暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

by BITTIMES

暗号資産デリバティブ取引所「FTX」がアメリカ・フロリダ州マイアミを本拠地とする全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム「Miami Heat(マイアミ・ヒート)」のホームスタジアム命名権を取得したことが明らかになりました。FTXはマイアミ・デイド郡と19年間で約9,000万ドル(約98億円)のパートナーシップ契約を結ぶとされており、スタジアムの名称は『FTX Arena(FTXアリーナ)』と名付けられています。

こちらから読む:Fidelity、ビットコインETFを申請「暗号資産」関連ニュース

FTX「マイアミ・デイド郡」とパートナー契約

アメリカ・フロリダ州マイアミのデイド郡は2021年3月23日に、暗号資産デリバティブ取引所「FTX」にマイアミを本拠地とする全米プロバスケットボール協会(NBA)チーム「Miami Heat(マイアミ・ヒート)」のホームスタジアム命名権を与える19年間のパートナーシップ契約に合意したことを発表しました。

このパートナーシップ契約は2021年3月26日に予定されている特別会議を待っている状態となっており、この会議でマイアミ・デイド郡の郡政委員会に承認されれば、FTXが「NBAチームスタジアムの命名権を獲得した初の仮想通貨関連企業」になると伝えられています。

今回のパートナーシップ契約はデイド郡に19年間で約9,000万ドル(約98億円)の利益をもたらすものであるとされており、ホームスタジアムの名称は『FTX Arena(FTXアリーナ)』と名付けられると報告されています。なお、これらの資金はデイド郡内で「銃による暴力」や「貧困問題」などを解決するために使用されるとも報じられています。

FTXのCEOであるSam Bankman-Fried氏は今回のパートナーシップ契約について次のようにコメントしています。

FTXファミリーが「マイアミ・デイド郡」や「マイアミ・ヒート」のパートナーとなれることに興奮しています。

このパートナーシップ契約は、単に郡の象徴となる建物に当社の名前を付けるだけのものではありません。これはこれはマイアミとその周辺都市で成長している多様なコミュニティに価値を提供するだけでなく、チャンピオンシップコミュニティ・チャンピオンシップ組織・チャンピオンシップ文化に参加するチャンスでもあります。

なお、FTXとデイド郡は今回のパートナーシップを通じて「テクノロジーとフィンテックの教育」や「デイド郡居住者の経済的健康」などを含めた複数の取り組みでも協力するとされており、『FTXはデイド郡市民の繁栄を支援するために、パートナーシップの範囲を超えてデイド郡コミュニティにさらに500万ドル(約5億5,000万円)を寄付することを約束した』とも報告されています。

>>「マイアミ・デイド郡」の公式発表はこちら
>>「FTX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Liquid「LTC・XLM・BATの現物・レバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

Liquid「LTC・XLM・BATの現物・レバレッジ取引」提供へ|記念キャンペーンも開催

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

Kraken CEO「英国でMonero(XMR)を上場廃止にした理由」について説明

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

仮想通貨決済で東京ー空港間の移動が可能に|ビットポイント「日の丸リムジン」と提携

仮想通貨決済で東京ー空港間の移動が可能に|ビットポイント「日の丸リムジン」と提携

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

ビットポイント:10万円相当のJMYが当たる「JMY入金キャンペーン」開始

ビットポイント:10万円相当のJMYが当たる「JMY入金キャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

ビットバンク:アクシーインフィニティ(AXS)取扱いへ【国内初上場】

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

NTTドコモ:Web3の普及・社会実装の加速に向け「アクセンチュア」と連携

関東財務局:c0ban取引所運営の「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分

関東財務局:c0ban取引所運営の「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

ジャスミー株式会社「AVITA Technologies」との共同事業を開始

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

GMO Trustのステーブルコイン「GYEN・ZUSD」ステラネットワーク上で提供開始

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す