ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

by BITTIMES

大手自動車メーカー・テック企業・ブロックチェーン企業などが参加しているブロックチェーンコンソーシアム「Mobility Open Blockchain Initiative(MOBI)」は2020年10月6日に、自動車業界で初となる「電気自動車と電力網の接続規格」を作成したことを発表しました。

こちらから読む:SBI、国内初の"STOビジネス"開始へ「ブロックチェーン」関連ニュース

MOBI「自動車業界初のグローバル規格」を作成

モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアティブ(Mobility Open Blockchain Initiative/MOBI)は、ブロックチェーン技術を用いてモノや人の移動をより環境に優しく、より効率的で、より低価格にすることを目指している国際団体であり、「TOYOTAHONDABMWFordRenaultGeneral MotorsHYUNDAI」などの大手自動車メーカーだけでなく、「IBMHyperledgerConsenSysIOTA FoundationRipple」などといったブロックチェーン関連企業も多数参加しています。

MOBIはテーマ毎に複数のワーキンググループを立ち上げてプロジェクトに取り組んでいますが、今回の発表ではHONDA・General Motorsなどが主導する「電気自動車グリッドインテグレーション(EVGI)ワーキンググループ」が、ブロックチェーン技術を分散型車両充電システムに組み込んだ自動車業界初のグローバル規格を作成したことが報告されています。

EVGIワーキンググループが作成した国際規格は以下3つの分野がユースケースとして挙げられており、この国際規格は特定のブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)を指定するというよりも、各ユースケースにおけるデータ属性や機能性の統一に重点が置かれていると説明されています。

  • 車両と電力網の接続(Vehicle to Grid Integration/V2G)
  • 炭素クレジットのトークン化(Tokenized Carbon Credits/TCC)
  • P2Pアプリケーション

MOBIのCOO兼創設者であるTram Vo(トラム・ボー)氏は『この規格は電気自動車と充電エコシステムのあらゆる側面の企業に様々なメリットをもたらす』と述べており、『電気自動車・充電器・電力会社は安全なIDを持ち、標準のメッセージング形式で通信し、充電・生成・交換などのトランザクションを分散型台帳に自動的に記録できる』と説明しています。

ユーザー中心のエネルギーコミュニティを実現

現在エネルギー市場は「大規模な発電所による集中型発電の仕組み」から「風力・太陽光などを活用した分散型発電の仕組み」へと移行しつつありますが、MOBIはこのような変化が起こっている中で『スケーラブルでユーザー中心のエネルギーコミュニティを実現すること』を目標に掲げています。

今回発表されたEVGI規格は『このようなエコシステムを構築するための最初の重要な構成要素の1つ』だとされており、『MOBIはこの規格によって実現されるアプリケーションが、最終的に炭素排出量の削減、交通安全の向上、交通渋滞の軽減、社会的・環境的に有益な多くの成果のサポートに役立つことを期待している』と説明されています。

電気自動車などにブロックチェーン技術を活用する動きは自動車業界で加速してきていますが、大手企業が数多く参加している「MOBI」からグローバルな標準規格が発表されたことによって、業界全体の技術開発が促進されることになると期待されます。

>>「MOBI」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

Solana Mobile:Web3スマートフォン「Saga」リリース|特徴やスペックなども

Solana Mobile:Web3スマートフォン「Saga」リリース|特徴やスペックなども

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

Reddit創業者:Twitterプロフィールを「ビットコイン」に変更|マスク氏に続く

Reddit創業者:Twitterプロフィールを「ビットコイン」に変更|マスク氏に続く

「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

モナコイン活用したChatGPTカードバトルゲーム「モナダム」日本円決済に対応

モナコイン活用したChatGPTカードバトルゲーム「モナダム」日本円決済に対応

わずか1ヶ月で「600億円相当以上のビットコイン」を蓄積|謎のクジラの正体に注目集まる

わずか1ヶ月で「600億円相当以上のビットコイン」を蓄積|謎のクジラの正体に注目集まる

HEXA:NFT活用したWEB3.0型ブログサービス「6ブログ」正式版リリース

HEXA:NFT活用したWEB3.0型ブログサービス「6ブログ」正式版リリース

マウントゴックス:債権者への弁済「近いうちに開始する予定」

マウントゴックス:債権者への弁済「近いうちに開始する予定」

「キャプテン翼 -RIVALS-」運営企業、Astar Networkと戦略的パートナーシップ契約締結

「キャプテン翼 -RIVALS-」運営企業、Astar Networkと戦略的パートナーシップ契約締結

バイナンス元CEO:CZ氏の今後の予定は?保釈の可能性・その後の活動・投資計画など

バイナンス元CEO:CZ氏の今後の予定は?保釈の可能性・その後の活動・投資計画など

Symbol(XYM)アプリ構築の解説本『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』11月18日に発売

Symbol(XYM)アプリ構築の解説本『エンジニアのための実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション』11月18日に発売

Solana大手DEX「Jupiter」JUPエアドロップ枚数の事前確認ページを公開

Solana大手DEX「Jupiter」JUPエアドロップ枚数の事前確認ページを公開

ビットコイン「40,000ドル」に到達|価格上昇の主な要因・専門家の意見を簡単に

ビットコイン「40,000ドル」に到達|価格上昇の主な要因・専門家の意見を簡単に

ゲンスラー氏は役立たずの無能「米SECから仮想通貨業界を守る法案」が可決

ゲンスラー氏は役立たずの無能「米SECから仮想通貨業界を守る法案」が可決

トレンドの新仮想通貨メタケード - プラットフォームにエンバーソードが追加される

トレンドの新仮想通貨メタケード - プラットフォームにエンバーソードが追加される

暗号資産ニュース週間まとめ「BTCの価格上昇予想・JASMYの技術活用報告」など

暗号資産ニュース週間まとめ「BTCの価格上昇予想・JASMYの技術活用報告」など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

NFTゲーム「キャプテン翼RIVALS」とは?TSUGT・TSUBASAUTの特徴・価格情報など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコイン(BTC)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イーサリアム(ETH)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

スイ(SUI)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す