ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)の価格予想などを行う際には、過去最高値などが主要な「レジスタンスライン(抵抗線)」として重要視されていますが、著名な経済ジャーナリストであるMax Keiser(マックス・カイザー)氏は2020年8月1日のツイートで『ビットコイン(BTC)の過去最高値2万ドル(約212万円)は抵抗線として機能しない』と語り、そのまま28,000ドル(約296万円)まで急騰すると予想しています。

こちらから読む:BTCV価格、50,000円台に突入「暗号資産」関連ニュース

28,000ドル到達後は「10万ドル」に向けて再上昇

Max Keiser(マックス・カイザー)氏は金融市場の分析やニュース配信などを行なっている「Keiser Report(カイザー・レポート)」でホストを務めていることなどで知られるアメリカ出身の著名な金融・経済ジャーナリストであり、暗号資産業界ではビットコイン(BTC)を特に強く支持している"ビットコイン強気派"としても知られています。

ビットコイン(BTC)などの暗号資産を含めた様々な資産では「過去最高値」や「以前の高値」などに到達したタイミングで大量の売り注文が入り、価格下落が起こることが多いため、そのような過去最高値や高値は"主要なレジスタンスライン(抵抗線)"として重要視されていますが、マックス・カイザー氏は2020年8月1日のツイートで『ビットコインの過去最高値20,000ドル(約212万円)は抵抗線として機能しない』と語っています。

マックス・カイザー氏は『28,000ドル(約296万円)までビットコインに抵抗線はない』と述べており、28,000ドル到達後には短期的な調整はあるものの、ビットコインは新たな勢いで10万ドル(約1,058万円)に向けた上昇を開始すると語っています。

ビットコインにおける20,000ドル付近の価格帯は抵抗線にはならないでしょう。28,000ドルまで抵抗はありません。短期的な調整はあるものの、その後は新たな勢いを持って100,000ドルへの攻撃を開始します。

ビットコインの価格予想で「1BTC=1,000万円超え」を予想する意見は増えてきており、最近では仮想通貨分析企業「Blockfyre(ブロックファイア)」の共同創設者でありながらトレーダー&アナリストとしても知られるSimon Dedic(サイモン・デディック)氏も今年6月に『ビットコインは15万ドル(約1,590万円)になる』と予想しています。

ビットコイン価格は先日2日に129万円付近まで回復した後にわずか30分ほどで116万円付近まで急落したものの、長期的な回復傾向は続いているため、今後の動きにも注目です。

2020年8月3日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(BTC)の価格は先日2日に116万円付近まで急落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年8月3日時点では「1BTC=1,181,145円」で取引されています。

2020年7月27日〜2020年8月3日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2020年7月27日〜2020年8月3日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィリピン中央銀行「独自デジタル通貨(CBDC)の発行」を検討

フィリピン中央銀行「独自デジタル通貨(CBDC)の発行」を検討

CryptoKitties開発企業:ブロックチェーンテスト環境「Flow Playground」公開

CryptoKitties開発企業:ブロックチェーンテスト環境「Flow Playground」公開

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

リップル(Ripple/XRP)の「OTC取引サービス」を開始|Huobi Global

リップル(Ripple/XRP)の「OTC取引サービス」を開始|Huobi Global

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す