次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

by BITTIMES   

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を用いた報酬システムを導入していることでも知られるプライバシー重視の次世代型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」が、日本語でテレビCMを放送することが明らかになりました。現在はYouTube上でCM動画が公開されています。

こちらから読む:SBI北尾社長、デジタル証券取引所"大阪・神戸"に設立へ「国内ニュース」

自分で選べるブラウザ「Brave(ブレイブ)」

Brave(ブレイブ)は、暗号資産による報酬システムなどを取り入れているプライバシー重視の次世代型ブラウザであり、ここ最近では日本国内でもBraveブラウザ内で報酬の支払いや寄付などで使用されている暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を取り扱う暗号資産取引所が増えてきています。

Braveブラウザはすでに日本語に対応しているため、日本国内でもユーザー数が増加してきていることが報告されていましたが、先日2日にはYouTube上で「日本語のCM動画」が公開されています。

CMの中では『広告表示を許可するかどうかを自分の意思で選択できること』が強調されており、Braveブラウザの利用者が自分の意思で広告表示の有無を決めることによって、自分の年齢・性別・閲覧履歴などといった個人情報を保護したり、広告表示による読み込み時間の遅延を無くしたり、使用するデータ量を抑えたりできることが説明されています。

従来の一般的なブラウザでは、利用者に最適な広告を表示させるためにウェブサイト閲覧履歴などの個人情報が収集されており、サイト閲覧時にも広告が表示されるため、その分のデータ通信量がかかり、読み込み速度も遅くなっていました。

しかし「Brave」のブラウザではユーザーが自分で広告表示を許可・拒否することができるため、このような問題を回避することができるようになっています。また、Braveブラウザには"BATウォレット機能"が標準搭載されているため、広告表示を許可した場合には広告視聴などによって仮想通貨BATを受け取ることができるようになっています。

日本ユーザー向けのBraveブラウザでは日本の規制に従うために「仮想通貨BAT」ではなく「BATポイント」が付与されていますが、今年7月には暗号資産取引所を運営している「bitFlyer(ビットフライヤー)」と協力して、Braveブラウザ内で利用できる暗号資産ウォレットが開発されていることや、Braveブラウザで仮想通貨BATを獲得してbitFlyerで売却できる仕組みが開発されていることなどが発表されているため、今後はBraveの利用者もさらに増加していくことになると予想されます。

>>「Brave」の公式サイトはこちら

2020年9月3日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先月23日に42円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年9月3日時点では「1BAT=32.67円」で取引されています。

2020年3月8日〜2020年9月3日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年3月8日〜2020年9月3日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

BATが購入できる暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

ジャック・マーがブロックチェーン技術の国際送金で3秒台を実現

ジャック・マーがブロックチェーン技術の国際送金で3秒台を実現

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月6日〜12日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

日本セキュリティトークン協会「ADワークスグループ・ゼタント」の2社が新規入会

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

イーサリアムウォレットアプリ「MetaMask Mobile」Android・iOS向けに正式リリース

イーサリアムウォレットアプリ「MetaMask Mobile」Android・iOS向けに正式リリース

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

アダルトサイト大手「ポルノハブ」ビットコイン・ライトコイン決済に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す