マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

by BITTIMES   

アメリカ・フロリダ州マイアミ市にある有名なナイトクラブ「E11EVEN」は2021年4月13日に、テーブル・ドリンク・商品などの支払い手段として「BTC・BCH・XRP・DOGE」などといった複数の仮想通貨決済を受け入れることを発表しました。

E11EVEN「仮想通貨4銘柄の支払い」に対応

アメリカ・フロリダ州マイアミ市にあるナイトクラブ「E11EVEN」は2021年4月13日に、テーブル・ドリンク・商品などの支払い手段として仮想通貨決済に対応することを発表しました。

「E11EVEN」は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために一時的に営業を停止していたものの、2021年4月23日には営業を再開することが予定されており、営業再開のタイミングで仮想通貨決済が導入されると報告されています。

支払いに利用可能な仮想通貨としては以下の4銘柄が挙げられていますが、支払いを処理する仮想通貨決済プロバイダーについては『大手仮想通貨決済処理会社と提携する』としか説明されておらず、具体的な企業名については明らかにされていません。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

ビットコイン決済は「ナイトクラブの新常識」

「E11EVEN」の運営パートナーであるGino LoPinto氏は『"支払い手段として仮想通貨を使用したい"という顧客の需要が高まっている』と述べており、『ナイトクラブでのビットコイン決済対応は、クラブ業界の新常識になるだろう』と語っています。

最先端を歩むお客様に対応したサービスをアメニティを提供することは私たちにとって非常に重要なことであり、現在は『支払い手段として仮想通貨を使用したい』というクライアントの需要が高まっています。

私たちは『ナイトクラブでのビットコイン決済採用は、まもなくクラブ業界の標準になる』と信じています。そして私たちはその道を切り開く先駆者になれることに興奮しています。

また「E11EVEN」のCEOであるDennis DeGori氏は『Francis Suarez市長が最近発表した"マイアミ市が仮想通貨・ブロックチェーンの先進都市になるための政策"や、仮想通貨市場の驚異的な成長などを踏まえた結果、夜の外出先での支払い手段として仮想通貨決済を導入することは理にかなっていると感じた』とコメントしています。

マイアミのFrancis Suarez(フランシス・スアレス)市長は今年2月に「市職員に対するBTC給与払い・BTCによる納税・市の投資資金を用いたBTC投資」などを検討していることを明かしており、2月14日にはこの提案が可決されたことが報告されています。

今回新たにマイアミ市の有名なナイトクラブ「E11EVEN」で仮想通貨決済が採用されたことによって、今後はマイアミ市で仮想通貨の利用がさらに活発化していくことになると期待されます。

>>「E11EVEN」の公式発表はこちら
>>「E11EVEN」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

米Coinbase:The Sandboxの仮想通貨「SAND」取扱いへ|発表受け価格上昇

米Coinbase:The Sandboxの仮想通貨「SAND」取扱いへ|発表受け価格上昇

【完全版】TREZOR(トレザー)とは?基本情報から「購入方法・使い方」まで詳しく解説

【完全版】TREZOR(トレザー)とは?基本情報から「購入方法・使い方」まで詳しく解説

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Lumi Wallet:iOSアプリに「Apple Payによる仮想通貨購入機能」追加

Lumi Wallet:iOSアプリに「Apple Payによる仮想通貨購入機能」追加

CryptoGames「Astar Network(ASTR)」と提携|2022年春にDapps公開へ

CryptoGames「Astar Network(ASTR)」と提携|2022年春にDapps公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す