本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

by BITTIMES

サッカー元日本代表の本田 圭佑(ほんだ けいすけ)氏が、クリエイターのデジタル通貨発行を支援している「Rally」のサービスを通じて、ファンとの交流を深めることを目的としたデジタル通貨「KSK HONDAコイン(KSK HONDA Coin/KSK)」を発行することが明らかになりました。

こちらから読む:Kraken、日本居住者向けサービス提供開始「暗号資産」関連ニュース

独自デジタル通貨で「ファンとの交流」を強化

コンテンツクリエイターとコミュニティ向けデジタル通貨の発行を支援している「Rally」は2020年10月22日に、サッカー元日本代表として知られる本田 圭佑(ほんだ けいすけ)氏のデジタル通貨「KSK HONDAコイン(KSK HONDA Coin/KSK)」を発行することを発表しました。

世界的に有名なサッカー選手、本田 圭佑氏のデジタル通貨である「KSK Honda Coin」をローンチできることに興奮しています。彼の発表をチェックして、詳細を知りたい方は「http://Rally.io」にアクセスしてください。

KSK HONDAコイン(KSK HONDA Coin/KSK)は世界中のファンの人々との交流を深めることを目的として発行されるデジタル通貨であり、コイン保有者は無料ボイスチャットアプリである「本田圭佑プライベートチャンネル」に参加して、本田圭佑氏の生活に密着した活動アップデートを見ることができる他、「チャット機能」を通じて本田圭佑氏やメンバー同士でコミュニケーションをとることができるようになります。

また、KSK HONDA Coinの保有者には定期的に特典も付与される予定だと報告されており、『サッカー選手・投資家・企業家としての現在の活動についての考えなども共有していくつもりだ』と説明されているため、同氏のファンにとって非常に魅力的なデジタル通貨になると期待されます。

本田圭佑氏は「KSK HONDA Coin」を発行する理由について『これまでの活動に共感してくれている多くの人々との新たな繋がりが欲しかったからだ』と説明しており、『集まったお金を何に使うかはまだ決まっていませんが「意義のあることに使うこと」「何に使ったかをコイン保有者の皆様に全て開示すること」を約束します』とコメントしています。

僕が「KSK HONDA コイン」をローンチしたのは、僕のこれまでの活動に共感してくれている多くの人々との新たな繋がりが欲しかったからです。今までファンクラブのようなものを作らなかったのは、それがクローズドであり、新しいファンや海外のファンが参加するためには、システム上、ハードルが高かったことが主な理由でした。

今回の試みは新しい技術と仕組みなので、実験的な部分もあり、正直どうなるかイメージできないところもありますが、よりオープンな形でファンと繋がりたいという思いから、Rallyとのプロジェクトを始めることにしました。

具体的には「KSK HONDA コイン」を保有してくれる人への特典を定期的に実施していくつもりです。サッカー選手、投資家、そして起業家として現在の活動についての考えなどを共有できればと思っています。

集まったお金を何に使うかはまだ決まっていませんが、意義のあることに使うこと、何に使ったかを「KSK HONDA コイン」の保有者の皆様に全て開示することを約束します。

>>「プレスリリース」はこちら
>>「Rally」の公式サイトはこちら
>>「KSK HONDA Coin」の購入ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

サムスン証券などの韓国証券会社7社「暗号資産取引所の設立」を準備=報道

サムスン証券などの韓国証券会社7社「暗号資産取引所の設立」を準備=報道

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

UVERworldファンクラブ内で「NFTアイテムの交換」スタート:Fanplus

UVERworldファンクラブ内で「NFTアイテムの交換」スタート:Fanplus

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

CoinMarketCap:暗号資産ニュースを一覧表示する「ヘッドライン機能」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す