BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」が、米国居住者による「Binance.com」へのアクセス制限を強化し始めたことが「TheBlock」の報道で明らかになりました。BINANCEは"過去のIPアドレスが米国に関連しているユーザー"に対して『90日以内にアカウントから資産を移動するように』と促しています。

こちらから読む:伝説の投資家、"主要銀行のBTC投資開始"を予想「暗号資産」関連ニュース

本家「Binance.com」へのアクセス制限を強化

BINANCE(バイナンス)米国の規制に準拠するために2019年7月に米国ユーザーへのサービス提供を終了し、米国向けの暗号資産取引所である「Binance US」を立ち上げてサービスを提供していましたが、「TheBlock」の報道によると「Binance.com」の公式サイトでは現時点でも『米国居住者ではない』をクリックするだけで米国居住者でもアカウントを作成することができる状態になっているとのことです。

しかしながら「BINANCE」は現在、IPアドレスを基にして米国居住者とみられるユーザーに対して"サービス利用中止"を呼びかけるメールを送信しているとのことで、送信されているメールには以下のような内容が記されていると報告されています。

過去に接続したIPアドレスによって、お客様のアカウントが米国に関連している可能性があることが判明しました。規制要件に沿って、米国市民または居住者にサービスを提供することはできません。

米国市民または居住者である場合には、90日以内にアカウントから資産を出金し、「Binance US」または「その他の米国プラットフォーム」の利用を検討してください。

ここ最近では「グローバルにサービスを提供している暗号資産取引所」に対する米国の取り締まりが強化されてきており、今年10月には大手暗号資産取引所「BitMEX(ビットメックス)」や同社の元CEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏などが『未登録のまま暗号資産取引サービスを提供し続けていること』などを理由に「米司法省(DOJ)」と「米商品先物取引委員会(CFTC)」から告発を受けています。

今回の報告によると、BINANCEの本家取引所である「Binance.com」も比較的簡単な方法で米国居住者が利用できる状態になっていたと考えられるため、BINANCEはBitMEXなどの事例を受けて米国居住者へのアクセス制限を強化したとみられています。

BINANCEが米国ユーザー向けに提供している取引所「Binance US」では以下のような50種類以上の暗号資産が取り扱われていますが、「Binance.com」が取り扱っている暗号資産全てには対応していないため、今回のアクセス制限強化によって「Binance US」で取り扱われていないその他のアルトコインで売りが増加する可能性もあると予想されます。

【Binance USが取扱う暗号資産(2020年11月10日時点)】
ADA、ALGO、ATOM、BAND、BAT、BCH、BNB、BTC、BUSD、COMP、DAI、DASH、DOGE、EGLD、ENJ、EOS、ETC、ETH、HBAR、HNT、ICX、IOTA、KNC、LINK、LTC、MANA、MATIC、MKR、NANO、NEO、OMG、ONE、ONT、OXT、PAXG、QTUM、REP、RVN、SOL、STORJ、UNI、USDC、USDT、VET、VTHO、WAVES、XLM、XRP、XTZ、ZEC、ZIL、ZRX

>>「TheBlock」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

シンガポール中銀が仮想通貨に新たな規制を検討

シンガポール中銀が仮想通貨に新たな規制を検討

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

Manchester City FCがブロックチェーン企業と提携|韓国・日本などで公式ゲーム提供へ

仮想通貨複数に長期投資「アメフト界のスター」Richard Sherman

仮想通貨複数に長期投資「アメフト界のスター」Richard Sherman

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

OpenSea「ユーザーのメールアドレス漏洩」を報告|フィッシング詐欺などに要注意

OpenSea「ユーザーのメールアドレス漏洩」を報告|フィッシング詐欺などに要注意

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月19日〜25日

音声NFTマーケットプレイス「Echo NFT」β版公開|MATICがもらえるキャンペーンも

音声NFTマーケットプレイス「Echo NFT」β版公開|MATICがもらえるキャンペーンも

Chiliz&Socios:ブラジルeスポーツ初「MIBR」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルeスポーツ初「MIBR」と提携|公式ファントークン発行へ

日本暗号資産取引業協会「仮想通貨の上場前審査撤廃」を検討=ブルームバーグ報道

日本暗号資産取引業協会「仮想通貨の上場前審査撤廃」を検討=ブルームバーグ報道

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

CoinBest:販売所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱い開始

Huobi Japan:ビットコインSV(BSV)の取扱開始日時を発表【国内初上場】

Huobi Japan:ビットコインSV(BSV)の取扱開始日時を発表【国内初上場】

ビットコイン「価格暴落の歴史」まとめ|下落理由・備えるための対策も

ビットコイン「価格暴落の歴史」まとめ|下落理由・備えるための対策も

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す