コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は11月10日に「取扱い暗号資産に関する参考情報(2020年11月版)」を公開しました。コインチェックはこの資料の中で"同社が取り扱っている一部の暗号資産に流動性が劣っているものなどがあること"を報告しており、『今後、外部環境の変化や流動性の観点等で変化が⽣じた場合には、取扱暗号資産・取扱⽅法について⾒直しを⾏う可能性がある』と説明しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

価格変動性・流動性などの観点から注意喚起

Coincheck(コインチェック)は記事執筆時点で以下14種類の暗号資産を取り扱っていますが、2020年11月10日にはこれらの暗号資産の「時価総額・変動性・取扱業者数(Pair数)・国内暗号資産業者数・当社分比率」などのデータをまとめた「取扱い暗号資産に関する参考情報(2020年11月版)」が公開されました。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(Ripple/XRP)
ネム(NEM/XEM)
リスク(Lisk/LSK)
ファクトム(Factom/FCT)
モナコイン(Monacoin/MONA)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
クアンタム(Qtum/QTUM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)
アイオーエスティー(IOST/IOST)

コインチェックは今回公開した資料の中で、これらの暗号資産の一部に「相対的に時価総額が⼩さく価格変動性(ボラティリティ)が⾼めに推移している暗号資産」や「取扱っている取引所が限られることから相対的に流動性の⾯で劣っている暗号資産」が含まれていることを説明しており、『それらの暗号資産を取引する場合には一層注意するように』と注意を促しています。

さらに同社は『今後、外部環境の変化や流動性の観点等で変化が⽣じた場合には、当社における取扱暗号資産・取扱⽅法について⾒直しを⾏う可能性がある』とも説明しているため、これらの暗号資産で流動性がさらに低下した場合などには"コインチェックでの取り扱い"が終了となる可能性もあると予想されます。

国内外で取扱いの少ない暗号資産がコインチェックに集中

コインチェックが公開した暗号資産の情報は以下の通りであり、国内外の暗号資産取引所で広く取り扱われている暗号資産ではコインチェック保有分の割合が低いのに対して、国内外の暗号資産取引所での取り扱いが少ない暗号資産ではコインチェック保有分の割合が高くなっていることがわかります。

なお、この資料における「当社分」とは"暗号資産の時価総額に対するコインチェック利用者保有分とコインチェック保有分の合算額の割合"を示しています。

(画像:Coincheck)(画像:Coincheck)

時価総額が低く、取り扱う暗号資産取引所の数も少ない暗号資産では「価格変動性(ボラティリティ)」が高まる傾向にあるため、LSK・IOST・FCTなどといった変動性が5%を上回っている暗号資産を取引する場合には、急激な価格変動に警戒が必要であると考えられます。

LSKやIOSTに関しては「取扱業者数(Pair数)」が50以上となっているため、比較的多くの取引所で取引されていると考えられますが、FCTに関しては時価総額も少なく、取扱業者数も10未満とされているため、特に警戒が必要であると考えられます。

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:トルコの大手銀行「Akbank」を直接サポート|仲介業者なしで入出金可能に

BINANCE:トルコの大手銀行「Akbank」を直接サポート|仲介業者なしで入出金可能に

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

ビットバンク「iOSアプリのウィジェット機能」をアップデート|ホーム画面に価格表示

ビットバンク「iOSアプリのウィジェット機能」をアップデート|ホーム画面に価格表示

Tether社:アルゼンチンの中央市場で「USDT取引」を推進

Tether社:アルゼンチンの中央市場で「USDT取引」を推進

Cool Wallet開発企業「Startup Island TAIWANのNEXT BIG」に選出|日本での事業展開も加速

Cool Wallet開発企業「Startup Island TAIWANのNEXT BIG」に選出|日本での事業展開も加速

注目度の高い仮想通貨ニュース

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

Solana系の最新ミームコインDogWifCat、24時間で3,000%以上の価格高騰

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

Dogecoin20がプレセールで1000万ドル調達に成功!4月20日の国際ドージデーにローンチ予定

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す