総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)が提供するファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」は2020年10月22日に、米国の総合格闘技団体「プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ(Professional Fighters League/PFL)」の公式ファントークンを新たに発行することを発表しました。

こちらから読む:本田圭佑、デジタル通貨"KSK"発行へ「スポーツ」関連ニュース

Socios.com:総合格闘技団体「PFL」と提携

Socios.com(ソシオスドットコム)は2020年10月22日に、米国の総合格闘技団体「プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ(Professional Fighters League/PFL)」の公式ファントークン発行が決定したことを発表しました。

プロフェッショナル・ファイターズ・リーグ(PFL)は総合格闘技の世界では珍しいスポーツ・シーズン制を採用した初のスポーツリーグであり、PFLの選手たちはレギュラーシーズン・プレイオフ・チャンピオンシップを経て100万ドル(約1億円)の賞金を懸けて競い合っています。

世界で最も速く革新的な成長を遂げているスポーツリーグとしても知られている「PFL」は独自の枠組みと選手たちが繰り広げるエキサイティングな試合によって近年急速に人気を高めており、PFLのイベントは米国で看板番組が並ぶ時間帯に「ESP2」と「ESPN+」で生放送されている他、世界160ヶ国のスポーツネットワークでも放送されています。

「PFL」と「Socios.com」は今回の提携の一環として広告活動でも協力するため、Socios.comは「PFLのロゴ」を自社広告に使用することができるようになり、PFLのリングやアリーナ周りにも「Socios.comのロゴ」が掲載されるようになるとのことです。

「投票イベント・コンテスト」などへの参加が可能に

PFL公式ファントークンの保有者は、PFLのレギュラーシーズン・プレイオフ・チャンピオンシップ期間中を通して「Socios.com」で開催される投票イベントやコンテストに参加することができるようになり、ファイターボーナスを与えたり、PFLに関連する様々な報酬を獲得することもできるとされています。

また、将来的には「リーダーボード・チャット・ゲーム」などといった新しい機能も追加される予定となっているため、より洗練されたエンゲージメントを楽しむことができると説明されています。

PFLのCEOであるPeter Murray氏は「Socios.com」との提携について次のようにコメントしています。

技術革新の先端に位置するリーグとして、世界中に存在する4億5000万人以上の総合格闘技ファンの皆様に対して、これまでにない形でPFLと所属選手たちとの距離を縮められる新たなファンエンゲージメントの形を提供できることをとても嬉しく思います。

革新的なファンエンゲージメントに対して、PFLと同じ熱量と情熱を持っているSocios.comと提携を結ぶことができ、これからが非常に楽しみです。FCバルセロナやユベントスといった世界規模のスポーツチームがSocios.comとの提携を通してファンとの関係性を向上する様子を見てきました。私たちも同じように世界中の総合格闘技ファンとの繋がりを深めたいと思っています。

「Chiliz」と「Socios.com」のCEO兼創設者であるAlexandre Dreyfus(アレクサンドル・ドレイファス)氏は「PFL」との提携について次のようにコメントしています。

革新的な総合格闘技団体として知られるプロフェッショナル・ファイターズ・リーグは、私たちが掲げている”最新技術によってファン体験はより素晴らしいものになる”という信念を共有してくれました。

総合格闘技のファンベースはもはやグローバルであり、年齢層が若く、情熱的でデジタル分野への理解が深いため、PFLと共にユニークなファンエンゲージメントの形を作り上げ、スポーツリーグ(クラブ)とファンとの関わり方に変化をもたらしていきたいと考えています。

PFLが発行する公式ファントークンの名称・供給量・価格・公開時期などといった詳細情報は『後日改めて発表する』と説明されているため、今後の新たな発表にも注目です。

>>「Socios.com」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル社 COO:企業との契約「100社を超える」と明かす|水面下で急速に拡大

リップル社 COO:企業との契約「100社を超える」と明かす|水面下で急速に拡大

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

イタリア:ブロックチェーン技術で「デジタル学位証明書」を発行

イタリア:ブロックチェーン技術で「デジタル学位証明書」を発行

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

SBI VCトレード:貸暗号資産「VCTRADE LENDING」サービス開始

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

運用資産28兆円の米投資会社「Guggenheim」ビットコイン投資を検討

運用資産28兆円の米投資会社「Guggenheim」ビットコイン投資を検討

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

ふるさと本舗 × bitFlyer「ふるさと納税でビットコインがもらえる」キャンペーン開催

ロシア最大の国有銀行「デジタル資産関連サービス」を検討|独自通貨Sbercoinも計画

ロシア最大の国有銀行「デジタル資産関連サービス」を検討|独自通貨Sbercoinも計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す