仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などをはじめとする主要な暗号資産の価格は、日本時間2021年1月11日12時頃に急落しました。時価総額ランキング上位に位置する仮想通貨の多くは、過去24時間で10%以上急落しており、一部の仮想通貨は30%近く下落しています。

こちらから読む:EOS開発企業のCTOが辞任「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨全体で「10〜30%の価格急落」

仮想通貨市場ではここ最近で大幅な価格上昇が続いており、ビットコイン価格は著名投資家などが予想していた400万円台まで高騰していましたが、本日2021年1月11日の12時頃にはビットコインを含めた主要な仮想通貨全体の価格が急落しました。

時価総額ランキング上位に位置する仮想通貨の多くは過去24時間で10%〜30%ほど急落しており、その他の時価総額が低い仮想通貨でも同様に大幅な下落が観測されています。

2021年1月11日12時 CoinGeckoにおける時価総額ランキングTOP11の仮想通貨(画像:CoinGecko)2021年1月11日12時 CoinGeckoにおける時価総額ランキングTOP11の仮想通貨(画像:CoinGecko

考えられる「価格急落の要因」は?

ビットコインなどの価格は過去数週間に渡って大幅な上昇を続けていましたが、仮想通貨業界の著名トレーダーや投資家などはBTC価格高騰時の価格予想で『BTC価格は400万円付近まで上昇する可能性ある』との予想を語っていたため、今回の価格高騰でBTC価格が440万円付近まで上昇したことによって"利益確定の売り"が増加したと考えられます。

仮想通貨業界では『ビットコイン価格が2017年末の過去最高値を突破したことによって、仮想通貨市場は本格的な強気相場に突入した』との見方が強まっていますが、強気相場でも永久に価格上昇が続くことはなく、短期的な下落・修正を挟みながら上昇していく傾向があるため、現在の仮想通貨市場はこの修正段階に入っていると予想されます。

ビットコイン価格、今後はどこまで下落する?

現在ビットコイン価格は300万円台まで下落していますが、仮想通貨業界の著名投資家の多くは『下落しても200万円を下回ることはない』と予想しており、著名アナリストWilly Woo(ウィリー・ウー)氏も2021年1月8日のツイートで『BTC価格が2万ドル(200万円)まで下落することは二度とない。3万ドル(約300万円)は手強いサポートラインだ』と語っています。

また、2018年のビットコイン価格暴落を予想したことなどで知られる著名投資家Peter Brandt(ピーター・ブラント)氏は昨年末に『BTC価格は2021年1月に400万円台まで高騰する可能性がある』と語った際に『特定のポイントでBTCは下落する可能性はあるが、80%以上下落することはない』との考えも語っており、"200万円付近に2018年から続く強力なサポートラインがあること"を説明していたため、今後は300万円前後の価格帯が注目のラインになると予想されます。

なお、ピーター・ブラント氏は2021年1月7日のツイートで「ビットコインにおける"買われ過ぎ"の概念」について説明しており、『現在のビットコインは"買われ過ぎな強気相場の中間点"に位置する』との見解を語っています。

(画像:Peter Brandt氏Twitter)(画像:Peter Brandt氏Twitter

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

Goldman Sachs:法定通貨に連動した「独自の暗号資産」開発を計画

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「ネム(NEM/XEM)」を追加

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「ネム(NEM/XEM)」を追加

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

Chiliz&Socios:サッカーポルトガル代表チームの「$PORファントークン」発行へ

Chiliz&Socios:サッカーポルトガル代表チームの「$PORファントークン」発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す