アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

by BITTIMES

アイオータ(IOTA/MIOTA)は2020年11月24日に「Firefly(ファイアフライ)」と呼ばれる新しいウォレットが近日中に公開されることを明らかにしました。このウォレットは今年2月にハッキング被害を受けたウォレット「Trinity(トリニティ)」に代わる新しいウォレットだと報告されています。

こちらから読む:BITPoint、"貸して増やすサービス"提供開始「暗号資産」関連ニュース

Trinityの経験に基づき「ゼロから再設計」

アイオータ(IOTA/MIOTA)は2020年11月24日のツイートで「Firefly(ファイアフライ)」と呼ばれる新しいウォレットが近日中に公開されることを明らかにしました。

IOTAは「Firefly」に関する詳細を明らかにしていないものの、IOTAの共同設立者であるDominikSchiener(ドミニク・シーナー)氏は『IOTA2.0への移行をスムーズに行うための中間フェーズ「Chrysalis(IOTA 1.5)」に合わせてIOTAのスタック全体を根本的にアップグレードしている』と述べており、『今後数週間以内には新しいFireflyウォレットとテストネットを試すことができるようになる』と説明しています。

「Chrysalis」にあわせてIOTAのスタック全体を根本的にアップグレードしています。今後数週間で誰もがこの新しいIOTAの未来に参加して、新しいFireflyウォレットとTestnetを試すことができるようになります。 これは、IOTAとエコシステム全体にとってエキサイティングな新しい章になります!

IOTAは以前から公式ウォレットである「Trinity(トリニティ)」を提供していましたが、このウォレットは2020年2月にハッキングを受けており、"Trinityウォレットで暗号資産を保管していた一部ユーザーの資産が盗まれる"という事件が発生していました。

今回発表された「Firefly(ファイアフライ)」は"Trinityに取って代わる新しいウォレット"だと報じられており、Trinityから学んだ経験に基づいてゼロから再設計されていると伝えられています。

Firefly(ファイアフライ)は2020年中に最初のアルファ版がリリースされる予定となっており、2021年には「連絡先機能」や「チャット機能」などといった新しい機能も追加される予定だと報告されているため、IOTAからの新たな発表には注目が集まっています。

2020年11月26日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は今月24日に43円付近まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年11月26日時点では「1MIOTA=33.11円」で取引されています。

>>MIOTAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2020年10月27日〜2020年11月26日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月27日〜2020年11月26日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

BINANCE:新たな暗号資産マイニングサービス「Smart Pool」公開へ

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す