プライベートチェーンとは?ブロックチェーンの大まかな分類を説明

by BITTIMES   

プライベートチェーンとは?初心者の方でもその意味を理解してもらえるよう、ブロックチェーンの大まかな分類と説明を簡単にまとめました。

ブロックチェーンの分類

ブロックチェーンは、「暗号化技術」と「 P2P(ピア・ツー・ピア)」を組み合わせてできたデータベースシステムです。

ブロックチェーンには取引の「記録」と「承認」の二段階の作業がありますが、この「記録と承認の作業」つまり「管理」を行うのが誰なのかによってブロックチェーンの分類が分かれてくることになります。

先に分類の種類をあげるとブロックチェーンは、

  • パブリックチェーン
  • プライベートチェーン
  • コンソーシアム型ブロックチェーン
  • パーミッション型ブロックチェーン
という種類に分けられます。

「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」

ブロックチェーンの分類の大まかな分類として、
「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」
という2種類の分類を先に理解しましょう。

一般的に『非中央集権』と言われるブロックチェーンは「パブリックチェーン」に分類されます。

パブリックチェーン【公的、社会全体】

「パブリックチェーン」で、管理を行うのは不特定多数のマイナー(採掘者)やノードです。中央管理者はいません。
基本的には誰でもマイナーになることができるため、この点がパブリックチェーンの特徴である『非中央集権』という思想の土台をつくります。公的で自律分散的なシステムです。

「パブリックチェーン」の反対に近いシステムが、次に紹介する「プライベートチェーン」になります。

プライベートチェーン【個人的、私的】

「プライベートチェーン」で、管理を行うのは一部のノードに限られます。
管理の権限が、一つの管理主体によって一部のノードに集中していることが多いため、分散化の利点が弱くなっており、『中央集権』に近い思想のシステムになります。

しかし、厳密に分類すると
「プライベートチェーン」の全てが『中央集権的』なのではなく
「パブリックチェーン」の全てが『非中央集権的』なのでもないので
実際に導入されているシステムを分類するとほとんどがこの2種類の間に位置する分類になります。

「パーミッション型」と「コンソーシアム型」

「パブリックチェーン」「プライベートチェーン」の間に位置する分類には「パーミッション型」と「コンソーシアム型」があるので、ここまで理解しておけば具体的な思想としての違いは、なんとなく分かってくるかと思われます。

パーミッション(許可)型ブロックチェーン【許可、認可】

「プライベートチェーン」に近い分類にあたるものが「パーミッション型ブロックチェーン」です。

「パーミッション型ブロックチェーン」は、特定の管理主体が一定の権限を信頼性の高い少数のノードに指定しているため、迅速で効率的な取引承認が可能になっています。また、マイニング報酬のような正しい情報を記録するための費用が不要であるなどの利点もあります。

コンソーシアム(複数)型ブロックチェーン【協会、組合】

「パブリックチェーン」に近い分類にあたるものが「コンソーシアム型ブロックチェーン」です。

「コンソーシアム型ブロックチェーン」は、管理主体が複数の団体で構成されています。信頼の高いノード間で自律的に記録と承認が行われるため、効率的でもあり、分散化の利点を損なわないシステムになっています。

有名な仮想通貨はどれに分類されますか?

実際の仮想通貨ごとの分類に関しては、様々な側面を考慮する必要があるため、公の場で独自に分類する事は非常に難しいというのが現実です。
詳しい部分をどう捉えるかは、人それぞれでもあり その時の環境にも左右されるため、現状としてそのような誤解がトラブルを招く事で、開発者の悩みの種となっている事実もあります。このような事から、ここでの分類は控えさせて頂ければと考えております。

今回は各分類ごとの大まかなイメージを捉えて頂けると、今後の判断に役立てる事ができるのでは?と考えた上で説明させて頂いておりますので、ご理解して頂ければ幸いです。

今回のまとめ

このようにブロックチェーンは、中央管理と分散型管理の間でうまくバランスをとりながら改良が重ねられています。
今回紹介した

  • パブリックチェーン(分散型管理)
  • プライベートチェーン(中央管理)
  • パーミッション型ブロックチェーン(許可型)
  • コンソーシアム型ブロックチェーン(複数型)

の4つを理解しておけば、ブロックチェーンの導入が進む現代で、各社が目指しているビジョンの一部が見えやすくなってくるのではないかと思いますので、今回のポイントをおさえて今後の記事を楽しんで頂きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「チャリティー」をどのように変えるのか?

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

ブロックチェーンで「保護者のいない子供達」の情報管理:米国保健社会福祉省

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

LINE独自の仮想通貨「LINK/LN」日本国内でも取り扱いへ

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

BitPay:XRP決済による「ギフトカード購入サービス」提供へ

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

【注意】Trezor:仮想通貨ハードウォレットに「脆弱性」ユーザーがとれる対策は?

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

Cardano「技術開発が最も活発なブロックチェーン」ランキング1位を獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す