Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が「PayString(ペイストリング)」と呼ばれる新しい商標登録を申請していることが「米国特許商標庁(USPTO)」が公開した資料によって明らかになりました。

こちらから読む:コインチェック、取扱い通貨の参考情報を公開「暗号資産」関連ニュース

共通送金規格「PayID」関連の新サービスか?

米国特許商標庁(USPTO)が公開した資料によると、Ripple(リップル)社は現在「PayString(ペイストリング)」と呼ばれる新しい商標登録を申請しています。

PayString(ペイストリング)の詳細情報は明らかにされていないものの、この申請書類は「広告とビジネス」と「保険と金融」の一般カテゴリに分類されており、ユースケースについては以下のような電子金融サービスの様々な範囲をカバーすると説明されています。

  • 送金のための法定通貨やデジタル通貨の使用
  • 法定通貨およびデジタル通貨での電子決済
  • 法定通貨とデジタル通貨の交換サービス
  • 金融取引検証サービス
  • 電子通信ネットワークを介してデジタル通貨を送金するための管理サービス

具体的なサービス内容に関する情報は今回公開された資料の中には記載されていないためサービスの詳細は不明となっていますが、「PayString」のロゴマークはRipple社が主導している金融機関・非営利団体などが参加する企業連合「Open Payments Coalition」が立ち上げた共通送金規格「PayID」のロゴに類似しているため、「PayString」は「PayID」に関連したものである可能性が高いと予想されています。

「PayID」のロゴ(画像:USPTO)「PayID」のロゴ(画像:USPTO)

「PayString」のロゴ(画像:USPTO)「PayString」のロゴ(画像:USPTO)

「PayID」は異なる企業のサービス間などで手軽に送金することができる"世界共通の送金ID"として機能するオープンソースの支払い識別子であり、「PayID」を使用すれば利用するプロバイダーを問わずに家族や友人にメールを送るのと同じように簡単に送金することができると説明されていました。

「PayID」の開発に取り組んでいる「Open Payments Coalition」の創設メンバーには「BitGoBitPayBraveCoilHuobi」などといった大手暗号資産取引所・カストディアン・ウォレットプロバイダーなどを含む40以上の企業・団体が含まれており、"世界初のグローバル統一規格"として注目を集めていたため、それに関連すると予想される「PayString」の詳細にも注目が集まっています。

>>「米国特許商標庁」が公開した資料はこちら

2020年11月14日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月3日に24円付近まで下落したものの、その後は徐々に回復してきており、2020年11月14日時点では「1XRP=27.70円」で取引されています。

2020年10月15日〜2020年11月14日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月15日〜2020年11月14日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Amazon:ブロックチェーン基盤の「商品認証システム」で特許取得

Amazon:ブロックチェーン基盤の「商品認証システム」で特許取得

ORBS(オーブス):カカオの子会社の「Ground X」と提携|韓国市場に参入

ORBS(オーブス):カカオの子会社の「Ground X」と提携|韓国市場に参入

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

Squareの決済アプリCash App「ビットコイン自動定期購入機能」を追加

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

独大手証券取引所:ビットコイン取引サービスを「一般投資家」向けに提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

BITMAX(ビットマックス)「固定期間型の暗号資産貸出サービス」提供へ

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

暗号資産取引所FTX:Zoom・Uber・Squareなど「株式トークン9銘柄」を追加

暗号資産取引所FTX:Zoom・Uber・Squareなど「株式トークン9銘柄」を追加

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインが貰える「サービス開始1周年記念キャンペーン」開始

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

BINANCE「BitcoinCash Node」と「BitcoinCash ABC」両通貨の取引サービス開始

BINANCE「BitcoinCash Node」と「BitcoinCash ABC」両通貨の取引サービス開始

自民党に「仮想通貨の税制改正要望書」を提出:日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)

自民党に「仮想通貨の税制改正要望書」を提出:日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

ビットコインを組み合わせた「確定拠出年金プラン」提供へ:資産運用会社DAiM

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

三菱UFJ:ブロックチェーン用いた「高速・大容量の決済基盤」提供へ|米アカマイと協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す