XRP保有者に対するSparkエアドロップ「スナップショット撮影日」が判明:Flare Networks

by BITTIMES   

XRP保有者に対するSparkトークンのエアドロップ(無料配布)を予定している「Flare Networks(フレア・ ネットワークス)」は、2020年9月1日のツイートでXRPの保有数量を記録してSparkトークンの付与枚数を決定するためのスナップショットを2020年12月12日に実施する予定であることを明らかにしました。

スナップショット「2020年12月12日」に撮影予定

Flare Networks(フレア・ ネットワークス)は、Ripple(リップル)社の投資部門である「Xpring」から支援を受けながら仮想通貨XRPの土台になっている「XRP Ledger」でスマートコントラクトを活用できるようにするための取り組みを進めているプロジェクトであり、同社が開発しているネットワークでガバナンストークンとしての役割などを担うトークンである「Sparkトークン」のエアドロップ(無料配布)を実施することを予定しています。

このエアドロップでは、XRP保有者に対して「1XRPあたり1Sparkトークン」の割合でトークンが付与されることになっていますが、今回のツイートでは各ユーザーのXRP保有量を記録するための「スナップショット」が2020年12月12日に実施される予定であることが報告されています。

私たちはテストネットの名称を、海で信号を送るための装置「Coston Flare」を発明したことで知られるMartha Coston氏にちなんで名付けました。Sparkトークンを配布するためのスナップショットは、彼女の誕生日の194周年にあたる「2020年12月12日」に実施されます。

スナップショットは2020年12月12日に撮影されるため、XRP保有者はこのスナップショットのタイミングで保有していたXRP保有量と同量の「Sparkトークン」を受け取ることができることになります。

「Sparkトークン」の配布ではトークンを欲しい人だけが任意で申請を行う必要がある「オプトイン方式」が採用されているため、トークン付与を希望する人々はこのエアドロップに対応しているウォレットなどで申請手続きを行う必要がありますが、現時点でもすでにXRP Labsが開発・提供しているウォレットアプリ「XUMM」や、XRP基軸の暗号資産取引所「Bitrue(ビットゥルー)」などがエアドロップに対応することを発表しています。

また、日本の暗号資産取引所「bitbank(ビットバンク)」も『エアドロップへの対応を検討している』と発表しているため、ビットバンクが正式に対応した場合には、bitbankのウォレットで2020年12月12日にXRPを保有していたユーザーも「Sparkトークン」を受け取ることができると期待されます。

2020年9月1日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月28日に27円台まで下落したものの、その後は再び回復してきており、2020年9月1日時点では「1XRP=30.74円」で取引されています。

2020年6月3日〜2020年9月1日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年6月3日〜2020年9月1日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファントム財団関連のウォレットで「ハッキング被害」ETH・FTMなどの流出報告

ファントム財団関連のウォレットで「ハッキング被害」ETH・FTMなどの流出報告

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

ポケモンGOのようなソラナ基盤ARゲーム「GG:Solana Hunger Games」が登場

Oasis TOKYO × ANREALAGE:メタバースで「ファッションショーなどのイベント」開催へ

Oasis TOKYO × ANREALAGE:メタバースで「ファッションショーなどのイベント」開催へ

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

ワールドコインの「Orb」は安全なのか?個人情報収集に関する監査結果報告

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す