米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

by BITTIMES

アメリカ・テネシー州西部に位置する都市ジャクソン市の市長であるScott Conger(スコット・コンガー)氏は2021年7月16日のツイートで『深刻化するインフレの解決策はビットコイン(BTC)のみである』との考えを語りました。コンガー市長は『ジャクソン市がビットコイン決済による固定資産税の支払いを受け入れたり、職員がビットコインを積み立てていけるようにするための方法を調査している』とも語っています。

こちらから読む:DeCurret、オントロジー(ONT)取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

ビットコインは「インフレに対処する唯一の解決策」

アメリカ・テネシー州西部に位置する都市ジャクソン市の市長であるScott Conger(スコット・コンガー)氏は2021年7月16日のツイートで『米ドルのインフレ率は2年間で6.3%、私の生涯では172.8%に上昇している』と指摘した上で『深刻化するインフレの解決策はビットコイン(BTC)のみである』と語りました。

なぜインフレを受け入れるのですか?連邦政府にもっと要求しませんか?2年間で6.3%、私の生涯では172.8%。私たちが持つドルの価値は毎年下がっています。回復することはありません。これを解決する方法はビットコインただ1つです。

米ドルなどの法定通貨は発行上限が決められていないため、新しい紙幣が発行されるにつれて1ドルあたりの価値は徐々に下がり続けています。それに対して発行上限が2,100万枚と決められているビットコインは需要が高まるにつれて1BTCあたりの価値が増加する仕組みとなっているため、業界では『ビットコインはインフレ局面におけるヘッジ手段になる』という意見が数多く出ています。

コンガー市長もビットコインを「インフレの解決策」として捉えている人物の1人であり、米ドル価格の下落が続く中でそのような下落から資産を保護するためのツールになるとみなしています。

「BTC決済による納税」などへの対応方法を調査

スコット・コンガー市長は2021年4月に『ブロックチェーン作業部会を設置して、ジャクソン市の未来にとって最良の方法を探っていく』と語っていましたが、今回投稿された一連のツイートの中では『ジャクソン市のブロックチェーン作業部会は、ジャクソン市がビットコイン決済による固定資産税の支払いを受け入れ、職員がビットコインを積み立てていけるようにするための方法を調査している』とも報告されています。

私たちのブロックチェーンタスクフォースは、ジャクソン市がビットコインによる固定資産税の支払いを受け入れ、職員がビットコインをドルコスト平均法で積み立てていけるようにするための方法を調査しています。

アメリカでは2021年2月にフロリダ州マイアミで「ビットコインの採用案」が可決されていますが、コンガー市長は4月時点でマイアミ市長の政策を規範とした取り組みを行なっていく方針を語っています。

マイアミでは既に「ビットコインによる給与支払い」や「税金などをビットコイン決済で支払える仕組み」などが導入されているため、今後はこのような仕組みを導入する地域が増えていく可能性もあると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbase Wallet:仮想通貨を「ユーザー名だけで送金できる」新機能追加

Coinbase Wallet:仮想通貨を「ユーザー名だけで送金できる」新機能追加

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン価格、2021年「2,000万円超え」を予想:著名BTCトレーダー

ビットコイン価格、2021年「2,000万円超え」を予想:著名BTCトレーダー

DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange:総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン本日取引開始

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

国際送金大手マネーグラム「ステラ開発財団」と提携|USDCの即時決済を提供

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す