複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

by BITTIMES   

暗号資産決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」は2020年11月12日に、複数の送金先に自動で同時決済することができる企業向けの一括支払いサービス「BitPay Send(ビットペイ・センド)」の提供を開始したことを発表しました。これによって企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになると説明されています。

こちらから読む:ベラルーシ大手銀行、仮想通貨取引サービス開始「暗号資産」関連ニュース

暗号資産の支払いをより簡単かつ短時間で

BitPay(ビットペイ)が新たに提供を開始した「BitPay Send(ビットペイ・センド)」は、暗号資産を自社で保有したり処理したくない組織が複数の送金先に自動で同時決済することができる企業向けの一括支払いサービスとなっています。

このサービスを利用することによって、企業は「社員への仮想通貨を用いた給与支払い」や「取引先や関連会社への支払い」「顧客へのキャッシュバック・リワードプログラム」などをより簡単に行うことができるようになり、処理時間を数日から数分に短縮することができると伝えられています。

BitPay Send(ビットペイ・センド)は現在、225ヵ国で利用可能となっているものの、暗号資産を受け取る全ての受信者は「KYC(顧客確認)の手続きを完了したBitPay ID」と「暗号資産ウォレット」を所有している必要があるとのことです。

このサービスを既に採用しているアフィリエイト関連の広告プラットフォーム「AdGateMedia」のDan Sapozhnikov社長は「BitPay Send」の利点について次のように説明しています。

ビットコインによる支払いを希望するアフィリエイトは多く、銀行口座を保有することが困難な北米・ヨーロッパ以外を拠点する人々の間で特に多く求められています。私たちにとっての最大の課題の1つは『暗号資産を購入・保有したくない』ということでしたが『BitPayにそのリスクを管理してもらうことができる』という点は「BitPay Send」を選ぶ際の重要な要素となりました。

このサービスを統合するためにBitPayチームと協力しましたが、支払いの準備が出来たらボタンを押すだけでよかったので、導入するためのトレーニングは最小限で済みました。「BitPay Send」を使用すると、数日ではなく"数分"でアフィリエイトの支払いを受け取ることができます。

また「BitPay」のCEOであるStephen Pair氏は「BitPay Send」の利点について『企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになる』と説明しています。

ブロックチェーン決済を導入すると、世界規模で簡単に送受金を処理することができるようになるため、ブロックチェーン決済の採用は拡大しています。

従来の国際的な支払いは、面倒で、費用がかかり、時間もかかります。「BitPay Send」を使用すると、企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになります。

2011年に設立された米国企業である「BitPay(ビットペイ)」は、仮想通貨決済プロバイダー大手としての地位を築いており、今年8月には米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」との連携を強化して、CoinbaseユーザーがBitPay対応の加盟店で暗号資産を直接利用できるようにしたことなども発表しています。

>>「BitPay」の公式発表はこちら
>>「BitPay Send」の詳細はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シンガポール中銀が仮想通貨に新たな規制を検討

シンガポール中銀が仮想通貨に新たな規制を検討

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

暗号資産で「金・銀」が取引可能に|仮想通貨取引所Bitpanda、新サービスを発表

暗号資産で「金・銀」が取引可能に|仮想通貨取引所Bitpanda、新サービスを発表

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

Liquid Global:日本円ステーブルコイン「GYEN」取り扱いへ【世界初】

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドージコイン(DOGE)Google検索数で「ビットコイン」上回る【歴史上初】

ドージコイン(DOGE)Google検索数で「ビットコイン」上回る【歴史上初】

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

Tesla(テスラ)「保有するビットコインの10%」を売却|流動性の高さを賞賛

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

BINANCE(バイナンス)の登録方法・新規口座開設の手順|画像付きでわかりやすく解説

BINANCE(バイナンス)の登録方法・新規口座開設の手順|画像付きでわかりやすく解説

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

SBI証券:国内初「一般投資家向けSTO」実施へ|XRP特典付きのデジタル社債を発行

SBI証券:国内初「一般投資家向けSTO」実施へ|XRP特典付きのデジタル社債を発行

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

Coinbase Walletで「ORBS(オーブス)のステーキング」が利用可能に

Coinbase Walletで「ORBS(オーブス)のステーキング」が利用可能に

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の出金」が可能に

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

送金アプリVenmo:暗号資産4銘柄の取引機能「Crypto on Venmo」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す