MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

by BITTIMES   

ブロックチェーンゲームなどの開発を行なっている「double jump.tokyo」は2021年3月23日に、同社が運営しているブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」に参画する計4つのブロックチェーンゲームタイトルが、ETHよりも安価なトランザクション手数料を実現している「Polygon」に対応することを発表しました。

こちらから読む:Coincheck NFT(β版)2021年3月24日公開へ「国内ニュース」

「オンチェーンにおけるNFTの流動性回復」に期待

double jump.tokyoは2021年3月23日に、同社が運営しているブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」に参画する以下4つのブロックチェーンゲームタイトルが、Matic Network社が提供する「Polygon(旧:Matic Network)」に対応することを発表しました。

【Polygon対応を行うブロックチェーンゲームタイトル】

  • My Crypto Heroes
  • BRAVE FRONTIER HEROES
  • CryptoSpells
  • CHOJO

PolygonはEthereumブロックチェーンのサイドにネットワークを作成して取引処理を代行することによってスケーラビリティ問題(取引手数料高騰・送金遅延などの問題)を解決する"レイヤー2ソリューション"であり、展開されているDAppsは90以上、過去のトランザクション数は約700万回、ユーザー数は約20万人と急速に普及してきています。

イーサリアム上では2020年頃からDeFi(分散型金融)関連の製品が増加したことによってトランザクション手数料が著しく上昇しているため、各ブロックチェーンゲームで発行されるNFTの流動性が低下していましたが、今回の対応によってオフチェーンにあるNFTをPolygon上にも転送できるようになるため、オンチェーンにおけるNFTの流動性が回復すると期待されています。

なお今回のPolygon対応は、MCH+パートナーのマルチブロックチェーン対応を支援し、統一的なアセット情報取得と利用を実現する「Asset Mirroring System(AMS)」を通じて行われているとも説明されており、国内ブロックチェーンゲームのマルチチェーン対応は今回が初の事例だと報告されています。

Asset Mirroring System(AMS)はトランザクション手数料やスケーラビリティの課題を抱えるブロックチェーンに対して、NFTを持つユーザー・事業者が自由に選択できるようにすることを目的としたシステムであり、『AMSが保有するNFT管理機能とマーケットのような外部サービスを接続することによって、トランザクション手数料を抑えたNFTのコラボレーションを実現することができる』と説明されています。

Polygonへの対応はその他の国内企業からも発表されており、先月10日には「株式会社スマートアプリ」もガス代高騰問題に対処するためにPolygonと提携したことを発表しています。

>>「double jump.tokyo」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

北アイルランドの首都、独自仮想通貨「ベルファストコイン」を発表|都市の発展促進へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

GMOコイン:テゾス(Tezos/XTZ)の「ステーキングサービス」提供へ

GMOコイン:テゾス(Tezos/XTZ)の「ステーキングサービス」提供へ

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

GMOコイン:暗号資産積立サービスの取扱い銘柄数「国内1位」を獲得

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

コインチェック:取引所で「パレットトークン」取扱い開始|PLT価格は40円台まで高騰

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

ベトナム首相:中央銀行に「暗号資産の研究・試験プログラム実施」を要請

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

コインチェック:合計400名様に1万円分のPLTが当たる「2大キャンペーン」開始

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す