米司法省:暗号資産詐欺・資金洗浄などを理由に「John McAfee氏」を起訴

by BITTIMES

暗号資産関連のツイートで数年前から注目を集めていたサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が、米司法省や米国商品先物取引委員会(CFTC)によって複数の容疑で告発されたことが明らかになりました。

こちらから読む:MicroStrategy、10億円相当のBTCを追加購入「暗号資産」関連ニュース

「ICO詐欺・マネーロンダリング」など複数の容疑で起訴

「米司法省」と「米国商品先物取引委員会(CFTC)」は2021年3月5日に、サイバーセキュリティの専門家でありながら仮想通貨関連プロジェクトにも積極的に関わっていたJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏を告発したことを発表しました。

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、仮想通貨業界で特に影響力ある代表的な人物として知られており、複数のICOプロジェクトなどで宣伝活動を行っていた他、2019年には『ビットコイン価格は2020年末までに1億円に達する』といった発言などで注目を集めていました。

米司法省の発表によると、米連邦検事局と連邦捜査局(FBI)は『商品・証券詐欺に関与する共同謀議、詐欺の宣伝および通信詐欺に関する共同謀議、マネーロンダリング』などの罪でマカフィー氏を起訴しているとのことで、マカフィー氏の仮想通貨チームでエクゼクティブアドバイザーを務めていたJimmy Watson Jr(ジミー・ワトソン・ジュニア)氏も起訴されていると報告されています。

マカフィー氏らは『SNSなどを利用して嘘や誤解を招くような方法で仮想通貨の宣伝を行っており、宣伝行為の報酬として数百万ドルを受け取っていたことを投資家に開示しなかった』と指摘されており、投資商品の価格を変動させる目的で誤解を招くような情報を拡散する行為などを指す「ポンプアンドダンプ」を行うことによって不正に利益を得ていたとも指摘されています。

マカフィー氏は2019年時点で米国から逃亡を図っており、2020年10月にはスペインで逮捕されていましたが、同氏は現在も米司法省の脱税部門による別の刑事告発でスペインにて拘留されていると伝えられています。

数年前まで「ビットコイン強気派」として知られていたマカフィー氏は『2020年末までBTC価格が100万ドル(約1億円)に到達しなければ、自分のペニスを食べる』とも発言していましたが、この発言は2020年1月に『新規ユーザーを獲得するための策略だった』として撤回されており、2020年1月末には『ビットコインは時代遅れのシットコインだ』とも語られています。

>>「米司法省」の発表はこちら
>>「米国商品先物取引委員会」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

XRPが使える音楽コンテンツ配信サービス「Xsong」ベータ版公開へ

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

注目度の高い仮想通貨ニュース

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

ビットバンク:暗号資産入金で現金1万円が当たる「夏のボーナスキャンペーン」開始

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す