エスクロー口座の500億XRP「バーンすることは可能か?」Ripple社CTOが回答

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の最高技術責任者(CTO)であるDavid Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏は2020年12月2日のツイートで『コミュニティの大多数が"エスクローにある500億XRPをバーン(焼却)した方が良い"と同意した場合、実際にXRPをバーンすることは可能か?』という質問に対して『Yes』と回答しました。

こちらから読む:BINANCE、XEM保有者に"XYMトークン"付与へ「暗号資産」関連ニュース

「多数派が望むならRipple社は阻止できない」と説明

Ripple社の最高技術責任者であるDavid Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏は、2020年12月2日にTwitter上で『ノード・バリデータ・コミュニティの人々が"エスクロー口座に保管されている500億XRPをバーン(焼却)した方が良い"と同意した場合、それを実行することは可能か?』という質問を受けた際に『YES』と回答しました。

同氏は「コミュニティの大多数がXRPのバーンを望んだ場合にそれが可能な理由」について『パブリックブロックチェーンは民主的なものであるため、多数派がルールの変更を望んでいる場合、少数派はそれを阻止することはできない』と説明しています。

【IKHOR氏】
ノード・バリデータ・コミュニティの人々が"エスクロー口座に保管されている500億XRPをバーン(焼却)した方が良い"と同意した場合、それを実行することは可能でしょうか?🤔

【David Schwartz氏】
はい。それが起こらないようにするためにRipple社ができることは何もありません。パブリックブロックチェーンは非常に民主的なものです。多数はがルールの変更を望んでいる場合、少数派がルールの変更を阻止するためにできることは何もありません。

仮想通貨XRPの総発行枚数は1,000億XRPとなっていますが、そのうちの550億XRPは第三者機関によって管理されるエスクロー口座に保管されており、大量の売却で価格暴落などが起こらないようにするために毎月10億XRPが市場に放出される、もしくは残ったXRPが再度ロックアップされる仕組みとなっています。

Ripple社はこのような仕組みを採用することによって大量に保有していたXRPを一気に売却することができない環境を構築し、XRPの安定供給を実現していましたが、XRPを定期的に売却する行為に対しては依然として批判的な意見が多く寄せられています。

今回のツイートを見たコミュニティが団結して『エスクロー口座の500億XRPをバーン(焼却)すべきだ』という意見が大多数に達した場合には実際にそれらのXRPが処分される可能性がありますが、Ripple社はXRPの売却を一時停止してXRP価格をサポートするためにエスクロー口座への買い戻しを行うなどの対応をとっているため、現状でコミュニティの大半が「XRPのバーン」を望む可能性は低いとも予想されています。

仮に「500億XRPのバーン」が実行された場合にはXRPの総供給量が半分にまで減少することになるため、XRPの希少価値が高まりXRP価格の上昇につながる可能性がありますが、1XRPの価格が高額になった場合にはビットコイン(BTC)のように少額決済時などの利便性が低下する可能性もあると考えられます。

2020年12月5日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は先月25日に76円付近まで回復したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年12月5日時点では「1XRP=61.83円」で取引されています。

2020年11月5日〜2020年12月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年11月5日〜2020年12月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

ブロックチェーン「ID管理システム」で建設現場の業務改善|スイス連邦鉄道(SBB)

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

ビットコイン支持派Chamath Palihapitiya氏「カリフォルニア州知事」に立候補する考え

ビットコイン支持派Chamath Palihapitiya氏「カリフォルニア州知事」に立候補する考え

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「c0ban取引所(コバン取引所)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

ブロックチェーンで「運送業者に対する配送前の融資提供」実現へ:日立・みずほなど5社

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

マイニング最大手ビットメインの社内闘争「Jihan Wu氏の辞任」で最終決着

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す