ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

by BITTIMES   

ステラ(Stellar/XLM)の価格は2021年1月4日頃から急騰し、昨年11月末に記録した「1XLM=24円」付近まで回復してきています。米国証券取引委員会(SEC)がRipple社を提訴したことを受けてXRPとXLMの価格は急落していましたが、XRPが低迷を続ける一方でXLM価格は回復を続けています。

XRPの価格低迷に反して「XLMの価格上昇」続く

ステラ(Stellar/XLM)の価格は米国証券取引委員会(SEC)がRipple社を提訴したことによるXRP価格急落につられて2020年12月24日には11円付近まで急落、その後の回復後も再び13円付近まで下落していましたが、2021年1月3日頃からは急速に上昇し始めており、記事執筆時点では「1XLM=21.74円」まで回復しています。

元々リップル(Ripple/XRP)をベースとしていたXLMは「XRPに似た特徴を有する個人向け仮想通貨」としても知られており、価格面でもXRPに近い動きを続けていましたが、Ripple社に対する訴訟問題でXRP価格が低迷していることなどによって、XRPとXLMのチャートには違いが見られ始めてきています。

XRP価格は昨年末の急落以降20円台での低迷を続けていますが、XLM価格は2021円1月3日時点で下落トレンドを抜け出しており、現在は"XLM価格は上昇するが、XRP価格は上昇直後に再び急落する"という状態が続いています。

2020年11月6日〜2021年1月6日 XLM(左)とXRP(右)の1時間足チャート比較(画像:bitbank)2020年11月6日〜2021年1月6日 XLM(左)とXRP(右)の1時間足チャート比較(画像:bitbank)

ステラ価格急騰、考えられる要因は?

XRPやRipple社に関しては今回の訴訟問題に関連した様々なネガティブニュースが連日報じられていますが、XLMやステラ開発財団は今回の訴訟の影響を受けていないため、XRPに投資していた投資家がXLMへと資金を移動している可能性もあると予想されます。

また、先日4日にはウクライナのデジタル改革省が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発や仮想通貨エコシステムの構築に向けて「ステラ開発財団」との覚書に署名したことを発表しており、昨年はドイツの老舗銀行「Bankhaus von derHeydt」や、著名歌手AKON氏の仮想通貨プロジェクト「Akoin」などもXLMの技術を活用して仮想通貨を発行することを発表しているため、XLMは"技術採用"の面でも高く評価されていると考えられます。

Ripple社はXRPの約50%を保有していることなどで一部投資家から批判を受けていますが、ステラ開発財団は2019年11月5日にXLM供給量の約50%をバーン(焼却)しているため、通貨の管理状態の面でもXLMはXRPより高く評価されていると考えられます。

現在XLMは昨年11月末に記録した「1XLM=24円」付近まで回復してきているため、今後の下落・修正には警戒が必要ですが、記事執筆時点では上昇傾向を維持しているため今後の動きにも注目です。

2021年1月6日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格は先日3日に12円付近まで下落して以降は急速に回復し続けており、2021年1月6日時点では「1XLM=21.74円」で取引されています。

2020年10月8日〜2021年1月6日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年10月8日〜2021年1月6日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:シータネットワーク(THETA)の「先物取引」提供へ|価格は4倍以上に上昇中

BINANCE:シータネットワーク(THETA)の「先物取引」提供へ|価格は4倍以上に上昇中

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

OKCoinJapan:IOST保有者に配布予定のDON「受け取り完了」を報告

OKCoinJapan:IOST保有者に配布予定のDON「受け取り完了」を報告

bitFlyer「ウォレットアプリ」を大幅リニューアル|仮想通貨販売所がさらに便利に

bitFlyer「ウォレットアプリ」を大幅リニューアル|仮想通貨販売所がさらに便利に

仮想通貨マイニングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨マイニングの始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

仮想通貨の利益が20万円以下でも「確定申告・納税」が必要なケース【税金関連の知識】

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BINANCEが注目する今年のテーマ・Symbolでステーブルコイン」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「BINANCEが注目する今年のテーマ・Symbolでステーブルコイン」など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

仮想通貨市場に「多数の追い風」が迫っている:億万長者マイケル・ノボグラッツ氏

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す