【速報】ビットコイン価格「ついに200万円突破」過去最高値更新も現実的に

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は2020年11月24日23時30分頃に200万円を突破しました。ビットコインは歴史上、過去最高値更新後に大幅な価格高騰を見せていましたが、2017年末に記録したビットコインの過去最高値約240万円は今や目前に迫ってきているため今後数日〜数週間の動きにも注目です。

こちらから読む:イーサリアム2.0、12月1日公開へ「暗号資産」関連ニュース

BTC価格「過去最高値目前」にまで回復

ビットコイン(BTC)の価格は今年3月に50万円付近まで下落して以降は順調に上昇し続けていましたが、2020年11月24日の23時30分頃には2017年末の過去最高値目前となる200万円のラインを突破しました。

2020年11月18日〜2020年11月25日 BTC/JPYのチャート(画像:CoinGecko)2020年11月18日〜2020年11月25日 BTC/JPYのチャート(画像:CoinGecko)

なお現在ビットコイン価格は暗号資産取引所によって大きな違いがあるようで、「CoinGecko」や「CoinMarketCap」などのデータでは200万円を突破しているものの、Coincheck(コインチェック)bitbank(ビットバンク)bitFlyer(ビットフライヤー)などといった日本国内の主要な暗号資産取引所では記事執筆時点でも190万円台での推移が続いています。

ビットコイン価格は今年10月頃から大幅な上昇を続けているため、短期的にみると調整で一度下落する可能性はあると考えられるものの、長期的にみれば過去最高値である約240万円のラインを突破する可能性は高まってきていると見られます。

ただし、過去最高値付近である220万円〜240万円の価格帯は投資家やトレーダーの間で"主要な抵抗線"として意識されている可能性が高いため今後も短期的な価格急落には警戒が必要です。

今後の注目ポイントは「220万円〜240万円付近の価格帯を突破することができるか?」になると考えられますが、ビットコインは歴史上、過去最高値を突破した後に大幅な価格高騰を見せる傾向にあるため、今後の値動きには注目が集まります。

過去最高値更新後の価格予想に関しては「300万円、500万円、1,000万円、3,000万円」などといったように様々な予想がでていますが、大手企業のビットコイン市場参入などを理由に『1BTC=1,000万円超え』を予想する専門家も増えてきているため、1,000万円付近を目標としている個人投資家も多いと予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

BINANCEの「入出金・取引手数料」や「アカウントレベル」について解説

BINANCEの「入出金・取引手数料」や「アカウントレベル」について解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

仮想通貨格付け「史上初の最高評価」価格上昇率は160%超え:Weiss Ratings

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す