米司法省:暗号資産詐欺・資金洗浄などを理由に「John McAfee氏」を起訴

by BITTIMES

暗号資産関連のツイートで数年前から注目を集めていたサイバーセキュリティの専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏が、米司法省や米国商品先物取引委員会(CFTC)によって複数の容疑で告発されたことが明らかになりました。

こちらから読む:MicroStrategy、10億円相当のBTCを追加購入「暗号資産」関連ニュース

「ICO詐欺・マネーロンダリング」など複数の容疑で起訴

「米司法省」と「米国商品先物取引委員会(CFTC)」は2021年3月5日に、サイバーセキュリティの専門家でありながら仮想通貨関連プロジェクトにも積極的に関わっていたJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏を告発したことを発表しました。

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、仮想通貨業界で特に影響力ある代表的な人物として知られており、複数のICOプロジェクトなどで宣伝活動を行っていた他、2019年には『ビットコイン価格は2020年末までに1億円に達する』といった発言などで注目を集めていました。

米司法省の発表によると、米連邦検事局と連邦捜査局(FBI)は『商品・証券詐欺に関与する共同謀議、詐欺の宣伝および通信詐欺に関する共同謀議、マネーロンダリング』などの罪でマカフィー氏を起訴しているとのことで、マカフィー氏の仮想通貨チームでエクゼクティブアドバイザーを務めていたJimmy Watson Jr(ジミー・ワトソン・ジュニア)氏も起訴されていると報告されています。

マカフィー氏らは『SNSなどを利用して嘘や誤解を招くような方法で仮想通貨の宣伝を行っており、宣伝行為の報酬として数百万ドルを受け取っていたことを投資家に開示しなかった』と指摘されており、投資商品の価格を変動させる目的で誤解を招くような情報を拡散する行為などを指す「ポンプアンドダンプ」を行うことによって不正に利益を得ていたとも指摘されています。

マカフィー氏は2019年時点で米国から逃亡を図っており、2020年10月にはスペインで逮捕されていましたが、同氏は現在も米司法省の脱税部門による別の刑事告発でスペインにて拘留されていると伝えられています。

数年前まで「ビットコイン強気派」として知られていたマカフィー氏は『2020年末までBTC価格が100万ドル(約1億円)に到達しなければ、自分のペニスを食べる』とも発言していましたが、この発言は2020年1月に『新規ユーザーを獲得するための策略だった』として撤回されており、2020年1月末には『ビットコインは時代遅れのシットコインだ』とも語られています。

>>「米司法省」の発表はこちら
>>「米国商品先物取引委員会」の発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米ロックバンドKings of Leon「NFT形式の音楽アルバム」リリースへ

米ロックバンドKings of Leon「NFT形式の音楽アルバム」リリースへ

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

データセキュリティ向上を目指す「ブロックチェーンプログラム」に参加|GM Financial

データセキュリティ向上を目指す「ブロックチェーンプログラム」に参加|GM Financial

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

ファイルコイン(FIL)マイニング「The FIL」とは?基本情報・料金プラン・登録方法などを解説

ファイルコイン(FIL)マイニング「The FIL」とは?基本情報・料金プラン・登録方法などを解説

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

オンライン旅行代理店「Travala.com」がリップル(XRP)決済に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

Adobe Photoshop作品「仮想通貨ウォレットアドレス」と紐付け可能に|NFTマーケットとも提携

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

GrayscaleのXLM・ZEN・ZEC投資信託「OTCQX」に上場|ビットコイン現物ETFの続報も

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

ビットバンク:Symbol(XYM)取引高で「世界1位」を記録

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す