ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

by BITTIMES

大手自動車メーカー・テック企業・ブロックチェーン企業などが参加しているブロックチェーンコンソーシアム「Mobility Open Blockchain Initiative(MOBI)」は2020年10月6日に、自動車業界で初となる「電気自動車と電力網の接続規格」を作成したことを発表しました。

こちらから読む:SBI、国内初の"STOビジネス"開始へ「ブロックチェーン」関連ニュース

MOBI「自動車業界初のグローバル規格」を作成

モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアティブ(Mobility Open Blockchain Initiative/MOBI)は、ブロックチェーン技術を用いてモノや人の移動をより環境に優しく、より効率的で、より低価格にすることを目指している国際団体であり、「TOYOTAHONDABMWFordRenaultGeneral MotorsHYUNDAI」などの大手自動車メーカーだけでなく、「IBMHyperledgerConsenSysIOTA FoundationRipple」などといったブロックチェーン関連企業も多数参加しています。

MOBIはテーマ毎に複数のワーキンググループを立ち上げてプロジェクトに取り組んでいますが、今回の発表ではHONDA・General Motorsなどが主導する「電気自動車グリッドインテグレーション(EVGI)ワーキンググループ」が、ブロックチェーン技術を分散型車両充電システムに組み込んだ自動車業界初のグローバル規格を作成したことが報告されています。

EVGIワーキンググループが作成した国際規格は以下3つの分野がユースケースとして挙げられており、この国際規格は特定のブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)を指定するというよりも、各ユースケースにおけるデータ属性や機能性の統一に重点が置かれていると説明されています。

  • 車両と電力網の接続(Vehicle to Grid Integration/V2G)
  • 炭素クレジットのトークン化(Tokenized Carbon Credits/TCC)
  • P2Pアプリケーション

MOBIのCOO兼創設者であるTram Vo(トラム・ボー)氏は『この規格は電気自動車と充電エコシステムのあらゆる側面の企業に様々なメリットをもたらす』と述べており、『電気自動車・充電器・電力会社は安全なIDを持ち、標準のメッセージング形式で通信し、充電・生成・交換などのトランザクションを分散型台帳に自動的に記録できる』と説明しています。

ユーザー中心のエネルギーコミュニティを実現

現在エネルギー市場は「大規模な発電所による集中型発電の仕組み」から「風力・太陽光などを活用した分散型発電の仕組み」へと移行しつつありますが、MOBIはこのような変化が起こっている中で『スケーラブルでユーザー中心のエネルギーコミュニティを実現すること』を目標に掲げています。

今回発表されたEVGI規格は『このようなエコシステムを構築するための最初の重要な構成要素の1つ』だとされており、『MOBIはこの規格によって実現されるアプリケーションが、最終的に炭素排出量の削減、交通安全の向上、交通渋滞の軽減、社会的・環境的に有益な多くの成果のサポートに役立つことを期待している』と説明されています。

電気自動車などにブロックチェーン技術を活用する動きは自動車業界で加速してきていますが、大手企業が数多く参加している「MOBI」からグローバルな標準規格が発表されたことによって、業界全体の技術開発が促進されることになると期待されます。

>>「MOBI」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

ESPN Global:ビットコイン決済対応の「ゲームプラットフォーム」を発表

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

イーサリアム2.0「12月1日」公開へ|ビーコンチェーン実装に必要な条件を達成

注目度の高い仮想通貨ニュース

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す