XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

by BITTIMES   

XRP(リップル)保有者を対象に"Sparkトークン(FLR)"を無料配布することを予定している「Flare Networks(フレアネットワーク)」は2020年12月19日に、配布するトークンの正確な配布比率を発表しました。当初の想定では合計450億FLRが対象者に分配される予定となっていましたが、この数量は約458億FLRに変更されており、1人あたりの配布数量は「1XRP=約1.0073FLR」の比率の基づいて計算されると報告されています。

配布されるSparkトークンの「正確な配布比率」が決定

XRP Ledger上にスマートコントラクトを実装することを目指しているプロジェクト「Flare Networks(フレアネットワーク)」は、既存のXRP保有者に対して「Sparkトークン(FLR)」を付与するための準備を進めていましたが、先日19日には配布するトークンの正確な配布比率が明らかにされました。

Flare Networksは対象者のXRPを保有量を記録するために日本時間2020年12月12日午前9時00分にスナップショットを実施したため、このタイミングでXRPを保有していた上で"受け取り申請"を行なったユーザーはSparkトークンを受け取ることができることになっていますが、「請求できるSparkトークンの数量」は以下のような計算式で導き出すことができると説明されています。

請求可能なSpark数量の計算式

【請求できるSpark数量の計算式】
請求できるSparkトークンの数量=保有していたXRP÷(全てのXRP−Ripple社が保有するXRP−参加しない取引所が保有するXRP)×分配するトークン総数

【計算式の詳しい説明】

  • 請求できるSparkトークンの数量=XRPアドレス保有者が請求可能なSpark量
  • 保有していたXRP=スナップショット時に保有していたXRP量
  • 全てのXRP=スナップショット時に存在したXRP合計量(99,990,822,918 XRP)
  • Ripple社が保有するXRP=スナップショット時点でRipple社関連アカウント(エスクロー口座に保管された残高を含む)で保有されていたXRP合計量(54,172,271,587 XRP)
  • 参加しない取引所が保有するXRP=スナップショットに参加していない取引所が保有するXRP合計量(322,744,698 XRP)
  • 分配するトークン総数=XRP保有者に配布されるSparkの合計量(45,827,728,412 XRP)

「分配するトークン総数」の変更について

「分配するトークン総数」は元々"450億FLR"と想定されていたものの、Ripple社が保有するXRPの中に「FLRの請求が許可された慈善団体分のXRP」が含まれていたため、分配比率を可能な限り「1:1」の割合に保つための調整が行われ、"45,827,728,412FLR"へと変更されることになったと説明されています。

なお、予定より増加した「827,728,412FLR」はFlare財団の受け取り分(総発行枚数の30%)から補填されるため、FLRの総発行枚数はこれまで通り「100,000,000,000FLR」のままだとされています。

FLR配布比率は「1XRP=約1.0073FLR」

これらの数量を当てはめて計算すると、対象となるXRP保有者に配布されるSparkトークン(FLR)の数量は「1XRP=約1.0073FLR」の割合で求められることになります。したがって、スナップショット時に「10,000XRP」を保有していた場合には「合計10,073FLR」を受け取ることができることなります。

「Sparkトークンの受け取り」について

Sparkトークンの付与に対応している「XUMM」などのウォレットでXRPを保管していた場合は受け取り申請手続きを行うことによってSparkトークンを受け取ることができますが、暗号資産取引所でXRPを保有していた場合には「取引所側の対応」を待つ必要があります。

日本国内の暗号資産取引所は「Sparkトークンの配布」を行うために必要な手続きを実施していることを発表していますが、実際にそれらの取引所がSparkトークンを対象ユーザーに配布するためには"Sparkトークン取り扱い"が2022年6月12日までに「日本暗号資産取引業協会(JVCEA)」と「金融庁」に承認される必要があるため、国内取引所でXRPを保有していた人がトークンを受け取れるかどうかは『承認されるかどうか次第』ということになります。

なお「Flare Networks」は、2021年前半に予定されているFlare Networkのメインネット公開後に「受け取れるトークンの15%」を配布、その後は最低25ヶ月〜最大34ヶ月に渡って毎月平均3%の割合で「残りの85%のトークン」を配布することを予定しています。

>>「Flare Networks」の公式発表はこちら

2020年12月21日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格はスナップショット後に46円付近まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年12月21日時点では「1XRP=58.26円」で取引されています。

2020年10月20日〜2020年12月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年10月20日〜2020年12月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

Sociosアプリ「バッジ・レベルアップ機能」追加|Fan Shopも近日公開

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

BLOCKCHAIN.COM:仮想通貨取引所で「トルコリラ」をサポート

BLOCKCHAIN.COM:仮想通貨取引所で「トルコリラ」をサポート

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

BINANCE:シンガポールで「法定通貨対応」の仮想通貨取引所を設立

BINANCE:シンガポールで「法定通貨対応」の仮想通貨取引所を設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

SNS上でのミームネーターの熱が目標値1ドルに繋がる可能性を示す?

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

エルサルバドル:ビットコインをコールドウォレットに移動「予想外のBTC保有量」も判明

エルサルバドル:ビットコインをコールドウォレットに移動「予想外のBTC保有量」も判明

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

カルダノ・ステーキングETP(CASL)「スイス証券取引所」に上場

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

ビットコインブロックチェーン初のICO「Bitcoin Dogs」プレセール締め切りを迎える

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す