ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

by BITTIMES

ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)の開発を支援している「ステラ開発財団(SDF)」は2021年4月10日に、一部のStellarネットワークノードが一時的にオフラインになった問題について、バリデーターの投票によってソフトウェアアップグレードを行うことが決定したことを受けてそのアップグレードを実行したことを発表しました。

こちらから読む:BINANCE、株式トークン取引サービス開始「暗号資産」関連ニュース

国内取引所も「XLMの入出金」を再開

ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)では2021年4月6日に一部のノードが一時的にオフラインになる問題が発生したため、日本国内の暗号資産取引所を含めた複数の暗号資産取引所で『XLMの入出金一時停止』の措置が取られていました。

しかし2021年4月10日には、ノードやネットワークなどの技術的な管理を行う役割を担う「バリデーター」の投票によって"ソフトウェアのアップグレードを実施すること"が決定し、プロトコル16へのアップグレードが即座に行われたことが報告されています。

また『XLMの入出金を一時停止すること』を発表していた「GMOコインコインチェックビットフライヤービットバンクHuobi Japan」などの国内取引所も『XLMの入出金サービスを再開したこと』を既に報告しています。

ステラ開発財団(SDF)の発表によると、問題の原因となったのは『1つの台帳で行われた1つの処理』であったとされており、『SDFやLobstrによって実行されているノードを含む特定のノードで問題が発生したが、ネットワーク上のほとんどのノードでは発生しなかった。SDFのインフラストラクチャが一時的に利用できなくなったにもかかわらず、ネットワークは通常どおり機能し続けた』と説明されています。

これは「Stellarネットワークの分散化された性質によって、特定のノードに問題が発生した場合でもネットワークが通常通り稼働すること」を示すものであり、公式発表の中では『今回の事例ではSDFのノードでも問題が発生していたため、"ステラのネットワークがSDFのバリデーターから独立して稼働していること"を示す事例にもなった』とも説明されています。

なお、バリデーターの人々はプロトコルの新しいバージョンである「Protocol 16」へのアップグレードを行うことによって今回の問題を解決してネットワークに復帰することができるようになるとのことで、ステラ開発財団は全てのノードに「Protocol 16」のインストールを行うように呼びかけています。

元々計画されていた追加機能は「Protocol 16」のアップグレードには含まれていないとのことで、それらの機能は次にリリースされる「Protocol 17」で導入される予定だと報告されています。

>>「アップグレード完了」に関する発表はこちら
>>「発生した問題の詳細」はこちら
>>「Protocol 16」のアップグレードガイドはこちら

2021年4月13日|ステラ(Stellar/XLM)の価格

ステラ(Stellar/XLM)の価格は今月11日に71円付近まで回復した後に62円付近まで下落していたものの、現在は再び回復してきており、2021年4月13日時点では「1XLM=68.89円」で取引されています。

2021年3月14日〜2021年4月13日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)2021年3月14日〜2021年4月13日 XLMの価格チャート(画像:CoinGecko)

ステラ(Stellar/XLM)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

マレーシア・ペナン州:ブロックチェーン活用した「農産物の追跡システム」開発へ

マレーシア・ペナン州:ブロックチェーン活用した「農産物の追跡システム」開発へ

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

トルコ「暗号資産の決済利用」禁止へ|2021年4月30日から新規制導入

Gemini Earn「ドージコイン」追加|DOGEセービングに年利2.25%の利息を付与

Gemini Earn「ドージコイン」追加|DOGEセービングに年利2.25%の利息を付与

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月25日〜5月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月25日〜5月1日

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

Coinbase Pro:ステーブルコイン「Tether(USDT)」取扱いへ|合計6ペアを追加

Coinbase Pro:ステーブルコイン「Tether(USDT)」取扱いへ|合計6ペアを追加

OKCoinJapan:暗号資産「オーケービー(OKB)」取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:暗号資産「オーケービー(OKB)」取扱いへ【国内初上場】

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

アメリカ最古のワインショップ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETH・DOGEなど7銘柄

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

日本暗号資産ビジネス協会「NFT関連事業者向けのガイドライン」を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す