次世代型ブラウザBrave「日本語のテレビCM」放送へ

by BITTIMES   

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を用いた報酬システムを導入していることでも知られるプライバシー重視の次世代型ブラウザ「Brave(ブレイブ)」が、日本語でテレビCMを放送することが明らかになりました。現在はYouTube上でCM動画が公開されています。

自分で選べるブラウザ「Brave(ブレイブ)」

Brave(ブレイブ)は、暗号資産による報酬システムなどを取り入れているプライバシー重視の次世代型ブラウザであり、ここ最近では日本国内でもBraveブラウザ内で報酬の支払いや寄付などで使用されている暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を取り扱う暗号資産取引所が増えてきています。

Braveブラウザはすでに日本語に対応しているため、日本国内でもユーザー数が増加してきていることが報告されていましたが、先日2日にはYouTube上で「日本語のCM動画」が公開されています。

CMの中では『広告表示を許可するかどうかを自分の意思で選択できること』が強調されており、Braveブラウザの利用者が自分の意思で広告表示の有無を決めることによって、自分の年齢・性別・閲覧履歴などといった個人情報を保護したり、広告表示による読み込み時間の遅延を無くしたり、使用するデータ量を抑えたりできることが説明されています。

従来の一般的なブラウザでは、利用者に最適な広告を表示させるためにウェブサイト閲覧履歴などの個人情報が収集されており、サイト閲覧時にも広告が表示されるため、その分のデータ通信量がかかり、読み込み速度も遅くなっていました。

しかし「Brave」のブラウザではユーザーが自分で広告表示を許可・拒否することができるため、このような問題を回避することができるようになっています。また、Braveブラウザには"BATウォレット機能"が標準搭載されているため、広告表示を許可した場合には広告視聴などによって仮想通貨BATを受け取ることができるようになっています。

日本ユーザー向けのBraveブラウザでは日本の規制に従うために「仮想通貨BAT」ではなく「BATポイント」が付与されていますが、今年7月には暗号資産取引所を運営している「bitFlyer(ビットフライヤー)」と協力して、Braveブラウザ内で利用できる暗号資産ウォレットが開発されていることや、Braveブラウザで仮想通貨BATを獲得してbitFlyerで売却できる仕組みが開発されていることなどが発表されているため、今後はBraveの利用者もさらに増加していくことになると予想されます。

>>「Brave」の公式サイトはこちら

2020年9月3日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先月23日に42円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年9月3日時点では「1BAT=32.67円」で取引されています。

2020年3月8日〜2020年9月3日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2020年3月8日〜2020年9月3日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:カナダ・オンタリオ州を「利用制限地域」に追加

BINANCE:カナダ・オンタリオ州を「利用制限地域」に追加

HARTi:東急プラザ渋谷「111-ICHIICHIICHI-」でNFT活用した実証実験を開始

HARTi:東急プラザ渋谷「111-ICHIICHIICHI-」でNFT活用した実証実験を開始

PlanB氏:フロアモデルのビットコイン価格予想「初の予測ミスになるだろう」と発言

PlanB氏:フロアモデルのビットコイン価格予想「初の予測ミスになるだろう」と発言

DEP発行のDEA社「事業戦略発表会」開催|日本市場での事業展開について説明

DEP発行のDEA社「事業戦略発表会」開催|日本市場での事業展開について説明

Filecoin×Chainlink「共同助成金プログラム」開始|技術融合したアプリ開発を促進

Filecoin×Chainlink「共同助成金プログラム」開始|技術融合したアプリ開発を促進

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

ビットコイン:ブレイクアウトのタイミングは2024年10月?著名アナリストの価格予想

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

カルダノ(ADA)を「50種類以上の法定通貨」に交換|Yoroi Walletが新機能追加

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す