LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

by BITTIMES

LINE(ライン)は2020年11月10日に、暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開している「LVC株式会社」が、 LINEのサービス内で提供されているデジタルアセット管理ウォレット「BITMAX Wallet(ビットマックスウォレット)」に新しく"ブロックチェーンサービス(DApps)リスト"が追加されたことを発表しました。

こちらから読む:My Crypto Heroes、ガバナンストークン発行開始「国内ニュース」

ブロックチェーンサービス(DApps)に簡単アクセス

LINE(ライン)のサービス内で提供されている暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」などを運営している「LVC株式会社」は2020年11月10日に、デジタルアセット管理ウォレット「BITMAX Wallet」に新しく"ブロックチェーンサービスリスト"を追加したことを発表しました。

「BITMAX Wallet(ビットマックスウォレット)」とは、2020年8月に提供開始されたデジタル資産を管理することができるブロックチェーンウォレットであり、ユーザーは「LINE ID」だけで簡単にウォレットを作成できるだけでなく、ブロックチェーンサービス(DApps)のトークンやアイテムなどのデジタル資産をまとめて管理したり、1つのウォレットで様々なブロックチェーンサービスを利用したり、LINEの友だちとデジタル資産を交換したりすることができるようになっています。

今回新たに追加された「ブロックチェーンサービスリスト」は、LINEの独自ブロックチェーンである「LINE Blockchain」を基盤としたブロックチェーンサービス(DApps)を簡単に見つけることができるリストであり、「BITMAX Wallet」の「その他」タブからアクセスすることが可能となっています。

「BITMAX Wallet」→「その他」→「ブロックチェーンサービス」にアクセス(画像:LINE Blockchain JP)「BITMAX Wallet」→「その他」→「ブロックチェーンサービス」にアクセス(画像:LINE Blockchain JP)

サービス一覧から各サービスをタップすると「各サービスの紹介ページ」に移動するため、このページからブロックチェーンサービスの公式ページにアクセスしたり、アプリのダウンロードページに移動することができます。

また「BITMAX Wallet」のトークンタブ下部にはユーザーが保有していないトークンが表示されるようになっているため、それらのトークンをタップしてそのトークンが使用できるサービスを表示させることも可能となっています。

トークンタブからトークンが使用できるサービスを表示させることも可能(画像:LINE Blockchain JP)トークンタブからトークンが使用できるサービスを表示させることも可能(画像:LINE Blockchain JP)

LINEは今後も様々なサービスを追加する予定だと説明しており『ユーザーがBITMAX Walletを経由して色々なブロックチェーンサービスにアクセスできるポータルを目指していく』と説明しています。

なお「BITMAX Wallet」のサービスは「LINE」アプリを最新版にアップデートして、「ホーム画面」の「サービス欄」で「+ボタン」をタップ後、「BITMAX Wallet」を追加することによって使用することができます。

>>「LINE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

ソーラーエネルギーの「ブロックチェーンP2P取引」をテスト:インド国営電力会社

ソーラーエネルギーの「ブロックチェーンP2P取引」をテスト:インド国営電力会社

JPMorgan COO「ビットコイン取引提供の可能性」について言及

JPMorgan COO「ビットコイン取引提供の可能性」について言及

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

ジョン・マカフィー:プライバシー重視の「携帯電話データ通信サービス」を発表

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

日本円ステーブルコインJPYC「Polygon・xDAI」に対応|手数料高騰問題に対処

日本円ステーブルコインJPYC「Polygon・xDAI」に対応|手数料高騰問題に対処

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit(オーバービット)」とは?基本情報・特徴・登録方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

スイス・ツーク州:税金支払い手段で「仮想通貨決済」を正式採用|BTC・ETHの2銘柄

スイス・ツーク州:税金支払い手段で「仮想通貨決済」を正式採用|BTC・ETHの2銘柄

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

NEM「Symbol公開前後のイベントスケジュール・カウントダウンページ」公開

NEM「Symbol公開前後のイベントスケジュール・カウントダウンページ」公開

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

イーロン・マスク氏:ドージコイン大量保有者の「売却」望む|DOGE集中化を問題視

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

Zaif(ザイフ)「NEM時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開始

Zaif(ザイフ)「NEM時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す