複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

by BITTIMES   

暗号資産決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」は2020年11月12日に、複数の送金先に自動で同時決済することができる企業向けの一括支払いサービス「BitPay Send(ビットペイ・センド)」の提供を開始したことを発表しました。これによって企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになると説明されています。

こちらから読む:ベラルーシ大手銀行、仮想通貨取引サービス開始「暗号資産」関連ニュース

暗号資産の支払いをより簡単かつ短時間で

BitPay(ビットペイ)が新たに提供を開始した「BitPay Send(ビットペイ・センド)」は、暗号資産を自社で保有したり処理したくない組織が複数の送金先に自動で同時決済することができる企業向けの一括支払いサービスとなっています。

このサービスを利用することによって、企業は「社員への仮想通貨を用いた給与支払い」や「取引先や関連会社への支払い」「顧客へのキャッシュバック・リワードプログラム」などをより簡単に行うことができるようになり、処理時間を数日から数分に短縮することができると伝えられています。

BitPay Send(ビットペイ・センド)は現在、225ヵ国で利用可能となっているものの、暗号資産を受け取る全ての受信者は「KYC(顧客確認)の手続きを完了したBitPay ID」と「暗号資産ウォレット」を所有している必要があるとのことです。

このサービスを既に採用しているアフィリエイト関連の広告プラットフォーム「AdGateMedia」のDan Sapozhnikov社長は「BitPay Send」の利点について次のように説明しています。

ビットコインによる支払いを希望するアフィリエイトは多く、銀行口座を保有することが困難な北米・ヨーロッパ以外を拠点する人々の間で特に多く求められています。私たちにとっての最大の課題の1つは『暗号資産を購入・保有したくない』ということでしたが『BitPayにそのリスクを管理してもらうことができる』という点は「BitPay Send」を選ぶ際の重要な要素となりました。

このサービスを統合するためにBitPayチームと協力しましたが、支払いの準備が出来たらボタンを押すだけでよかったので、導入するためのトレーニングは最小限で済みました。「BitPay Send」を使用すると、数日ではなく"数分"でアフィリエイトの支払いを受け取ることができます。

また「BitPay」のCEOであるStephen Pair氏は「BitPay Send」の利点について『企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになる』と説明しています。

ブロックチェーン決済を導入すると、世界規模で簡単に送受金を処理することができるようになるため、ブロックチェーン決済の採用は拡大しています。

従来の国際的な支払いは、面倒で、費用がかかり、時間もかかります。「BitPay Send」を使用すると、企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになります。

2011年に設立された米国企業である「BitPay(ビットペイ)」は、仮想通貨決済プロバイダー大手としての地位を築いており、今年8月には米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」との連携を強化して、CoinbaseユーザーがBitPay対応の加盟店で暗号資産を直接利用できるようにしたことなども発表しています。

>>「BitPay」の公式発表はこちら
>>「BitPay Send」の詳細はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

BINANCE:テゾス(Tezos/XTZ)の「先物取引」提供へ

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

日本セキュリティトークン協会に「Tezos Japan一般社団法人」が参加

日本セキュリティトークン協会に「Tezos Japan一般社団法人」が参加

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

米国家安全保障局がビットコインのブロックチェーンを監視?

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Twitter:ビットコインも送れる投げ銭機能「Tips」を導入

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

Huobi Japan「API性能が5倍に向上」より高頻度な売買にも対応可能に

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

エルサルバドル大統領「火山エネルギー用いたビットコインマイニング施設」の動画公開

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す