FTX:eスポーツチーム「TSM」とパートナーシップ契約|チームの命名権を獲得

by BITTIMES

暗号資産取引所「FTX」が世界的に有名なeスポーツチームである「Team SoloMid(TSM)」とパートナーシップ契約を締結し、TSMの命名権を獲得したことが明らかになりました。今回の契約によって、TSMの名称は「TSM.FTX」に変更されています。

こちらから読む:Square、ハードウェアウォレットの開発を検討「暗号資産」関連ニュース

FTXとの契約で「TSM.FTX」へと名称変更

世界的に有名なeスポーツチームである「Team SoloMid(TSM)」は2021年6月4日に、大手暗号資産取引所「FTX」を運営している「West Realm Shires Services Inc」との間で複数年間に渡るパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。

今回のパートナー契約では2億1,000万ドル(約230億円)の契約金が支払われたと発表されていますが、複数の報道によると今回のパートナー契約は10年間に渡るものだとされており、FTXは1年間に2,100万ドル(約23億円)を支払うことになると伝えられています。なお、この金額はeスポーツ史上最大の額であると報告されています。

FTXは今回の契約で"TSMの命名権"を取得しており、TSMの名称は「TSM.FTX」に変更、TSMの公式サイト・Twitterアカウント・ユニフォームなどでも「TSM.FTXの名称」や「FTXのロゴマーク」が採用されているため、これらの変更によって「FTX」の認知度がさらに高まると期待されています。

TSM FTXは「100万ドル相当のFTT」を購入

また、今回の発表では『TSM FTXはFTXのネイティブトークンである"FTT"を100万ドル(約1.1億円)分購入して、プレイヤーと従業員に仮想通貨を配布する』ということも報告されています。

「TSM FTX」は今回のパートナーシップと今後の取り組みについて、公式発表の中で次のように説明しています。

「TSM FTX」はこの戦略的パートナーシップを通じて業界をリードする一連の新しいイニシアチブに着手し、今後5年間でこれらのリソースをeスポーツとゲームに投資することを目指しています。パートナーシップ戦略には「モバイルなどの新しいプラットフォームへの大規模な拡大」や「アジア・ヨーロッパ・南米などにオフィスを開設してインフラを構築し、グローバル展開を加速して人材育成への投資を増やすこと」などが含まれます。

約4億1,000万ドル(約450億円)の価値があるとされるTSM FTXは「米国で最も時価総額が高いeスポーツブランド」として知られているため、今回のパートナー契約はFTXが米国市場で認知度を高めるための重要なマイルストーンになるとして注目されています。

なお、FTXは今年3月にアメリカ・フロリダ州マイアミを本拠地とするNBAチーム「Miami Heat(マイアミ・ヒート)」のホームスタジアム命名権も取得しており、スタジアムの名称は「FTX Arena(FTXアリーナ)」へと変更されています。

>>「TSM FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

イスラエルの貨物運送会社:ブロックチェーン「船荷証券取引」プラットフォームを公開

イスラエルの貨物運送会社:ブロックチェーン「船荷証券取引」プラットフォームを公開

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

ビットトレード:仮想通貨を定期購入できる「積立暗号資産」提供へ

ビットトレード:仮想通貨を定期購入できる「積立暗号資産」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

ビットトレード:BTC・ETH・XRP・SHIBが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す