FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

by BITTIMES

暗号資産取引所「FTX」が世界的に有名なeスポーツチームである「Team SoloMid(TSM)」とパートナーシップ契約を締結し、TSMの命名権を獲得したことが明らかになりました。今回の契約によって、TSMの名称は「TSM.FTX」に変更されています。

こちらから読む:Square、ハードウェアウォレットの開発を検討「暗号資産」関連ニュース

FTXとの契約で「TSM.FTX」へと名称変更

世界的に有名なeスポーツチームである「Team SoloMid(TSM)」は2021年6月4日に、大手暗号資産取引所「FTX」を運営している「West Realm Shires Services Inc」との間で複数年間に渡るパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

今回のパートナー契約では2億1,000万ドル(約230億円)の契約金が支払われたと発表されていますが、複数の報道によると今回のパートナー契約は10年間に渡るものだとされており、FTXは1年間に2,100万ドル(約23億円)を支払うことになると伝えられています。なお、この金額はeスポーツ史上最大の額であると報告されています。

FTXは今回の契約で"TSMの命名権"を取得しており、TSMの名称は「TSM.FTX」に変更、TSMの公式サイト・Twitterアカウント・ユニフォームなどでも「TSM.FTXの名称」や「FTXのロゴマーク」が採用されているため、これらの変更によって「FTX」の認知度がさらに高まると期待されています。

TSM FTXは「100万ドル相当のFTT」を購入

また、今回の発表では『TSM FTXはFTXのネイティブトークンである"FTT"を100万ドル(約1.1億円)分購入して、プレイヤーと従業員に仮想通貨を配布する』ということも報告されています。

「TSM FTX」は今回のパートナーシップと今後の取り組みについて、公式発表の中で次のように説明しています。

「TSM FTX」はこの戦略的パートナーシップを通じて業界をリードする一連の新しいイニシアチブに着手し、今後5年間でこれらのリソースをeスポーツとゲームに投資することを目指しています。パートナーシップ戦略には「モバイルなどの新しいプラットフォームへの大規模な拡大」や「アジア・ヨーロッパ・南米などにオフィスを開設してインフラを構築し、グローバル展開を加速して人材育成への投資を増やすこと」などが含まれます。

約4億1,000万ドル(約450億円)の価値があるとされるTSM FTXは「米国で最も時価総額が高いeスポーツブランド」として知られているため、今回のパートナー契約はFTXが米国市場で認知度を高めるための重要なマイルストーンになるとして注目されています。

なお、FTXは今年3月にアメリカ・フロリダ州マイアミを本拠地とするNBAチーム「Miami Heat(マイアミ・ヒート)」のホームスタジアム命名権も取得しており、スタジアムの名称は「FTX Arena(FTXアリーナ)」へと変更されています。

>>「TSM FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2019年2月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2019年2月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

Manny Pacquiao:伝説のボクサーが独自仮想通貨「PAC TOKEN」発行

フィスコ「フィスココイン(FiscoCoin/FSCC)のバーン」実施へ

フィスコ「フィスココイン(FiscoCoin/FSCC)のバーン」実施へ

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

スペイン第2位大手銀行BBVA:暗号資産関連サービス「2021年」に提供開始か

スペイン第2位大手銀行BBVA:暗号資産関連サービス「2021年」に提供開始か

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

経済産業省「NFT活用した初の実証実験」ファッション分野で2022年2月から

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

SEBC:ビットコイン価格予想で3万円が当たる「ビビビッ!お年玉キャンペーン」開催

SEBC:ビットコイン価格予想で3万円が当たる「ビビビッ!お年玉キャンペーン」開催

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

二次元アート特化のNFTマーケット「ANIFTY」二次流通・IPFS対応へ

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

エルサルバドル大統領「ビットコイン価格=10万ドル」など2022年の予想語る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す