の協業を通じて、すでに不動産クラウドファンディング事業を展開している事業者をはじめとする不動産特定共同事業者がSTOを行う際に「セキュリティトークンの発行アプリケーション」や「トークン譲渡スキーム」を提供すると説明しています。

「LIFULL」はすでに不動産業界で幅広いチャネルを有しているだけでなく、これまでに複数のブロックチェーン概念実証を実施しているため、同社の知見を米国で多数のセキュリティトークン発行実績を有している「Securitize」のSoftware as a Service(SaaS)と組み合わせることによって、不動産特定共同事業者のセキュリティトークン発行を支援・推進するとのことです。

また、このスキームはリーガルアドバイザーである「TMI総合法律事務所」の成本治男弁護士監修のもとで不動産特定共同事業契約に基づく出資持分を表示するトークンを発行するとともに、出資持分譲渡におけるDVP(Delivery Versus Payment)を実現すると説明されています。

(画像:LIFULL)(画像:LIFULL)

「不動産特定共同事業者向けSTOスキーム」の特徴

LIFULLとSecuritize Japanが提供する「不動産特定共同事業者向けSTOスキーム」の主な特徴としては以下のような項目が挙げられています。

  • 既存の不動産クラウドファンディングの出資持分発行にセキュリティトークン発行をリンクさせることによって、業務フローなどの変更を最小限にセキュリティトークンを発行できる
  • 発行したセキュリティトークンを用いた投資家間の相対譲渡はイーサリアムのパブリックブロックチェーンに記録される。譲渡先はスマートコントラクトによって制限され、匿名組合員意外への譲渡制限が可能
  • トークン発行は米国で多数の発行実績を持つSecuritize社のDSプロトコルを使用。発行操作などはSaaS型の専用アプリケーションを利用するため、複雑なシステム開発などを必要とせずに導入することができる

「LIFULL」の社長室ブロックチェーン推進グループ長である松坂 維大氏は『Securitize社との協業によりブロックチェーン技術が広く不動産クラウドファンディング業界へと広まることで、不動産のデジタルアセット化とそれに伴う利便性向上が進むことを期待する』と述べており、「Securitize Japan」の小林 英至氏は『今回のLIFULLとの不動産事業者向けセキュリテイ・トークン発行プラットフォームは、幅広い発行体と投資家にオープンなもので、両社にとっての大きなマイルストーンと言える』と語っています。

>>「LIFULL」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

ビットコイン「金の代わりになる可能性」世界最大の資産運用会社BlackRock幹部

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

仮想通貨ランキング最新情報!市場時価総額5兆円突破!

仮想通貨ランキング最新情報!市場時価総額5兆円突破!

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano:ネットワーク拡大に向けた「調整プログラム」実施へ|ブロックサイズは12.5%増に

Cardano:ネットワーク拡大に向けた「調整プログラム」実施へ|ブロックサイズは12.5%増に

dHealth Network(DHP)の「IDO詳細」が判明|ハーベストの必要残高も引き下げ

dHealth Network(DHP)の「IDO詳細」が判明|ハーベストの必要残高も引き下げ

dHealth Network(DHP)暗号資産取引所「MEXC Global」に上場

dHealth Network(DHP)暗号資産取引所「MEXC Global」に上場

米Coinbase:暗号資産ウォレット「BRD」を買収|Bread価格は1日で10倍に急騰

米Coinbase:暗号資産ウォレット「BRD」を買収|Bread価格は1日で10倍に急騰

米Bakkt「イーサリアム(ETH)」にも対応へ|売買・保管・送受金機能などを提供

米Bakkt「イーサリアム(ETH)」にも対応へ|売買・保管・送受金機能などを提供

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

コインチェック:ビットコインがもらえる「Coincheckつみたて2周年記念キャンペーン」開始

コインチェック:ビットコインがもらえる「Coincheckつみたて2周年記念キャンペーン」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年11月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年11月21日〜27日

BTC支持派のジャック・ドーシー氏「Twitter CEOの退任」を発表

BTC支持派のジャック・ドーシー氏「Twitter CEOの退任」を発表

Apple社CEO「暗号資産保有している」と公表|仮想通貨決済・NFT関連の質問にも回答

Apple社CEO「暗号資産保有している」と公表|仮想通貨決済・NFT関連の質問にも回答

Chiliz(CHZ)世界最大級のSNSトレードプラットフォーム「eToro」に上場

Chiliz(CHZ)世界最大級のSNSトレードプラットフォーム「eToro」に上場

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

Coinbase:ニューヨーク州でも「SHIB」取扱い開始|Krakenも上場準備

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JMY)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す