タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

by BITTIMES

タイの有名な音楽フェスティバルである「Mystic Valley(ミスティックバレー)」が、暗号資産取引所「Bitazza」やブロックチェーンスタートアップ「Fuse.io」との提携を通じて、イベント内での支払いに使用することができる独自トークン「MYST」を発行することが明らかになりました。

こちらから読む:FTX、"株式トークン9銘柄"追加「暗号資産」関連ニュース

Mystic Valley:独自トークン「MYST」導入へ

Mystic Valley(ミスティックバレー)はタイで定期的に開催されている同国最大級の音楽フェスティバルであり、トランス・テクノ・ハウスなどといった様々なジャンルにまたがるアーティストが複数のステージでパフォーマンスを披露しているほか、会場内には「プールエリア」や「フードエリア」といった魅力的なエリアも設置されています。

今年の「Mystic Valley」は2020年11月27日〜29日までの3日間にかけて開催される予定となっていますが、2020年11月20日には今回のイベントでMystic Valleyの独自トークンである「MYST」が導入されることが明らかにされました。

「MYST」の導入には同国の暗号資産取引所「Bitazza」とブロックチェーンスタートアップ「Fuse.io」が協力しており、発行されたトークンは飲食店や各種商品販売店などといった"イベント会場内における全ての取引"で使用できると伝えられています。

非接触決済で「新型コロナの感染拡大を防止」

ここ最近では新型コロナウイルス感染拡大の影響によって音楽イベントなどが中止になる事例も増えており、会場内でも感染拡大を防止するための対策が求められていますが、独自トークンを導入することによって会場内に現金を持ち込む必要がなくなり、支払い時の接触を避けることができるようになると期待されています。

トークンの管理や支払いはiOSとAndroidの両方に対応した専用のスマートフォンアプリで行う仕組みとなっており、一般的な仮想通貨決済と同様にQRコードのスキャンによって支払いが完了するように設計されています。

また、未使用の「MYST」は法定通貨に交換することもできるとされているため、イベント参加者は使い残しなどを気にすることなく、スムーズに会場内で取引を行うことができると期待されます。

なお「Bitazza」が公開している「Mystic Valleyのチケット販売ページ」では、支払い手段として以下3つの暗号資産も受け入れられています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
テザー(Tether/USDT)

音楽業界では仮想通貨やブロックチェーン技術の採用が進み初めており、世界最大級の規模を誇るEDMフェスである「ULTRA MUSIC FESTIVAL(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル/UMF)」は暗号資産プロジェクトプンディエックス(PundiX/NPXS)との提携を通じて2018年に台湾で開催された「Ultra Taiwan 2018」で仮想通貨「ULTRA Coin」を導入しています。

>>「Fuse.io」の公式発表はこちら
>>「Mystic Valleyのチケット販売ページ」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(Ripple)の技術用いた「国際送金サービス」開始:サウジ・ブリティッシュ銀行

リップル(Ripple)の技術用いた「国際送金サービス」開始:サウジ・ブリティッシュ銀行

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

ブロックチェーン×マンガの資金調達プラットフォーム「コミカブ」ベータ版公開へ

ブロックチェーン×マンガの資金調達プラットフォーム「コミカブ」ベータ版公開へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

【速報】ビットコイン価格「80万円台」に急落|仮想通貨市場は全面安の展開に

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

注目度の高い仮想通貨ニュース

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す