Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

by BITTIMES

Kraken(クラーケン)グループの日本法人である「Payward Asia株式会社」は2020年9月8日に、同社が2020年9月8日付で「暗号資産交換業者」としての登録を完了したことを発表しました。同社は『今回の暗号資産交換業としての登録を完了したことによって、Krakenが誇るグローバルサービスと世界最高水準のセキュリティを日本のユーザーに提供することが可能になった』と説明しています。

こちらから読む:Coincheck、"IOST"正式に取り扱い開始「国内ニュース」

「Krakenの暗号資産取引サービス」を日本で提供

Payward Asia株式会社は、米国の大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」の日本法人であり、2018年9月の設立以来、日本国内で規制に準拠して暗号資産取引サービスを提供するための体制整備を進めていました。

今回の発表では「Payward Asia株式会社」が2020年9月8日付で「暗号資産交換業者(関東財務局長 第00022号)」としての登録を完了したことが報告されています。同社は『暗号資産交換業者としての登録を完了したことによって、Krakenが誇るグローバルサービスと世界最高水準のセキュリティを日本のお客様にご提供することが可能になった』と説明しています。

日本国内でのサービス提供時期は「2020年9月中旬」を予定しているとのことですが、具体的なスケジュールに関しては確定次第改めてご案内すると説明されています。

「暗号資産5種類の現物取引」を提供予定

Payward Asia株式会社が取り扱う暗号資産は以下の5種類となっており、「暗号資産と暗号資産の現物取引サービス」や「暗号資産と日本円の現物取引サービス」を提供する予定だとされています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

また、Krakenがグローバルで提供している他の暗号資産に関しては『なるべく早期に追加できるよう対応を行っていく』とされています。

なお、日本に住んでいる人々が今後「Kraken」のサービスを利用するためには「Payward Asia株式会社」で口座開設を行う必要があるとのことで、2018年7月以前に「Payward Japan株式会社」を通じてKrakenサービスを利用していたユーザーも新たに口座開設手続きを行う必要があるとされています。

>>「Payward Asia株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

香港の仮想通貨取引所「biger」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「biger」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

今後4ヶ月間の「ビットコイン価格急上昇」を予想:Tom Lee(トム・リー)

今後4ヶ月間の「ビットコイン価格急上昇」を予想:Tom Lee(トム・リー)

注目度の高い仮想通貨ニュース

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す