LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

by BITTIMES

LINE(ライン)は2020年9月30日に、同社の独自ブロックチェーンである「LINE Blockchain」を基盤として外部企業が開発した合計8つのブロックチェーンサービス(DApps)を発表しました。なお「LINE Blockchain」を基盤として開発された外部企業サービスはこれらのDAppsが初となります。

こちらから読む:コインベスト、新規口座開設の申込受付開始「国内ニュース」

LINE Blockchain基盤のDApps「8種類」を紹介

LINE-Blockchain

LINE(ライン)は2020年8月26日に、ブロックチェーンサービス開発プラットフォームである「LINE Blockchain Developers」と、デジタルアセット管理ウォレットである「BITMAX Wallet」の提供を開始しているため、現在企業はこれらのサービスを活用してLINE独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain」を基盤としたブロックチェーンサービス(DApps)を簡単かつ効率的に構築することができます。

「LINE Blockchain Developers」ではブロックチェーンサービスの構築・独自トークンの発行・ゲーム内資産のトークン化などといった様々なことが可能であり、「BITMAX Wallet」を活用するとそれらのサービスで発行されるトークンを管理したり、LINEのユーザー基盤を活かしたサービスの構築や一部導入なども可能となっています。

今回の発表ではこれらのサービスを活用して外部企業によって初めて開発された「LINE Blockchain基盤のブロックチェーンサービス合計8種類」が紹介されています。

モバイルRPGゲーム「Knight Story(ナイトストーリー)」

KnightStory-Logo

Knight Story(ナイトストーリー)は、ブロックチェーンゲーム開発会社「Biscuitlabs」によって開発されたモバイルRPGゲームです。ゲームのプレイヤーは「ナイト」としてペット共にバトルをしながら素材を収集し、素材を組み合わせて装備アイテムを作成し、強化していきます。

アイテム作成では「木材・鋼」などといった70種類以上の素材を組み合わせることによって「剣・弓・鎧」などといった200種類以上のアイテムに交換することができるようになっています。これらのゲーム内アイテムは全て「Non Fungible Token(NFT)」として発行されるため、プレイヤーはアイテムの所有権を証明して、これらのアイテムを交換したり売買したりすることが可能です。

タイトル:Knight Story(ナイトストーリー)
ジャンル:モバイルRPGゲーム
開発元:Biscuitlabs
提供開始日:2020年9月30日
サービスURL:https://knightstory.page.link/app

電子契約サービス「linksign(リンクサイン)」

linksign-Logo

linksign(リンクサイン)は、リーガルテック企業である「Comake」が提供する人工知能(AI)やブロックチェーンを基盤とした電子契約サービスであり、契約書の作成・内容の検討・署名・締結などといった契約行為の始まりから終わりまでを完結できるオールインワンプラットフォームとなっています。

リンクサインの利用者は、様々な契約書テンプレートを使用して簡単に契約書を作成することができるだけでなく、全ての契約プロセスをリアルタイムで確認することも可能です。この電子契約サービスはブロックチェーン技術によって契約文書の偽造・変造が防止されているため、安心して利用することができるようになっています。

タイトル:linksign(リンクサイン)
ジャンル:電子契約サービス
開発元:Comake
提供開始日:2020年9月30日
サービスURL:https://www.linksign.jp/

ソーシャルメディア「aFan」

aFan-Logo

aFanは「Common Computer」が提供するブロックチェーンを基盤としたクリエイターとファンと繋ぐ新しいタイプのソーシャルメディアです。aFanのユーザーは写真家やイラストレーターなどのクリエイターに直接寄付を行うことによってファンになり、クリエイターのコンテンツ制作や活動をサポートすることができます。

このサービスでは「ファンコ」と呼ばれるトークンが発行されているため、ファンやクリエイターの人々は従来のSNSで提供されていた「いいね」や「コメント」などの枠を超えて相互に交流することができるようになっています。

タイトル:aFan
ジャンル:ソーシャルメディア
開発元:Common Computer
提供開始日:2020年10月上旬予定
サービスURL:https://afan.ai/ja

MMO戦略ゲーム「リーグオブキングダム for LINE Blockchain」

League-of-Kingdoms-Logo

League of Kingdoms(リーグオブキングダム)は、ブロックチェーンゲーム開発会社である「NOD Games」が開発した多人数参加型のオンライン戦略ゲームであり、LINEではすでにリリースされていた「リーグオブキングダム」の日本版である「リーグオブキングダム for LINE Blockchain」が提供されます。

ゲームのプレイヤーは自分の王国を建国して、連盟や戦争を通じて領土を広げ、大陸の覇権を争うことになります。ゲーム内資産はブロックチェーンアイテムトークンに転換することによってプレイヤーが完全に保有することができ、他のプレイヤーと取引することも可能です。また今後はブロックチェーン技術を活用することによって「プレイヤーがゲームの方向性決定に参加できる仕組み」を導入することも計画されています。

タイトル:League of Kingdoms(リーグオブキングダム)
ジャンル:MMO戦略ゲーム
開発元:NOD Games
提供開始日:2020年10月末予定
サービスURL:https://ln.leagueofkingdoms.com

コインプッシュゲーム「CryptoDozer(クリプトドーザー)」

CryptoDozer-Logo

CryptoDozer(クリプトドーザー)は、ブロックチェーンゲーム開発会社である「PlayDapp」が開発したコインプッシュゲームです。CryptoDozerはすでにイーサリアムのブロックチェーンを基盤としたバージョンが提供されていますが、2020年内には日本向けバージョンが新たに提供される予定です。

このゲームではコインを並べて30種類以上の可愛い「Dozerドール」を手に入れることができ、ファンシードールを獲得するためにDozerドールを調合することも可能です。

タイトル:CryptoDozer(クリプトドーザー)
ジャンル:コインプッシュゲーム
開発元:PlayDapp
提供開始日:2020年内予定
サービスURL :https://link.cryptodozer.io

ソーシャルカラオケアプリ「SOMESING(サムシング)」

SOMESING-Logo

SOMESING(サムシング)は、エンターテイメント関連サービスを提供している「Emel Ventures」が提供するソーシャルカラオケアプリです。このアプリはブロックチェーン技術を応用した"世界初のカラオケアプリ"であり、独自のリワードシステムによってユーザーは自分が歌った歌に対して公正な報酬を受け取ることができるようになっています。

ユーザーはいつでもどこでも高音質のカラオケを楽しむことができ、1人で歌うだけでなく、世界中の友達とデュエットすることもできるようになっています。

タイトル:SOMESING(サムシング)
ジャンル:ソーシャルカラオケアプリ
開発元:Emel Ventures
提供開始日:2020年内予定

ビデオ・ストリーミング・プラットフォーム「Theta.tv」

Theta-TV-Logo

Theta.tvは、ビデオ配信サービスを提供している 「Theta Labs(Theta Network)」が提供しているeスポーツ専門のビデオストリーミングプラットフォームです。「Theta.tv」はすでに世界中で利用されていますが、2020年内には日本向けに提供が開始される予定です。

「Theta.tv」の利用者はコンテンツを視聴して、帯域幅を別の視聴者たちに共有することによってリワードを受け取ることができ、特定のクリエイターを購読して寄付することもできるようになっています。

タイトル:Theta.tv
ジャンル:ビデオストリーミングプラットフォーム
開発元:Theta Labs
提供開始日:2020年内予定
サービスURL:https://www.thetatoken.org/link

スポーツゲーム「Crypto Sports(仮称)」

CryptoSports-Logo

Crypto Sports(仮称)は「株式会社オルトプラス」の100%子会社である「株式会社OneSports」と「アクセルマーク株式会社」が共同で開発進めているスポーツゲームです。

このゲームは「LINE Blockchain」を活用したプロスポーツライセンスを使用したスポーツゲームとなっており、ユーザーは試合に参加して選手を育成し、その選手達を取引することができるようになっています。

タイトル:Crypto Sports(仮称)
ジャンル:スポーツゲーム
開発元:株式会社OneSports・アクセルマーク株式会社
提供開始日:2021年以降予定

DApps開発申込みは「6日間で100件を突破」

LINE(ライン)は今回の発表の中で「LINE Blockchain Developers」の提供開始が発表されてからわずか6日間で100件を超える開発申込みがあったことを報告しています。

今回発表されたブロックチェーンサービスで既に利用可能なサービスは限られているものの、その多くは2020年内には提供開始される予定となっており、今後も様々なサービスが段階的にリリースされる予定だと報告されているため、「LINE Blockchain」でこれから展開される新しいサービスにも注目です。

>>「LINE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取次所運営のXtheta「サクラエクスチェンジビットコイン」に商号変更へ

暗号資産取次所運営のXtheta「サクラエクスチェンジビットコイン」に商号変更へ

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

ゲーム向けの「IOTA決済システム」誕生|Unity使用した全てのプラットフォームに対応

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」ガバナンストークンAXSで約9,000万円を調達

カルダノ(Cardano/ADA)仮想通貨ウォレット「SafePal Wallet」で保管可能に

カルダノ(Cardano/ADA)仮想通貨ウォレット「SafePal Wallet」で保管可能に

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

Facebook独自の仮想通貨「GlobalCoin(グローバルコイン)」2020年発行へ=BBC報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

ビットコインが7万ドルを突破!エコフレンドリーなGreen Bitcoinは300万ドルの資金を調達

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す