ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

by BITTIMES   

ネム(NEM/XEM)の価格は今月28日頃まで1XEMあたり10円付近で推移していたものの、29日に入ってからは上昇の勢いが強まっており、本日30日時点では「1XEM=16円」付近まで回復しています。最近ではXEM保有者に新通貨「シンボル(Symbol/XYM)」を付与するための"オプトイン申請"に関する最新情報も公開されているため、コミュニティの間ではNEMの将来に期待する声が強まってきています。

価格上昇続くXEM「16円付近まで高騰」

ネム(NEM/XEM)の価格は2020年3月に3円付近まで下落した後は緩やかな回復を続けていましたが、今月に入ってからは上昇の勢いを強めてきています。今月1日時点で約5円だったXEM価格は、8月18日に約8円、8月24日に約10円まで回復していましたが、先日29日頃からは急速な上昇が続いており、2020年8月30日時点では「1XEM=約16円」まで高騰しています。

仮想通貨関連の様々な情報を発信している「CoinGecko(コインゲッコー)」のデータでも、XEM価格が過去1年間に渡って上昇し続けていることが示されており、XEMの価格上昇率は「過去1時間で2.5%、過去24時間で36.7%、過去7日間で78.9%、過去14日間で131.6%、過去30日間で194.8%、過去1年間で212.5%」とされています。

2020年3月4日〜2020年8月30日 XEMのチャート(画像:CoinGecko)2020年3月4日〜2020年8月30日 XEMのチャート(画像:CoinGecko)

シンボル(XYM)公開に向けて買い増しの可能性も

ネム(NEM/XEM)の価格はそのほかの主要な暗号資産に比べると安値であるものの、その技術は世界中で様々な分野に活用されており、リトアニアの中央銀行デジタル通貨「LBコイン」でNEMのブロックチェーン(NIS1)が使用されているほか、シンボル(Symbol/XYM)のブロックチェーン技術は2022年に中東カタールで開催される「FIFAワールドカップ」のホテル建設プロジェクトでも活用されることが報じられていました。

シンボル(Symbol/XYM)の公開後には、既存のXEM保有者に対して「1XEM=1XYM」の割合で新通貨「XYMトークン」が付与される予定となっていますが、先日はこのXYMトークンを受け取るために必要となる「オプトイン申請」が2020年9月15日から可能になる予定であることも報告されているため、このような発表も"XEM買い"の動きを強める要因になっていると考えられます。

XYMトークンの付与数量は「2020年12月3日〜16日頃に予定されている"スナップショット撮影時"のXEM保有量」に基づいて決定されることになっているため、この期間までに必要な申請手続きを行い、対応したウォレットにXEMを預けておくと、その数量に応じたXYMトークンを新たに受け取ることができます。

仮想通貨市場では価格高騰にコミュニティの注目が集まったタイミングで、価格が急落することが頻繁にあるため、『これからXEMを購入する』という場合には警戒が必要であると考えられますが、スナップショットの日程が2020年12月に予定されていることを踏まえて考えると、今後もXEM保有者は増加し、XEM買いの動きも強まっていくことになると予想されます。

XEMやXRPのように比較的安値で取引されている主要な暗号資産は、投資家やトレーダーの間で注目される暗号資産の一つとなっていますが、今回のXEM価格高騰を受けてSNS上では『XEMの購入』を検討する意見も強まってきています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

ブレイブブラウザ:参加無制限のビデオ通話機能「Brave Together」を発表

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

オアシス(Oasys/OAS)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Uniswap「スワップ機能」の使い方|仮想通貨を交換する方法を解説

Uniswap「スワップ機能」の使い方|仮想通貨を交換する方法を解説

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

XRPの有価証券性をめぐる裁判の判決「今後覆される可能性」元SEC関係者の意見

XRPの有価証券性をめぐる裁判の判決「今後覆される可能性」元SEC関係者の意見

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

半減期後に多数のアルトコイン価格が上昇「CORE・BONK・SHIB」など

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

秋田犬保存会:ブロックチェーン活用した「デジタル血統書」を導入【世界初】

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

BlackRock「政府系ファンド・年金基金のビットコインETF参入」を予想=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す