ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

by BITTIMES

ネム(NEM/XEM)の価格は今月28日頃まで1XEMあたり10円付近で推移していたものの、29日に入ってからは上昇の勢いが強まっており、本日30日時点では「1XEM=16円」付近まで回復しています。最近ではXEM保有者に新通貨「シンボル(Symbol/XYM)」を付与するための"オプトイン申請"に関する最新情報も公開されているため、コミュニティの間ではNEMの将来に期待する声が強まってきています。

こちらから読む:Coinbase上場発表で"CELO価格"高騰「暗号資産」関連ニュース

価格上昇続くXEM「16円付近まで高騰」

ネム(NEM/XEM)の価格は2020年3月に3円付近まで下落した後は緩やかな回復を続けていましたが、今月に入ってからは上昇の勢いを強めてきています。今月1日時点で約5円だったXEM価格は、8月18日に約8円、8月24日に約10円まで回復していましたが、先日29日頃からは急速な上昇が続いており、2020年8月30日時点では「1XEM=約16円」まで高騰しています。

仮想通貨関連の様々な情報を発信している「CoinGecko(コインゲッコー)」のデータでも、XEM価格が過去1年間に渡って上昇し続けていることが示されており、XEMの価格上昇率は「過去1時間で2.5%、過去24時間で36.7%、過去7日間で78.9%、過去14日間で131.6%、過去30日間で194.8%、過去1年間で212.5%」とされています。

2020年3月4日〜2020年8月30日 XEMのチャート(画像:CoinGecko)2020年3月4日〜2020年8月30日 XEMのチャート(画像:CoinGecko)

シンボル(XYM)公開に向けて買い増しの可能性も

ネム(NEM/XEM)の価格はそのほかの主要な暗号資産に比べると安値であるものの、その技術は世界中で様々な分野に活用されており、リトアニアの中央銀行デジタル通貨「LBコイン」でNEMのブロックチェーン(NIS1)が使用されているほか、シンボル(Symbol/XYM)のブロックチェーン技術は2022年に中東カタールで開催される「FIFAワールドカップ」のホテル建設プロジェクトでも活用されることが報じられていました。

シンボル(Symbol/XYM)の公開後には、既存のXEM保有者に対して「1XEM=1XYM」の割合で新通貨「XYMトークン」が付与される予定となっていますが、先日はこのXYMトークンを受け取るために必要となる「オプトイン申請」が2020年9月15日から可能になる予定であることも報告されているため、このような発表も"XEM買い"の動きを強める要因になっていると考えられます。

XYMトークンの付与数量は「2020年12月3日〜16日頃に予定されている"スナップショット撮影時"のXEM保有量」に基づいて決定されることになっているため、この期間までに必要な申請手続きを行い、対応したウォレットにXEMを預けておくと、その数量に応じたXYMトークンを新たに受け取ることができます。

仮想通貨市場では価格高騰にコミュニティの注目が集まったタイミングで、価格が急落することが頻繁にあるため、『これからXEMを購入する』という場合には警戒が必要であると考えられますが、スナップショットの日程が2020年12月に予定されていることを踏まえて考えると、今後もXEM保有者は増加し、XEM買いの動きも強まっていくことになると予想されます。

XEMやXRPのように比較的安値で取引されている主要な暗号資産は、投資家やトレーダーの間で注目される暗号資産の一つとなっていますが、今回のXEM価格高騰を受けてSNS上では『XEMの購入』を検討する意見も強まってきています。

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

FAME MMA:仮想通貨FAMEトークンの「TGLPプレセール」開始

FAME MMA:仮想通貨FAMEトークンの「TGLPプレセール」開始

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

SAKURA GUILD GAMES:P2Eゲーム「Titan Hunters」とパートナーシップ契約

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

ビットコイン・ハッシュレートレンタルサービス「FUELMINING」提供開始:FUELHASH

ビットコイン・ハッシュレートレンタルサービス「FUELMINING」提供開始:FUELHASH

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

暗号資産取引所「BTCBOX」ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Binance Custody:エスクローサービス「Binance Escrow」を発表

Binance Custody:エスクローサービス「Binance Escrow」を発表

Bitget:Amazonギフト券やその他報酬がもらえる「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」開催

Bitget:Amazonギフト券やその他報酬がもらえる「友達を招待して報酬獲得キャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す