【Cardano】ADA保有者が参加可能な「分散型投票システム」まもなく利用可能に

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)の創設者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は最近公開された動画の中で、Cardanoプロジェクトにおける5番目の開発段階「Voltaire(ボルテール)」で導入される"分散型の投票システム"が優先事項の最上位に位置づけられていることを語り、最初の分散型投票が10月に行われる予定であることを明らかにしました。

こちらから読む:BINANCE、ADA四半期先物サービスを拡大「Cardano」関連ニュース

10月には「最初の分散型投票」を実施

カルダノ(Cardano/ADA)プロジェクトの「Voltaire(ボルテール)期」では"分散型投票システム"が導入されるため、Cardanoネットワークの参加者に投票権が与えられ、コミュニティの人々がネットワークの開発の将来に影響を及ぼすことができるようになります。

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏が語った内容によると、この「分散型投票システム」の開発は現在優先事項の最上位に位置づけられているとのことで、改善提案や資金調達のための投票システムは早ければ今月から利用可能になり、10月には全てのADA保有者が参加できる投票が実施されると伝えられています。

この投票に参加すると、カルダノブロックチェーン上で製品やサービスを開発するスタートアップ企業などをサポートするファンドである「DCファンド」のリソース割り当てを決定するためのプロセスに参加することができるとのことです。

ただしホスキンソン氏は「初期段階の投票で優れたユーザー体験を提供することはできない」ということも説明しています。投票はスマートフォンアプリでも行うことができ、10月以降の次のラウンドでは6週間ごとに投票を行うことができるとされています。

この投票システムは徐々に改善が進められることとなっており、2020年11月には投票システムが「Daedalus Wallet(ダイダロス・ウォレット)」に統合され、提案に投票するための簡単なボタンが表示される予定だとされています。なお、この機能は「Goguen(ゴーグエン)」のリリースでのみ利用可能になるとのことです。

今後は「積極的なマーケティング活動」も実施

ホスキンソン氏は今回の動画の中で、Cardanoチームが「アプリケーション開発」や「製品マーケティング」に力を入れていることも報告しています。

カルダノの開発を担当している「IOHK」はマーケティング担当者としてブロックチェーンやマーケティングの分野で長い経験を有している女性を雇っているとのことで、今後2ヶ月間はカルダノに関する基本的な説明を行うだけでなく『それがどのように機能するか、それは他のプロジェクトに比べてどのように優れているのか』などについても説明する"積極的なマーケティングキャンペーン"を実施していくことが予定されているとのことです。

カルダノプロジェクトは現在も順調に開発が進められており、最近では自分が信頼できるステークプールに委任作業を行うことによって仮想通貨ADAで定期的に報酬を受け取ることができる「ステーキング機能」も本格的に実装され、実際に報酬も支払われ始めているため、今後のさらなる新機能開発にも期待が高まります。

2020年9月7日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は7月末に16円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年9月7日時点では「1ADA=9.57円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年3月12日〜2020年9月7日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月12日〜2020年9月7日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

Liquid Global:Zcashなど「暗号資産28銘柄」上場廃止の可能性

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

DeCurret:国内初「ビットコイン・マイニングマシンの小口販売・運用サービス」提供へ

【Chiliz/CHZ】3つの暗号資産取引所に上場「米国市場進出に向けた大規模投資発表」も

【Chiliz/CHZ】3つの暗号資産取引所に上場「米国市場進出に向けた大規模投資発表」も

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

Ripple社:暗号資産に友好的な「ワイオミング州」で事業登録

Ripple社:暗号資産に友好的な「ワイオミング州」で事業登録

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

DeFi Money Market:規制当局の調査で急遽「業務停止」に|DMG価格は急落

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

OKCoinJapan「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ|APIではPythonもサポート

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

MoneyGram「Ripple製品用いた取引の一時停止」を発表|SEC訴訟の不確実性を考慮

カナダ規制当局「北米初のビットコインETF」を承認

カナダ規制当局「北米初のビットコインETF」を承認

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

Mastercard「中央銀行デジタル通貨対応のプリペイドカード」発行【世界初】

Mastercard「中央銀行デジタル通貨対応のプリペイドカード」発行【世界初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す