米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

by BITTIMES   

44億ドル(約4,600億円)もの純資産を有する米国の著名投資家Stanley Druckenmiller(スタンリー・ドラッケンミラー)氏は、CNBCのインタビューに応じた際に自身が仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を保有していることを明らかにしました。同氏は以前までビットコインに対して否定的な態度を示していましたが、現在はビットコインの"価値の保存手段としての可能性"を認めています。

「価値の保存手段」としての可能性を評価

Stanley Druckenmiller(スタンリー・ドラッケンミラー)氏は、120億ドル(約1.3兆円)もの資産を有する資産運用会社「Duquesne Capital」の創業者として知られる米国の著名な投資家であり、"イングランド銀行を潰した男"とも呼ばれる世界3大投資家の1人George Soros氏(ジョージ・ソロス)の右腕としても知られています。

同氏は2019年6月に『ビットコインに価値があることが理解できない』といったコメントを語るなど、"ビットコインに対して否定的な人物の1人"として知られていましたが、今回の報道ではドラッケンミラー氏が意見を変え、ビットコインを実際に保有していることが明らかになりました。

ドラッケンミラー氏は「具体的にどれくらいのBTCを保有しているか」については明かしていないものの、ビットコインが"価値の保存手段"としての可能性を有していることは認めており、『ビットコインはミレニアル世代・シリコンバレー企業の両方にとって"価値の保存手段"としての魅力が高い。日を追うごとにブランドとしての安定性が増してきている』とコメントしています。

ビットコインは数年前まで『若者の間で特に人気が高い』と報告されていましたが、最近では「MicroStrategy」や「Square」などといった大手企業もビットコインを購入し始めているため、ドラッケンミラー氏はこのようなことを考慮して今回の発言を行なっていると考えられます。

ドラッケンミラー氏は現時点でビットコインよりも金(ゴールド)に多く投資していることを明かしているものの、「ビットコインの供給量が明確に定められていること」や「金とビットコインの相関性が高いこと」などを理由に『もしも金への投資が成功するのであれば、ビットコインへの投資の方がより成功するだろう』との見解を示しています。

ビットコイン(BTC)を「価値の保存手段」として評価する声は徐々に強まってきており、先日は世界的に有名なアメリカの投資家Bill Miller(ビル・ミラー)氏が『最終的には全ての主要な大手銀行・投資銀行・富裕層がBTCなどの資産に投資することになるだろう』との考えを語ったことなども報告されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

ビットコインキャッシュの「半減期」到来|その後の価格変動は?

ビットコインキャッシュの「半減期」到来|その後の価格変動は?

【アーティスト・俳優】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

【アーティスト・俳優】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

ワールドコインの虹彩認証装置Orb「Apple風デザインの新製品」が2024年前半に登場?

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す