エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

by BITTIMES

エストニアの中央銀行である「エストニア銀行(Eesti Pank)」は2020年10月2日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の運用に同国のデジタル行政サービスで活用されている基盤技術が適合できるかどうかを調査することなどを目的とした研究プロジェクトを立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:自民党、CBDC導入に向けた"法改正準備"求める「CBDC」関連ニュース

中央銀行デジタル通貨の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア銀行(Eesti Pank)は2020年10月2日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の運用に同国のデジタル行政サービスで活用されている基盤技術が適合できるかどうかを調査することなどを目的とした研究プロジェクトを立ち上げたことを発表しました。

ブロックチェーン仮想通貨を早い時期から積極的に取り入れているエストニアでは、すでに行政サービスのデジタル化などでブロックチェーン技術が活用されており、エストニアの「Guardtime(ガードタイム)社」によって開発された「KSIブロックチェーン」と呼ばれる技術が実際に利用されています。

今回立ち上げられた「中央銀行デジタル通貨の研究プロジェクト」は、このKSIブロックチェーンを基盤としたソリューションが中央銀行デジタル通貨(CBDC)のインフラとして適しているかどうかを確認することなどを目的としたものであり、この他にも「デジタルID」や「その他のデジタル行政ソリューション」を使用することによって提供できる新しい決済ソリューションの調査も実施すると説明されています。

CBDCの要件を満たすプラットフォームの構築方法を検討

エストニア銀行のCBDC研究プロジェクトにはテクノロジー企業である「Guardtime」や「SW7Goup」が協力しており、プロジェクト自体は今後2年間に渡って複数のフェーズに分けて実行されていくと報告されています。

公式発表によると、第1フェーズでは『速度・セキュリティ・プライバシー・回復力などを含めた中央銀行デジタル通貨の厳しい要件を満たす、スケーラブルで実用的な安全なプラットフォームを構築する方法』を検討するとのことです。

エストニア銀行の決済システム部門責任者であるRainer Olt(ライナー・オルト)氏は、中央銀行デジタル通貨の研究プロジェクトについて次のようにコメントしています。

小さな中央銀行である「エストニア銀行」は、ユーロ圏の中央銀行が開発するプロジェクトの中から私たちが大きく貢献できるものを慎重に選んでいます。エストニアは長年に渡って、安全かつプライベートで効率的な電子政府を維持するための独自ノウハウを開発してきました。

エストニアのユニークで豊富な経験は、テクノロジー企業である「SW7Goup」や「Guardtime」とプロジェクトを立ち上げ、技術的な機会を探るための良いきっかけとなりました。「Guardtime」はブロックチェーン分野における長期的な協力パートナーであり、この分野における世界のトップ企業です。

エストニア銀行は今回の発表の中で、今回立ち上げられたCBDC研究プロジェクトが新しい方面から取り組む最初の取り組みの1つであることを説明しており、エストニアの金融・決済分野で開発を行っている民間企業にも協力を求めています。

>>「エストニア銀行」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

ペット用品大手が「ビットコイン還元サービス」を導入|Lolli×Petco

ペット用品大手が「ビットコイン還元サービス」を導入|Lolli×Petco

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

コインチェック:パレットトークン(PLT)のIEO「開始6分で調達目標金額を突破」

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す