FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

by BITTIMES

暗号資産取引所「FTX」が世界的に有名なeスポーツチームである「Team SoloMid(TSM)」とパートナーシップ契約を締結し、TSMの命名権を獲得したことが明らかになりました。今回の契約によって、TSMの名称は「TSM.FTX」に変更されています。

こちらから読む:Square、ハードウェアウォレットの開発を検討「暗号資産」関連ニュース

FTXとの契約で「TSM.FTX」へと名称変更

世界的に有名なeスポーツチームである「Team SoloMid(TSM)」は2021年6月4日に、大手暗号資産取引所「FTX」を運営している「West Realm Shires Services Inc」との間で複数年間に渡るパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

今回のパートナー契約では2億1,000万ドル(約230億円)の契約金が支払われたと発表されていますが、複数の報道によると今回のパートナー契約は10年間に渡るものだとされており、FTXは1年間に2,100万ドル(約23億円)を支払うことになると伝えられています。なお、この金額はeスポーツ史上最大の額であると報告されています。

FTXは今回の契約で"TSMの命名権"を取得しており、TSMの名称は「TSM.FTX」に変更、TSMの公式サイト・Twitterアカウント・ユニフォームなどでも「TSM.FTXの名称」や「FTXのロゴマーク」が採用されているため、これらの変更によって「FTX」の認知度がさらに高まると期待されています。

TSM FTXは「100万ドル相当のFTT」を購入

また、今回の発表では『TSM FTXはFTXのネイティブトークンである"FTT"を100万ドル(約1.1億円)分購入して、プレイヤーと従業員に仮想通貨を配布する』ということも報告されています。

「TSM FTX」は今回のパートナーシップと今後の取り組みについて、公式発表の中で次のように説明しています。

「TSM FTX」はこの戦略的パートナーシップを通じて業界をリードする一連の新しいイニシアチブに着手し、今後5年間でこれらのリソースをeスポーツとゲームに投資することを目指しています。パートナーシップ戦略には「モバイルなどの新しいプラットフォームへの大規模な拡大」や「アジア・ヨーロッパ・南米などにオフィスを開設してインフラを構築し、グローバル展開を加速して人材育成への投資を増やすこと」などが含まれます。

約4億1,000万ドル(約450億円)の価値があるとされるTSM FTXは「米国で最も時価総額が高いeスポーツブランド」として知られているため、今回のパートナー契約はFTXが米国市場で認知度を高めるための重要なマイルストーンになるとして注目されています。

なお、FTXは今年3月にアメリカ・フロリダ州マイアミを本拠地とするNBAチーム「Miami Heat(マイアミ・ヒート)」のホームスタジアム命名権も取得しており、スタジアムの名称は「FTX Arena(FTXアリーナ)」へと変更されています。

>>「TSM FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:暗号資産FXで「最大30万円がもらえる」キャッシュバックキャンペーン開催

GMOコイン:暗号資産FXで「最大30万円がもらえる」キャッシュバックキャンペーン開催

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

Ripple社:パートナー企業MoneyGramの株式「約3分の1」売却へ

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ブロックチェーン基盤のチケットを発行|ドイツ航空会社「Hahn Air」Winding Treeと提携

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

コインチェック×CyberZ「エンターテイメント分野でのNFT活用」に向けて協業開始

米名門ペンシルベニア大学:過去最高額「5億円相当のビットコイン寄付」受け取り

米名門ペンシルベニア大学:過去最高額「5億円相当のビットコイン寄付」受け取り

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

Square(スクエア)「ビットコイン用ハードウェアウォレットの開発」を検討

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

ビットコインマイニング協議会(BMC)発足|イーロン・マスク氏は関与せず

PayPal「仮想通貨の出金機能」提供へ|ステーブルコイン関連のコメントも

PayPal「仮想通貨の出金機能」提供へ|ステーブルコイン関連のコメントも

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

ディーカレット:暗号資産取引所サービスで「Post-Only機能」提供開始

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

暗号資産デリバティブ大手「Bybit」中国のIPアドレス関連アカウント停止へ

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

TAOTAO:レバレッジ手数料で「マイナス手数料率」導入へ

Coinbase Pro「CHZ・SHIB・KEEP」取扱いへ|上場発表で3銘柄とも価格上昇

Coinbase Pro「CHZ・SHIB・KEEP」取扱いへ|上場発表で3銘柄とも価格上昇

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す