オーストリア・ポスト:NFCチップ内蔵のNFT切手「Crypto Stamp 3.0」発売へ

by BITTIMES

オーストリアの郵便事業会社である「Austrian Post(オーストリアポスト)」は2021年5月21日に、同社が2年前にリリースしたブロックチェーン切手に近距離無線通信チップ(NFCチップ)を組み込んだ新たなNFT切手「Crypto Stamp 3.0」を発表しました。

こちらから読む:GUCCI初のNFT作品、オークション販売開始「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン切手に「NFTチップ」を内蔵

Austrian Post(オーストリアポスト)は2019年にブロックチェーン技術を活用した「NFT切手」を発売しており、昨年開催された価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」では、視聴者投票によって決定される「People's Choice Award」や、今後一般利用されそうなNFTに送られる「Adoption Potential Award」などの賞を受賞していました。

今回発表された「Crypto Stamp 3.0」はこのNFT切手にさらに改良を加えたものとなっており、スマートフォンなどの端末をかざすだけで簡単に通信を行うことができる「近距離無線通信チップ(NFCチップ)」が組み込まれていると報告されています。

「Crypto Stamp 3.0」で発行される全てのNFT切手には改ざん不可能なブロックチェーン上に保存された「デジタルツイン(*1)」が存在しており、ウォレットに保管されたNFT切手が別のウォレットへと送信された場合には取引履歴がブロックチェーン上に刻まれるため、この記録が明確なデジタル証明書になると説明されています。
(*1)デジタルツイン:現実世界に実在しているものを、デジタル空間上でリアルに表現したもののこと

さらに「Crypto Stamp 3.0」にはNFCチップが埋め込まれているため、NFC対応のスマートフォンをかざすことによって『本物のCrypto Stamp 3.0を保有しているかどうか』がわかるようになっているとのことで、『NFCチップを読み取ることによって、アプリなしで真正性とデジタルツインの両方を明らかにすることができる』と説明されています。

(画像:Austrian Post)(画像:Austrian Post)

なお、ブロックチェーン切手のデジタルツインはランダムに生成されるとのことで、種類としては「黒・緑・青・黄・赤」の5色があり、黒が最も一般的、赤が最も希少なものになっているとされています。

「Crypto Stamp 3.0」の販売価格は9.90ユーロ(約1,300円)、総発行枚数は10万枚とされており、事前注文受付は既に開始、通常販売は2021年6月21日から開始されると報告されています。

ブロックチェーン技術を活用した切手はその他の国でも発行されており、今年4月にはブロックチェーンサービス会社である「CaseMail(ケースメール)」が『ブロックチェーン技術を活用したNFT郵便切手の生産者』としてアメリカ合衆国郵便公社(USPS)から認定されたことを発表しています。

>>「Austrian Post」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

Coinbase Wallet「スタンドアロン型のブラウザ拡張機能」をリリース

Coinbase Wallet「スタンドアロン型のブラウザ拡張機能」をリリース

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

オーストラリア中央銀行:CBDC調査プロジェクトで「ConsenSys」などと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan「iOS・Androidアプリ」をリニューアル|複数の新機能追加

Huobi Japan「iOS・Androidアプリ」をリニューアル|複数の新機能追加

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

【国内初】Huobi Japan:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月19日〜25日

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す