複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

by BITTIMES   

暗号資産決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」は2020年11月12日に、複数の送金先に自動で同時決済することができる企業向けの一括支払いサービス「BitPay Send(ビットペイ・センド)」の提供を開始したことを発表しました。これによって企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになると説明されています。

暗号資産の支払いをより簡単かつ短時間で

BitPay(ビットペイ)が新たに提供を開始した「BitPay Send(ビットペイ・センド)」は、暗号資産を自社で保有したり処理したくない組織が複数の送金先に自動で同時決済することができる企業向けの一括支払いサービスとなっています。

このサービスを利用することによって、企業は「社員への仮想通貨を用いた給与支払い」や「取引先や関連会社への支払い」「顧客へのキャッシュバック・リワードプログラム」などをより簡単に行うことができるようになり、処理時間を数日から数分に短縮することができると伝えられています。

BitPay Send(ビットペイ・センド)は現在、225ヵ国で利用可能となっているものの、暗号資産を受け取る全ての受信者は「KYC(顧客確認)の手続きを完了したBitPay ID」と「暗号資産ウォレット」を所有している必要があるとのことです。

このサービスを既に採用しているアフィリエイト関連の広告プラットフォーム「AdGateMedia」のDan Sapozhnikov社長は「BitPay Send」の利点について次のように説明しています。

ビットコインによる支払いを希望するアフィリエイトは多く、銀行口座を保有することが困難な北米・ヨーロッパ以外を拠点する人々の間で特に多く求められています。私たちにとっての最大の課題の1つは『暗号資産を購入・保有したくない』ということでしたが『BitPayにそのリスクを管理してもらうことができる』という点は「BitPay Send」を選ぶ際の重要な要素となりました。

このサービスを統合するためにBitPayチームと協力しましたが、支払いの準備が出来たらボタンを押すだけでよかったので、導入するためのトレーニングは最小限で済みました。「BitPay Send」を使用すると、数日ではなく"数分"でアフィリエイトの支払いを受け取ることができます。

また「BitPay」のCEOであるStephen Pair氏は「BitPay Send」の利点について『企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになる』と説明しています。

ブロックチェーン決済を導入すると、世界規模で簡単に送受金を処理することができるようになるため、ブロックチェーン決済の採用は拡大しています。

従来の国際的な支払いは、面倒で、費用がかかり、時間もかかります。「BitPay Send」を使用すると、企業は暗号通貨を購入・所有・管理することなく大量の支払いを行うことができるようになり、受信者はより迅速かつ低コストで支払いを受け取ることができるようになります。

2011年に設立された米国企業である「BitPay(ビットペイ)」は、仮想通貨決済プロバイダー大手としての地位を築いており、今年8月には米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」との連携を強化して、CoinbaseユーザーがBitPay対応の加盟店で暗号資産を直接利用できるようにしたことなども発表しています。

>>「BitPay」の公式発表はこちら
>>「BitPay Send」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Mercoin(メルコイン)ブロックチェーン分析企業「Basset」の全株式を取得

Mercoin(メルコイン)ブロックチェーン分析企業「Basset」の全株式を取得

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

2019年:ビットコイン価格は「220万円」を超える|ウォール街の重鎮が強気な理由

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

暗号資産取引所FTX「NFTマーケットプレイス」公開|オリジナルグッズなども出品

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

coinbase:初の「公認仮想通貨取引所」有価証券トークンの取扱が可能に

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

コインチェック:BRILのIEO「過去最高の申込金額」を記録|NFT先着販売は明日から

犬系ミームコイン「PlayDoge」先行販売で1週間で180万ドルを調達!次の注目仮想通貨となるか?

犬系ミームコイン「PlayDoge」先行販売で1週間で180万ドルを調達!次の注目仮想通貨となるか?

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

トランプ前大統領「ビットコインマイニングに関する円卓会議」開催か

Space and Time:1秒未満のZK証明システムをオープンライセンスでリリース

Space and Time:1秒未満のZK証明システムをオープンライセンスでリリース

注目されるボンク、ドッグウィズハット、ミームネーター|2024年ミームコイン市場で王座を狙う

注目されるボンク、ドッグウィズハット、ミームネーター|2024年ミームコイン市場で王座を狙う

Binance Labs:クロスチェーン分散型取引所「Rango」に投資|DeFiの成長を促進

Binance Labs:クロスチェーン分散型取引所「Rango」に投資|DeFiの成長を促進

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

Shibarium採用の「Web3版Shiba Eternity」2024年Q3にクローズドベータ版リリース予定

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

仮想通貨の下落が続く中、新しい犬キャラクターのミームコインがプレセールで大躍進

仮想通貨の下落が続く中、新しい犬キャラクターのミームコインがプレセールで大躍進

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

Dogwifhat、Tron、Rebel Satoshi(RBLZ)は成長が期待できる仮想通貨?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す