Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

by BITTIMES

Libra Association(リブラ協会)は2020年9月18日に、仮想通貨やブロックチェーン関連のスタートアップに特化して投資を行なっているベンチャーキャピタル「Blockchain Capital(ブロックチェーン・キャピタル)」が新メンバーとして参加したことを発表しました。

こちらから読む:LINE、"LINK Rewards Program"提供開始「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン・キャピタルが新メンバーとして参加

Libra Association(リブラ協会)は2020年9月18日に、仮想通貨やブロックチェーン関連のスタートアップに特化して投資を行なっているベンチャーキャピタル「Blockchain Capital(ブロックチェーン・キャピタル)」が新メンバーとして参加したことを発表しました。

Blockchain Capital(ブロックチェーン・キャピタル)は2013年に設立されたアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構える投資会社であり、「RippleEthereumCoinbase」などにも投資しているブロックチェーン業界でも特に長い歴史を持つベンチャーキャピタルの1社として知られています。

「Libra協会」に参加したことによって「ブロックチェーン・キャピタル」はその他の協会メンバーと共に"より公平な支払いシステムの構築"というLibra協会の目標に向けた取り組みを進めていくことになります。同社は長い間業界で培ってきた知識や経験をもとにして、Libraの決済システムに関する様々な助言を行うと伝えられています。

Blockchain Capitalの共同創設者兼マネージングパートナーであるBart Stephens(バート・スティーブンス)氏は、Libra協会への参加について次のようにコメントしています。

Libra協会に参加し「より公平な支払いシステムを構築する」というミッションに向けて共に協力していけることを非常に光栄に思います。ブロックチェーン技術を活用して金融アクセスを改善し、イノベーションを促進していくことは、ブロックチェーン・キャピタルのポートフォリオ戦略の中核を成しています。

専門知識と繋がりを持つ「Blockchain Capital」に期待

Libra協会は発表の中で『ブロックチェーン・キャピタルは深い専門知識と繋がりを持つブロックチェーン業界の大手投資会社である』と紹介しており、同社が様々なユースケースにわたるブロックチェーン関連のサポートを行い、業界や地域の専門家・起業家ネットワークを構築してきたことを説明しています。

Libra協会の副会長兼ポリシー・コミュニケーション部門責任者であるDante Disparte(ダンテ・ディスパート)氏は、Blockchain Capitalの参加について次のようにコメントしています。

Libra協会のメンバーとして新たに参加した「Blockchain Capital」は、金融サービスのイノベーションをサポートするブロックチェーン決済システムを構築する際に、深い業界の洞察力と、サポーターによるダイナミックなネットワークをもたらします。

Libra協会からは2019年に「MastercardVisaPayPal」などといった複数の主要メンバーが脱退していたものの、その後は新たな大手企業が複数参加しており、2020年にはEコマース大手「Shopify」や決済会社「Checkout.com」が参加しています。

>>「Libra協会」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

パレット:クリエイター作品をPalette公式Twitterで紹介「作品応援キャンペーン」開始

パレット:クリエイター作品をPalette公式Twitterで紹介「作品応援キャンペーン」開始

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

マネーフォワード「仮想通貨交換業者の登録」を断念|ブロックチェーン技術開発は継続

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

OKCoinJapan:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

CoinBest(コインベスト)取引手数料無料の「DAI大口取引サービス」提供開始

CoinBest(コインベスト)取引手数料無料の「DAI大口取引サービス」提供開始

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

注目度の高い仮想通貨ニュース

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

日本の投資家、2024年注目の仮想通貨プレセールとしてビットボットに賭ける

日本の投資家、2024年注目の仮想通貨プレセールとしてビットボットに賭ける

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

NTT Digital:電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」提供開始

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

イーサリアム:Dencunアップグレード完了「Blastで問題が発生した場合の対処法」も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す