EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

by BITTIMES

ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・オランダの財務大臣が2020年9月11日に開かれた欧州連合(EU)の会合の中で、欧州委員会に対して『消費者や金融政策における国家主権を保護するために、ステーブルコインなどの資産担保型暗号資産に対する厳格な規制を作成すべきだ』と要請したことが「ロイター」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Square、特許技術を開放する非営利団体を設立「暗号資産」関連ニュース

ステーブルコインの運用「課題解決まで禁止すべき」

欧州連合(EU)に加盟する5ヵ国(フランスドイツイタリアスペインオランダ)の財務大臣は、2020年9月11日の共同声明で『法律・規制・監督面の課題が解決されるまでは、EUに加盟する27ヵ国でステーブルコインの運用を禁止するべきだ』と語ったと報じられています。

具体的には『ステーブルコインがEU圏内で運用される場合には、全てのステーブルコインの価格がユーロまたは他のEU諸国が発行する法定通貨に1対1の比率で固定され、そのステーブルコインの裏付けとなる資産はEUから承認を受けた金融機関で保管されるべきだ』との要請が行われたことが報告されています。

各国の財務大臣たちは「ステーブルコインを運営する全ての事業体に登録を義務付けること」を求めているとのことで、フランスのBruno Le Maire(ブルーノ・ル・メール)財務相は「Libra(リブラ)」の名前を挙げながら次のように語ったと報じられています。

私たちは委員会がテロ活動やマネーロンダリングで暗号資産が悪用されるのを避けるための、非常に強力で明確なルールを定めるのを待っています。

中央銀行、つまり欧州中央銀行(ECB)は、通貨発行を許可された唯一の銀行です。そしてこの権限は「Libraプロジェクト」を含めたいかなる種類のプロジェクトによっても、危険に晒されたり、弱められたりすることができないものです。

Libraプロジェクトでは元々複数の法定通貨によって裏付けられた「バスケット型のステーブルコイン」が発行される予定となっていましたが、各国の規制当局や政府関係者から『既存の金融システムを脅かす可能性がある』と懸念する意見が多数出ていたことなどを受けて、現在は各国の法定通貨に裏付けられた複数のステーブルコイン「リブラUSD・リブラEUR・リブラGBP」などを発行する方針に切り替えられています。

今回「ステーブルコインに対する厳格な規制」を求めた5ヵ国は、昨年10月時点でもLibraに対して厳しく対応をとっていく方針を示したことが報告されているため、ユーロに裏付けられた「リブラEUR」の発行に関しては今後も厳しい議論が続けられていくことになると予想されます。

>>「ロイター」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

XRP用いた音楽配信プラットフォーム「XSongs」ベータ版公開

XRP用いた音楽配信プラットフォーム「XSongs」ベータ版公開

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

もう止まれない!韓国の仮想通貨バブルの裏側で…政府は慌てて規制を解除する

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

リップル(XRP)が「4,500以上のオンラインストア」で利用可能に:CoinGate

注目度の高い仮想通貨ニュース

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

【Cardano/ADA】順調な価格上昇で「40円」に到達|時価総額ランキング5位も視野に

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す