オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

by BITTIMES

オーストリアの郵便事業会社である「Austrian Post(オーストリアポスト)」は2021年5月21日に、同社が2年前にリリースしたブロックチェーン切手に近距離無線通信チップ(NFCチップ)を組み込んだ新たなNFT切手「Crypto Stamp 3.0」を発表しました。

こちらから読む:GUCCI初のNFT作品、オークション販売開始「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン切手に「NFTチップ」を内蔵

Austrian Post(オーストリアポスト)は2019年にブロックチェーン技術を活用した「NFT切手」を発売しており、昨年開催された価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」では、視聴者投票によって決定される「People's Choice Award」や、今後一般利用されそうなNFTに送られる「Adoption Potential Award」などの賞を受賞していました。

今回発表された「Crypto Stamp 3.0」はこのNFT切手にさらに改良を加えたものとなっており、スマートフォンなどの端末をかざすだけで簡単に通信を行うことができる「近距離無線通信チップ(NFCチップ)」が組み込まれていると報告されています。

「Crypto Stamp 3.0」で発行される全てのNFT切手には改ざん不可能なブロックチェーン上に保存された「デジタルツイン(*1)」が存在しており、ウォレットに保管されたNFT切手が別のウォレットへと送信された場合には取引履歴がブロックチェーン上に刻まれるため、この記録が明確なデジタル証明書になると説明されています。
(*1)デジタルツイン:現実世界に実在しているものを、デジタル空間上でリアルに表現したもののこと

さらに「Crypto Stamp 3.0」にはNFCチップが埋め込まれているため、NFC対応のスマートフォンをかざすことによって『本物のCrypto Stamp 3.0を保有しているかどうか』がわかるようになっているとのことで、『NFCチップを読み取ることによって、アプリなしで真正性とデジタルツインの両方を明らかにすることができる』と説明されています。

(画像:Austrian Post)(画像:Austrian Post)

なお、ブロックチェーン切手のデジタルツインはランダムに生成されるとのことで、種類としては「黒・緑・青・黄・赤」の5色があり、黒が最も一般的、赤が最も希少なものになっているとされています。

「Crypto Stamp 3.0」の販売価格は9.90ユーロ(約1,300円)、総発行枚数は10万枚とされており、事前注文受付は既に開始、通常販売は2021年6月21日から開始されると報告されています。

ブロックチェーン技術を活用した切手はその他の国でも発行されており、今年4月にはブロックチェーンサービス会社である「CaseMail(ケースメール)」が『ブロックチェーン技術を活用したNFT郵便切手の生産者』としてアメリカ合衆国郵便公社(USPS)から認定されたことを発表しています。

>>「Austrian Post」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

Chiliz:テストネットフェーズ2に突入|分散型取引所「PepperSwap」などを公開

Chiliz:テストネットフェーズ2に突入|分散型取引所「PepperSwap」などを公開

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

BinaryX:Play-to-Own型MMO『Cyberland』のコンセプトアートを公開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

マンチェスター・ユナイテッド「Tezos基盤のNFTコレクション」提供へ

マンチェスター・ユナイテッド「Tezos基盤のNFTコレクション」提供へ

Web3メタバースXANA:人気テレビ番組「逃走中」をNFTゲーム化へ

Web3メタバースXANA:人気テレビ番組「逃走中」をNFTゲーム化へ

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

OpenSea「クリエイター手数料のオンチェーン執行ツール」を発表|ロイヤリティ還元制度を見直し

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Sociosアプリ:様々なトークンを無料で獲得できる「テーマハント」を導入

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

ビットコインは苦戦、イーサリアムは徐々に回復、ビッグアイズコインはプレセールで992万ドル調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す