メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

by BITTIMES

「株式会社メディアドゥ」と出版取次大手の「株式会社トーハン」は2021年4月12日に、全国書店の活性化を実現するために『Non-Fungible Token(NFT)を活用したデジタル付録』のサービスを開始することを発表しました。同社は現在「KADOKAWA、講談社、集英社、小学館」などの出版社とともに検討を開始しているとのことで、2021年夏頃には技術開発を完了、年内にはサービス展開が開始される予定だと報告されています。

こちらから読む:コインチェック、仮想土地"LAND"追加販売へ「国内ニュース」

紙書籍で「NFT形式のデジタル付録」提供へ

「株式会社メディアドゥ」と出版取次大手の「株式会社トーハン」は2021年4月12日に、全国書店の活性化を実現するために『Non-Fungible Token(NFT)を活用したデジタル付録』のサービスを開始することを発表しました。

Non-Fungible Token(NFT)とはブロックチェー技術を基盤とした"唯一無二の価値を証明できるトークン"のことであり、現在は「ゲームアート音楽・写真・動画」などといった分野でNFTが発行されています。

NFT形式で発行された作品は『作品が本物であることを証明できる』という利点を備えており、取得したNFTは「NFTマーケットプレイス」と呼ばれる複数の取引所サービスで他のユーザーと取引したり、ゲームなどといった外部サービスで利用できるのが特徴です。

今回発表された『NFTを活用したデジタル付録』の取り組みでは、紙書籍に限定版デジタル付録(動画、音楽なども可能)を付けて販売することによって"所有可能なデジタルコンテンツ"を提供し、書店のデジタル化・来店者増・紙出版物の売上増・出版業界全体の活性化を図っていくと説明されています。

「NFTデジタル付録」がもたらすメリット

「NFT形式のデジタル付録」を提供することによってファンはアイテムを介したコミュニケーションを取ることができるようになり、『単なる売買に留まらない、新しい形のエンターテイメントを楽しめるようになる』と説明されています。

また出版社などは各付録を手にしたユーザーを把握できるようになるため、『把握したデータを活用して、書籍を購入したファンにダイレクトマーケティングをすることも可能になる』と説明されています。

さらに「NFTデジタル付録」は「物理的な付録」に比べると配送や管理などをより簡単に効率化して行うことができるため、『店舗を限定せずに、多様な複数の企画を同時並行で実施できる』とも説明されています。

2021年内にはサービス開始予定

メディアドゥとトーハンは現在「KADOKAWA、講談社、集英社、小学館」などの出版社とともにNFTデジタル付録の検討を開始しているとのことで、技術開発は2021年夏頃に完了、2021年内にはサービス展開を開始する予定だと報告されています。

また「メディアドゥ」はデジタル付録以外にも複数のプロダクトと連携してNFTを活用した企画を提供していくとも報告しており、2021年夏にはデジタル付録などNFT限定コンテンツをダウンロードして、ユーザー同士で鑑賞したり、販売したりすることができる『メディアドゥNFTマーケットプレイス(仮称)』も提供開始される予定だと説明されています。

メディアドゥは今後「トレーディングカード・フィギュアのような販売目的のコレクション品」だけでなく「映画の半券、書籍のおまけステッカーなどといったアナログの世界で当たり前のようにコレクション対象とされていたアイテム」もデジタル上での所有物・収集品として再現し、アニメ・漫画・映画などジャンルを問わずにデジタル・リアルの両コンテンツで販売を促進していくと述べています。

>>「メディアドゥ」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:暗号資産「オーケービー(OKB)」取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:暗号資産「オーケービー(OKB)」取扱いへ【国内初上場】

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

【重要】GMOコイン:シンボル(XYM)のステーキング報酬「誤配布」について謝罪

【重要】GMOコイン:シンボル(XYM)のステーキング報酬「誤配布」について謝罪

Chiliz Exchange:eスポーツ・サッカー関連の「2つのファントークン」取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツ・サッカー関連の「2つのファントークン」取扱い開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

買い物で暗号資産がもらえるアプリ「SocialGood App」リリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

Huobi Japan:ビットコインSV(BSV)の取扱開始日時を発表【国内初上場】

Huobi Japan:ビットコインSV(BSV)の取扱開始日時を発表【国内初上場】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月26日〜7月2日

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

オープンハウスグループ:Lightning Networkコミュニティ「Diamond Hands」の活動サポート

オープンハウスグループ:Lightning Networkコミュニティ「Diamond Hands」の活動サポート

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

Bitget「AFKDAOによる初の上場投票」を開始|BGBをさらに強化するための一歩

Bitget「AFKDAOによる初の上場投票」を開始|BGBをさらに強化するための一歩

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

ビットコイン価格暴落の理由は?長期チャートに「危険な売りサイン」

Block社のTBD:ビットコイン中心の新たな分散型ウェブ「Web5」を発表

Block社のTBD:ビットコイン中心の新たな分散型ウェブ「Web5」を発表

Huobi Japan:年率100%「BSV貸暗号資産キャンペーン」開始

Huobi Japan:年率100%「BSV貸暗号資産キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す