イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

by BITTIMES

仮想通貨イオス(EOS)を開発していることで知られるブロックチェーン企業「Block.one」の最高技術責任者(CTO)であるDaniel Larimer(ダニエル・ラリマー)氏は2021年1月10日の投稿で『Block.oneのCTOを辞任したこと』を報告しました。今回の発表を受けて、EOSの価格は20%以上下落しています。

こちらから読む:Bakkt、新規株式公開の可能性「暗号資産」関連ニュース

今後は「自由を確保するためのツール作成」に焦点

イオス(EOS)を開発していることで知られるブロックチェーン企業「Block.one」の最高技術責任者(CTO)であるDaniel Larimer(ダニエル・ラリマー)氏は2021年1月10日に、Block.oneが立ち上げた EOS基盤のソーシャルメディアプラットフォーム「Voice(ボイス)」の投稿で『Block.oneのCTOを辞任したこと』を報告しました。

分散型取引所「BitShares(ビットシェアーズ)」や、ブロックチェーン基盤の分散型ブログ・SNS「Steemit(スティーミット)」の共同創設者でもあるDaniel Larimer氏は「Block.one」のプロジェクトに大きく貢献した重要人物の1人として知られています。

ダニエル・ラリマー氏は今回の投稿で以下のような短い文章で『才能あるエンジニアグループの助けを借りて"EOSIOのソフトウェア"を作成・起動できたことを誇りに思う』とコメント、『今後は人々が自分の自由を確保するために使用できるツールの作成に焦点を当てていくつもりだ』と説明しています。

私は過去4年間に渡って「Brendan(Block.oneのCEO)」や「Block.one」と協力してきました。非常に才能のあるエンジニアグループの助けを借りてEOSIOソフトウェアを作成・起動できたことを誇りに思っています。悲しいですが、全ての良いことには終わりがあります。2020年12月31日をもって「Block.one」のCTOを辞任しました。

私は『全ての人々の生命・自由・財産・正義を確保するための"自由な市場・自主的解決策"を生み出す』という私の使命を継続します。「次に何をするか」についてはまだ明確に決定できてはいませんが、"検閲に強い技術を構築すること"に魅力を感じています。『"サービスとしての自由"を提供することはできない』と思うようになりましたので、人々が自分の自由を確保するために使用できるツールの作成に焦点を当てたいと考えています。

Block.oneが今後の取り組みを通じて最高の企業となることを願っています。

Block.one CEO「今後を楽しみにしている」とコメント

『Daniel Larimer氏の辞任』に関する報告は同日2021年1月10日に「Block.one」からも行われており、『Block.oneのCTOであるダニエル・ラリマーは、新しい個人プロジェクトを追求するために出発した』と報告されています。

Block.oneの最高経営責任者(CEO)であるBrendan Blumer(ブレンダン・ブルマー)氏は公式発表の中で以下のように述べており、『ダニエルがこれまで貢献してくれたことに感謝しているのは私だけではない。彼が次にどのようなことをするのかを楽しみにしている』とコメントしています。

私はDanと2017年に「Block.one」を共同設立しました。それ以来、業界と会社の両方が前例のない高さにまで成長しました。Danがこれまで貢献してくれたことに感謝しているのは私だけではありません。彼が次に何をするかを楽しみにしています。

仮想通貨・ブロックチェーン企業では「意見の対立などによってプロジェクトの重役が辞任した」といったニュースも多数報告されていましたが、今回の「ダニエル・ラリマー氏の辞任」に関しては双方合意の元で決定しており、良好な関係が維持されているように見受けられるため、辞任後も何らかの形で両者が再び関わる可能性もあると考えられます。

ダニエル・ラリマー氏は以前から「Twitter、Facebook、Apple、Google、金融システム」などで検閲の問題が深刻化してきていることを指摘しており、『中央集権化された組織への過度な依存を減らすために、独自の独立したインフラストラクチャを構築することが重要である』といった考えも語っていたため、同氏が今後作成する新たなツールにも注目です。

>>「ダニエル・ラリマー氏からの報告」はこちら
>>「Block.oneからの報告」はこちら

2021年1月11日|イオス(EOS)の価格

イオス(EOS)の価格は先日10日に400円付近まで上昇していたものの、今回の発表を受けて20%以上急落しており、2021年1月11日時点では「1EOS=304.38円」で取引されています。

2020年11月1日〜2021年1月11日 EOSの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年11月1日〜2021年1月11日 EOSの価格チャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

マイニングマシン「100万台」が再稼働?ビットコイン半減期に向け準備:中国

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

Huobi Global:全ての米国ユーザーアカウント「凍結」へ|仮想通貨・資産の出金求める

Huobi Global:全ての米国ユーザーアカウント「凍結」へ|仮想通貨・資産の出金求める

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

国内暗号資産取引所「FLR/SGBトークンの配布」について続報

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Dinamo Zagrebの「$DZGファントークン」本日取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す